商品検索

ゲストさん

  • tobira
  • tobira2

第一法規

第一法規


「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは

第一法規

第一法規

「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは 「自治体法務検定」とは

第一法規

第一法規


成績表が届く!結果は…

2016-03-18 18:24:02

~第一法規 会議室にて~

第一法規

たつかわ「とうとう成績表が届いたね!結果はどうだった?」

やまぐち「私は635点でシルバークラスだったよ!たつかわくんは?」

たつかわ「ぼくは745点でゴールドクラスだった!自分でもビックリ

やまぐち「それじゃあ二人とも目標達成だね今回、自治検を受けてみてどうだった?」
たつかわ「原稿を読んだり校正したりする編集作業のなかで『あ!これ自治検でやった!』みたいなことが増えて、すごくためになった!なんとなく過ごしていた仕事の後の時間を有意義に使えたと思う

やまぐち「私は初めて過去問を解いたときはとても難しくてどうしよう…ってなったけど、勉強すればそれだけ点数も良くなって、努力した分結果に反映されるんだなって感じたよ

第一法規

たつかわ「成績表は、表面に総合得点と分野ごとの得点、そしてクラス認定された人には、3年間有効の認定書がついてるね!裏面には、結果分析と正答があって、中でも左上の自分の得点と平均が比較できる章別達成率チャートがあるから、自分の苦手分野を把握できて、次に向けての勉強もやりやすくなっているね!

やまぐち「私は、序章の得点率が100%だけど、刑法が20%ちょっとで、刑法が苦手なことがよくわかったよ~。もっと勉強しよう(と、今は思ってます。)あと、認定証が発行されるっていうのも嬉しいね♪社員証と一緒に持ち歩くよ

たつかわ「僕は家宝にするよ(笑)」

やまぐち「そうだ!今回お世話になった多摩市さんからコメントも頂いてるんだよ~!今回、私たちのこの取組みを、多摩市の人事課の方から庁内に案内してもらったり、受検者にメールでこのブログを告知頂いたので、応援ボタンもたくさん押してもらえて、本当に励みになったね。」


多摩市様から頂いたブログへの反応の数々・・・
・勉強法の紹介が参考になりました
・試験まで残り何日なのかを意識させてもらったりすることができたのが有益でした
  ・二人の人柄が伝わってきて親近感が湧きました
  ・デザイン性が高くて驚きました
  ・絵文字を自社作成するなんて、すごく力が入っていると思いました


やまぐち「などなど…紹介しきれません!!皆さまありがとうございます!!!」

たつかわ「また、人事課の目黒さん、小泉さんから下記のようなコメントを頂きました


当市は自治体法務検定を実施するのが2年目で、大々的に導入を開始した昨年に比べて、若干受検人数が減っています。ですが、自治体法務検定は行政に係る法律知識を学ぶのに非常に効率的で有益なものと認識しているので、担当者としてだけではなく、“一自治体職員”としても、より多くの方が受検するようになるような活動をどんどんしていってほしいと思いますし、私自身も周知していきたいです。
また、当市の内部のホームページで全職員に向けてブログ記事を作成し、そのなかで御社の当ブログを紹介して、来年度の受検を促していこうと思っています。そうした仕掛けをしていくきっかけをいただいたことにも、感謝しております。


第一法規

左端:多摩市 総務部人事課人財育成担当 目黒様
右端:多摩市 総務部人事課人財育成担当主査 小泉様

やまぐち「こういったコメントまで頂けて、とても嬉しいです。多摩市のみなさま、本当にお世話になりました

たつかわ「本当にありがとうございました!」

やまぐち「応援してくださったみなさまもありがとうございました!応援するボタンにいつも助けられていました

やまぐち&たつかわ「皆さま最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました


おわり。
次は政策法務かな…?



決戦当日!写真でリポート★

2016-03-04 13:11:02

第一法規 第一法規
多摩市役所に着きました!!!第一法規
第一法規 第一法規
がんばります!!!第一法規
第一法規 第一法規
受検会場です。緊張。第一法規
第一法規
ごあいさつ。激励いただきました!
第一法規 第一法規
最後の確認(悪あがき)第一法規第一法規
第一法規
あーもうすぐ始まるー!第一法規第一法規
第一法規 第一法規
検定終了!すっきりたつかわ第一法規モヤっとやまぐち第一法規
第一法規
ハローキティに会える街、多摩市第一法規
第一法規 第一法規
お疲れ様でした第一法規

第一法規

ドキドキドキドキ

2016-02-23 19:05:56

第一法規

こんにちは!受検前、最後の更新です!
「検定」というものを受けるのは久しぶりなので、
緊張感が凄まじいです (笑)

この土日に過去問を全問通して解いてみました。
まず土曜日(2月20日)に平成23年度の過去問を解いてみました。
結果は585点でした!
時間的には、見直しを入れると120分ギリギリですが、
なんとか70問解けているので、良かったと思います

全問を通して解いてみて、思ったことを少し箇条書きにしてみます。

・地方自治法と行政法関連の長文の問題については、
 選択肢を読むことに時間をかなり使ったので、
 わからないと判断すると切り替えて次の問題に進むほうが良いかも
・選択肢を2つまでは絞れるけど、残りの2つの絞り込みが難しい…
・刑法は出題数が少ないけれども、専門的な問題が出てくる
・民法については、広く浅く出てくる印象(ヤマはりはできません…)
・憲法はシンプルだけど、本質を問う問題が多い印象

感じたことを書いてみました (笑)

続いて、平成24年度の過去問を解いてみましたが、
650点まで点数が伸びました!
形式に慣れることって大切なんだな~と実感しました。

また過去問を解いていると
「この分野は2年連続で出ているから重要分野なんだ!!
よし、もう1度復習しよう!!」というふうに、
重要ポイントも把握できますし、やはり過去問を解くことは
大切だと感じました

また、「行政主体」や「附属機関」等の基本的な用語ほど、
いざ聞かれると『どういう意味だっけ…』となってしまうことが多く、
そこに不安を感じました。
残りの5日間はテキストに戻って、
基本用語の学習をしようと思います

ドキドキの受検まであと5日!がんばります!!!






ついに明日だ自治検受検!!!

2016-02-26 18:52:54

第一法規

みなさんこんにちは。
とうとう受検前最後の更新となりました…!
やまぐちさんの先週の記事を読みましたが、
ものすごく気合いの入ったスケジュールで
勉強していてビックリしています
これは負けてられないぜ!

というわけで、
今週は平成25年度、平成27年度の過去問を解きました。
そして、先週に解いた平成26年度版も含め、
不正解だった問題について解説を読み、
テキストの該当部分を振り返り、その上でもう一度解いてみる、
といった感じで徹底的に復習しました。

数年分の過去問を解くことによって問題にかなり慣れてきたので、
問題文や選択肢まで時間内にしっかりと
読み込むことができるようになってきたと思います。

過去問に取り組んでいて感じたのは、
問題にも色々なタイプがあって、なかなか一筋縄ではいかないな、
ということです。
問題の中には、基礎的な知識を問うものもままありますが、
それだけでなく、判例を示した上でその趣旨と合致する選択肢を
選ばせたり、具体的な事案について法律・判例等を正しく
あてはめているものを選ばせたりと、
知識の応用力も存分に要求されます
自治検の勉強を通して、知識だけでなくその応用力も
身についてきている気がします
いよいよ明日が本番です。
これまでの勉強の成果を十分に発揮するべく、
今夜は早めに寝て調子を整えておこうと思います。

ちなみに、今回の自治検でゴールドクラスに
認定されたあかつきには、部署の先輩にもんじゃ焼きを
御馳走していただけることになっています!

よっしゃ!
目指せもんじゃ!!
目指せゴールド!!!
(プラチナだったら高級焼肉

自治検の受検まであと1日!!!!




第一法規

1週間のやることリスト!!

2016-02-19 14:36:13

第一法規

お待たせしました~!やまぐちです!
今週の月曜日から水曜日は、議員様向けの商品を提案するために
福岡県へ行きました!!
そして、出張先のホテルでたつかわくんの記事を見て
「630点か…すごい……」と、かな~り焦っておりました
(屋台のラーメンを食べた帰り道で。)

そんな私は、民法と刑法は、学習のポイントを読んで、
不明点があればテキスト本文に戻るというスタイルで勉強し、
最後まで終了いたしました!
(少し駆け足気味でしたがやっと終わりました

さて、これからは勝負の1週間になるかと思いますので、
やることを少し整理してみたいと思います。

■平成23年度から平成26年度までの過去問を解く
 (2月20日、21日)【各日4時間で!】
 ⇒今までの学習の理解度を確かめてみます
■行政法と地方自治法のテキスト本文を読み返す
 (2月20日、21日)【各日3時間!】
 ⇒テキストの分量も多く、過去問も多く出題されているので、
 土日を使って復習します
■苦手な分野を把握して、復習する
 (2月20日~23日)【各日2時間ずつやります!】
 ⇒過去問を解いて、理解度が足りないところはテキスト本文で復習!
■平成27年度の過去問にチャレンジ
 (2月24日)【3時間やるぞ!】
 ⇒模試として挑戦!
 (時間を計測したり、回答の見直しもして、本番だと思って解く!)
■側注の判例の読み返しと暗記
 (2月25日)【3時間やるぞ!】

こんな感じです!
26日(受検前日)は予備日としてスケジュールは入れずに、
軽く勉強して、ゆっくり過ごしたいと思います。
前日はリラックスするに限ります

少々ハードですが、
こんな感じで詰め込めるだけ詰め込もうと思っています(笑)

実は…、私、まだ全問を通しての過去問は解いていません
(「憲法」や「行政法」など、章ごとにしかまだ解いていないのです。)
ですから、気合を入れてバンバン解いていきますよ!!!

日に日に緊張感が募る一方で、
「あ~勉強したくない~!!!」と思ってしまう日もありますが(笑)
自治検まであと8日!がんばります!!



過去問チャレンジ!

2016-02-16 17:30:48

第一法規

「あれっ、火曜日はやまぐちさんの番じゃないの???」
と思ったみなさん、どうもこんにちは。たつかわです。
やまぐちさんは急きょ出張が入ってしまったので、
掲載の順番を交代しました。どうもすみません

それはさておき、先週中にテキストを読破しまして、
2月12日(土)、13日(日)に過去問(平成26年度版)
挑戦しました!

その結果は……630点!
全70問中47問正解で、正答率は67%でした。
初チャレンジにしては思ってたよりも点数がとれていて
「やったぜ!」って感じです

分野別に見てみると、次のような結果になりました。

問題分野正答数(問題数)
序章
3 問(全 3 問)
憲法
7 問(全 9 問)
行政法
11 問(全14 問)
地方自治法
12 問(全23 問)
民法
10 問(全14 問)
刑法
4 問(全 7 問)

やはり地方自治法は範囲が広いために、出題数が多く難しい問題も
たくさん出てきたように感じられます。

こんな問題もあるんだ!と
印象に残ったのが、行政法の行政作用法分野からの出題で、
医薬品ネット販売をめぐる最高最判決の判旨を読み取る問題です。
1ページにわたる問題文・選択肢を前に「長い長い長い!」と
慌てながらも解答しました。

今回は特に
第2章第3節「行政作用法」、第3章第13節「監査と住民訴訟」、
同章第14節「国又は都道府県の関与」にまつわる問題について
苦戦したので、その部分についてはテキストを読み直し、
適宜自分でノートをまとめてみようと思います。

今後ですが、
もう2年分くらいの過去問に挑戦してみようと考えています。
目標はゴールド(700点以上)なので、
もう少し得点をあげていきたいところ……。

そういえば
平成27年度版の過去問が発売されたようなので、
27年度版にもチャレンジしたいですね

それでは、また来週!自治検の受検まであと11日!


第一法規

前回の写真いかがでした!?

2016-02-09 15:32:16

第一法規

こんにちは!先週の写真いかがでしたか?
私はかなり気に入っています(笑)
記事のアップ担当が「結構時間かけちゃった(笑)」と
言っていましたので力作です!

私は、やっとの思いで地方自治法を終了しまして、
民法の学習に突入しました。

民法の学習は、一応学生時代に一通り習っているので、
行政法や地方自治法に比べるとなじみもありますし、
読み進めやすいです。
民法の第1節では「市民・公務員と民法」というタイトルで、
解説が書かれていて、自治検の参考書ならではだなーと思いました。

民法は、市民(個人・法人)がプレイヤーであることを前提に
規律を設けていますが、国、市町村などの自治体も、
民法の世界(私法の世界)では、個人と区別されることなく、
一般私人と対等なプレイヤーとして扱われます。
ですから、自治体として行う法律行為も民法がベースであり、
民法が重要になるのですね。

考えてみれば当たり前のことかもしれませんが、
改めて学習の意義を理解し、自分が今何のために勉強しているのかを
落とし込めると、学習に対して前向きになれます。

また、行政法と地方自治法のときは、テキスト本文をほぼ全部
読んでいましたが、民法からは当初の宣言通り、
学習のポイントを中心に学習するスタイルに戻して学習します。
行政法と地方自治法で、このスタイルは少し厳しかったです… (笑)

受検まであと2週間と少し…
過去問ももっと解いていかなければなりません…

ちなみに、自治検の平成27年度版の問題集が1月27日に
発売になりましたので、
わたしはこの問題集を最後の模試代わりに使おうと計画しています

では、民法と刑法と、ラストスパートがんばります!

言うは易く勉強は難し

2016-02-12 15:07:16

第一法規

みなさんこんにちは。
いろんな事件やニュースが巷を騒がせていますが、
いかがお過ごしでしょうか。

さて、自治検の勉強ですが、
ついに最後の章である第5章「刑法」に入りました!

この章では、
自治体職員と刑法がかかわる場面について触れたのち(第1節)、
刑法とは、犯罪・刑罰とは何ぞやということを学んだ上で(第2節、)
罪刑法定主義(第3節)、構成要件(第4節)、
違法性が否定され罪が成立しない場合(第5節「違法性阻却事由」)、
責任が認められないため罪が成立しない場合(第6節「責任阻却事由」)
について勉強します。
それから自治体職員に特有の罪について学びます(第7~8節)。

第6節までの内容は学生時代に学んできたことと重なりますので、
比較的頭に入ってきやすそうのですが
、第7節以降の自治体職員に特化した内容については
しっかり読み込まねば…という感じがしてます

ところで以前、
「理解を深めるには、テキストを読むだけでなく、
自分で表やフローチャートなどにまとめると良いかも」と言いました。

……白状します。
今のところテキストを読むのになかなか時間がかかっていて、
「自分でまとめる」ということがあまりできていません

そこで!来週からいよいよ過去問に挑戦するわけですが!

過去問を解いてみて、あまり理解できてなかったな~
というところをあぶり出し該当部分(=自分の弱点)
について、自力でまとめ直してみたいと考えています!

ではっ、また来週お会いしましょう
自治検の受検日まであと15日!



このページのTopへ

第一法規

仕事にも繋がってきたか・・・!?

2016-02-02 19:51:49

第一法規

こんにちは♪明日は節分ですね!
関西出身の私は、節分=恵方巻きです
恵方巻きが元々は関西だけの習慣と初めて知ったときはかなり驚きました。
みなさん、明日は南南東を向いて恵方巻きを黙々と食べましょう!(笑)

さて、受検日までとうとう1ヶ月を切りました!
このブログが開始されてからも1ヶ月程経ち、今が折り返し地点です。

そして、現在、地方自治法がラストスパートを迎えています!(長かった~)
最近、嬉しいことに業務でも自治検で勉強した知識が役に立っているのかな
と感じることが増えました!

私は、自治・行政市場の業務に携わっているので、
「専決処分」や「法定受託事務」に「指定管理者」等々、
言葉は聞くことがよくありましたので、言葉の意味として
理解はしていましたが、具体的にどの場面で出てくる言葉なのか、
どのような流れで出てくる言葉なのかは、
なんとなく理解しているというレベルにとどまっていました。

しかし、今回、行政法や地方自治法を一から学ぶことで、
意味が繋がり、理解が深まりました。

たとえば、『国と地方の関係を見直すために
「第一次地方分権改革」があり、「機関委任事務」が廃止され、
現在は「法定受託事務」と「自治事務」という事務に分類されている』
という一連の流れを理解したことにより、
仕事に対する理解も深まりました

学習が身についていることを実感すると、
モチベーションも上がりますね

今後の民法と刑法も頑張ります!!!では、また(^o^)





テキスト後半戦に突入!

2016-02-05 20:16:08

第一法規

1月が終わり、2月――如月――がやってきてしまいました。
学生だった頃と比べると、一カ月が何だか短く感じられます

ところで、私たち二人の記事には絵文字が
ちょくちょく登場してきますが、なんと!実はこれら全て、
社内担当によるオーダーメイド、オリジナルなんです!
「こういう絵文字を使いたいな~」と伝えると、
社内担当が私のイメージを的確にビジュアルに
落とし込むのです。

ちなみに、記事にたくさん絵文字を入れるように頼むと
「なんでこんなに絵文字多いんだよっ!」とツッコまれます
(でもサクッと作ってくれます。ありがたや)。

さて、今週は第4章「民法」の勉強を進めています。
いよいよ後半戦に入ってきました。

この章では、民法総則的な内容(第1~2節)に始まり、
物に対する権利(第3節「物権」)、
契約や賃貸借といった、人に対する権利(債権法、第4~8節)、
婚姻や親子関係等について(第9節「親族・相続」)、
そして民事上の権利救済の方法について(第10節「民事訴訟による
権利救済」)を学びます。

勉強しながら、これら民法の知識は自治検の受検に限らず、
実生活でも役に立つのではなかろうか!と感じました。

例えば今後の人生において連帯保証人になってくれと頼まれたり、
死後のために遺言を残すことを考えたりすることが
あるかもしれません。そんなときに民法の知識があると、
きっと適切な判断ができるでしょう。

今、自分の学んでいることが、今後の生活や仕事にどのように
活きてくるかということを考えてみると、
より深く勉強に取り組めるのではないでしょうか

それでは、また次週お会いしましょう。
自治検の受検日まであと22日!


このページのTopへ

第一法規

自治検は時間との勝負!!

2016-01-26 19:11:21

第一法規

こんにちは、やまぐちです。
寒い日が続いていますので、最近は毎日お鍋をしています。
豆乳鍋がマイブームです。

現在、私は、行政法の過去問(平成26年度分)を終えて、
第3章の地方自治法を学習しているところです!

行政法の過去問は、
憲法の過去問を解いたときに感じた時間の壁を意識しながら、
1問あたり1分20秒を目標にして解きました。
行政法は14問ありましたので、19分を目標タイムにしていました。

しかし!!
結果は21分と、2分オーバーしてしまいました…
解けない問題にこだわりすぎて、手が止まってしまいました…

見たことがない!わからない!と判断した場合は、
勇気を持って次の問題に進むことも大事なんだなーと実感しました。
もっと問題集で過去問を解いて、形式に慣れないといけません…!

そして、現在進めている地方自治法の学習については、
側注がかなり増えてきましたので、意識して読むようにしています。
側注には、用語や判例についてかなり詳しく、
かつ簡潔に書かれていますので学習に役立っています

また、側注は、テキスト本文に書かれている事項を
具体的に書いてくれている箇所もあります
例えば、第5節選挙のなかの「選挙の効力」で、「候補者の氏名以外
の他事を記載した投票は無効」という説明があります。
その具体例として、側注では『たとえば「○○さんへ」と
記載された投票は「へ」が他事記載として無効になります』
と書かれていたり…

同じく第5節選挙で「選挙犯罪」について書かれているところでの
「買収罪」についての側注では、
「金銭等を実際に渡さなくても、その約束をした場合あるいは、
 金銭や物品を受け取った有権者も処罰されます」
と書かれていたり…

こういった具体例を挙げてもらえると『そうなんだ~』と
イメージがわきやすくなり、学習も捗ります

そろそろ地方自治法を終わらせて、
第4章の民法に入りたいのですが…
道のりは長そうです…(笑)

では、また来週(^o^)



給食で出てくる冷凍みかんが好きでした

2016-01-29 18:32:39

第一法規

みなさんこんにちは。冬といえばみかんですよね
先日職場にみかんがたくさん届いたので、
部署のみんなで舌鼓を打ちました。

さて、先週から引き続き第3章「地方自治法」の勉強を進めています。
恥ずかしながら地方自治法について勉強するのはほぼ初めてなので、
ちょっとよく分からない概念や原理が出てくることもしばしば…。

そんなときに役立つのが、
第一法規の「コンシェルジュデスク」です!(わーわー)
コンシェルジュデスク」とは、
豊富な法令解説情報を即座に案内してくれる総合Webサービスです。
地方自治法や行政争訟分野、情報公開制度等について、
逐条解説やQ&Aを登載しています。

じゃあ、具体的に自治検の勉強にどうやって活用するのか?ですが、
例えば第3章第8節「執行機関」に“任意代理的専決処分”という
用語が出てきます。

テキストでは簡潔に
「議会の権限に属する軽易な事項で、その議決により特に指定した
ものは、長において、これを専決処分にすることができます」
と説明されています。
でもこれだけだと「良く分からぬ…」「もっと具体的に知りたいぜ」
ってなります。

そこで!
コンシェルジュデスク そうだったのか地方自治法Web」を
開いてみて、任意代理的専決処分について規定する
自治法180条の解説をクリックします。
すると、
「応訴事件に係る和解のすべてを都知事の専決処分とすることは…
裁量権の範囲を逸脱して違法である」、
「条例の設置廃止のごとき事項を委任するのは…適当でない」
などと、これまでの判例等に基づいた、
より具体的な説明を読むことができました!

テキストの解説はある程度コンパクトにまとまっているので、
もっと詳しく知りたい学びたい!というときは
コンシェルジュデスク」を活用するとグッドだと思います

長かった第3章「地方自治法」ですが、
今週末にはテキストを読み終え、
来週からは第4章「民法」に進みたいと思います。

ではでは、また来週お会いしましょう





このページのTopへ

第一法規

コーヒーを飲んでリラックス

2016-01-19 17:25:56

第一法規

こんにちは。昨日は雪がたくさん降って、すごく寒かったですね…。
私は、比較的温暖な気候の地方で育ちましたので、寒さに弱く、
昨日も家から出るのがつらかったです
さて、先週、平成26年度の問題集を使って、
憲法の過去問(9問)を解いてみました。

実際に問題を解いてみて、
問題内容の種類の豊富さに驚きました。
用語の意味を問うシンプルな問題から、条文の欠けている文言を
選択する問題や、判例の内容に関する問題、等々…
多岐にわたり、お手上げ状態の問題も中にはありました

例えば、
問67の国歌斉唱の際の不起立行為の判例に関する問題は、
まったく見当がつきませんでした…
これまでの学習は、用語の理解に重きを置いていたので、
条文や判例の中身まで確認できていなかったことが
原因だと思われます。

やはり六法を用いて条文を実際に確認することや、
判例の論点を確認することを怠ってはいけないな
と実感しました
今回の国歌斉唱の際の不起立行為の判例については、
テキストに戻ってみると詳細が側注に書かれていました!
今後は側注についてもしっかり読み込もうと決意しました

ちなみに、かかった時間は18分でした。
このペースで進めると検定本番では見直しの時間は無く、
むしろ時間が足りない…ということも判明しましたので、
今後問題を解く際には、時間配分を意識して解いていきます!

いやー、しかし、70問中9問を解いただけですが、
すごく集中力を使い、疲れてしまいました(笑)
もっと問題集で過去問を解いて、形式に慣れるようにします

では、また来週お会いしましょう!


地方自治法はボリュームたっぷり

2016-01-22 17:20:39

第一法規

ただ今、勉強の息抜きに楽器を吹いております。
こんにちは、たつかわです。
中学生の頃に吹奏楽部に入部したのをきっかけに、
かれこれ10年ほどサクソフォンをたしなんでおります
週末にはコンサートを聴きに行く予定です。
勉強に集中するにはリラックスも大事!(笑)

さて、今週から第3章「地方自治法」に突入しております
この章はボリュームたっぷりで読み応えがありますね
今、第7節「議会」を読み進めているところです。

ところで、これまで憲法や各種行政法、地方自治法などなど、
たくさんの法律が登場してきましたが、
みなさんはそれらの法律を参照するにあたって何を利用していますか?
六法や法令集?e-govの法令データ提供システム?それとも……

私は自治検の勉強をするときには「D1-Law.com」を活用しています!
D1-Law.com」とは、第一法規が提供している
法情報総合データベースサービスのことです。
法律専門の出版社のノウハウを活かし、法令、判例、文献情報を
体系的に分類・整理しています。
(※より詳しくはこちらのウェブサイトをご覧ください。)

自治検の勉強に「D1-Law.com」がどう役立つのかというと……
①更新がスピーディーなので最新の法情報が確認できる!
②法令の履歴情報を登載しているので改正前の条文が見られる!
③委任法令などの関連法令をワンクリックで参照できる!

地方自治法の勉強では歴史的な経緯に触れることも多々あるので、
特に②の機能を持つ「D1-Law.com」は自治検の勉強に
とっても役立ちます

次週も引き続き、地方自治法に取り組んでまいりたいと思います。
それではっ!





このページのTopへ

第一法規

事項索引が大活躍!!

2016-01-12 17:29:58

第一法規

みなさま、こんにちは!やまぐちです!
先週末は少し寒かったですが、体調崩されていませんでしょうか。
健康には気をつけて今週もがんばりましょう!

さて、私は、現在、第2章「行政法」の学習を行っています。
行政法は、聞き慣れない用語のオンパレードで苦労しています

このように意味を調べたい用語に遭遇したときは、
学習のポイントからそのままテキストに戻ろうとしても、
該当ページがわからないので、いつもテキストの最後に載っている
事項索引を使って調べています。

私の学習方法には、この事項索引が欠かせません

例えば、第3節「行政作用法」の学習のポイントでは
『法律の留保についてとる説』として『侵害留保説』が
挙げられています。

『侵害留保説』ってどんな説だっけ…?と事項索引を見ると、
32P、86P、103P、108P、109P、169Pと書かれています。
この索引から、該当ページが判明するだけでなく、
『侵害留保説』は、テキスト本文に多く登場する重要な用語
という予測ができます

また、169Pを見てみると、第3章の地方自治法のページですから、
「条例制定権について学ぶときも出てくるんだなー」と
予習にもなります。

テキスト本文だけでなく、索引ページも上手く使いながら
学習を進めています

そんなこんなで、「学習のポイント」から学習していくという計画
でしたが、テキストの本文をほぼ読んでいる状態です(笑)

次回は、問題集(過去問)についての記事を投稿します。

では、また来週~!

図表を活用してみよう!

2016-01-15 17:11:26

第一法規

みなさんこんにちは。
2016年に入って半月が経過しましたが、いかがお過ごしでしょうか。
そういえば、この冬は暖冬で雪が少なく、
各地のゲレンデは苦労されていたみたいですね。
先週末にようやく気温が下がって雪が降り、
雪不足が解消されたようです
私の会社の同期も3連休にスノボに出かけたようです。いいなぁ。

今週は第2章「行政法」を勉強しました
「行政法」では主に、
行政組織の構成や組織同士の関係性はどうなっているか(行政組織法)、
どのように行政を行うか(行政作用法)、
違法な行政活動からの救済はどのようになされるのか(行政救済法)、
という点について学習しました。

行政に関する規定は多種多様なので、
たくさんの用語や概念が登場してきます。
あまりにたくさん出てくるので、
ちょっと混乱しそうにもなりましたが、
テキストには図表による解説が掲載されていますので、
整理しながら勉強することができました
さらに理解を深めるには、テキストを読むだけでなく、
自分で表やフローチャートなどにまとめると良いかもしれませんね!

次週は第3章「地方自治法」に取り組みます。
この章は自治検の根幹的な分野であるためか、
他の章と比べてテキストの分量が倍近くあるので
たっぷり2週間ほど時間をかけて取り組んでいこうと思います。

それではまた来週!









このページのTopへ

第一法規

私の勉強法

2016-01-05 17:26:02

第一法規

あけましておめでとうございます。
みなさま良いお正月を過ごせましたでしょうか!

今回は、私の勉強方法についてお話ししようと思います。
私は『 問題集 を使用しながら、テキストの要点を中心に勉強する方法』
で学習を進めています。

その方法は、
① 各章のはじめにある、その章を学ぶ目的と各節の内容について
  書かれた説明を読み、理解する
② テキストの節ごとに載っている「学習のポイント」を熟読し、
  不明点があればテキストの本文に戻り、内容を確認する
③ 1つの章の学習のポイントを読み終えたら、
   問題集 で該当の過去問を解く
④ 間違えた問題の解説を読み、テキストの該当箇所に戻って
  確認する

各節ごとに記載されている「学習のポイント」では重要な論点が
簡潔にまとめられているので、学習に役立つこと間違いなし…
だと思います!

③に記載した 問題集 ですが、
解説ページにどの章から出題された問題かが載っていますので、
それを参考にして問題をピックアップして解いていきます。
また、 問題集 は、平成23年度から5年分ありますが、
今回は過去3年分に絞ります。

過去問を解くことで、問題形式に慣れ、実践的に学習することが
できると考えています!
スケジュールは、
2月1週目(2月6日)までに全章の学習ポイントの読み込みと、
過去問を終了している状態を目指しています。
その後は、2月27日の受検まで繰り返し、
苦手分野の復習をしていこうと思っています。

残り約2か月弱、頑張ります!!


寝正月からの脱出

2016-01-08 13:46:20

第一法規

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします

みなさん、そろそろ正月気分が抜けてきた頃合いでしょうか?
私は、年末年始は思う存分リフレッシュ(=睡眠
しておりましたので、社会に復帰できるか
不安でしたが、今のところは何とかなっているようです。

あ、もちろん自治検の勉強も進めてましたよ(笑)
このお休みでテキストの第1章「憲法」を読み終えました。

学生時代は憲法学のゼミに所属していたので、
わりとなじみのある分野でしたが、
自治検のテキストは大学の講義と違って、
地方公共団体や地方公務員と憲法のかかわり
という観点から解説されており、
同じ分野の勉強でも新鮮に感じられました。

私は今回の自治検に向けて、
『テキストを頭から順にじっくり読み、それから過去問を解いていく』
という勉強方法でいこうと考えています。
テキストは全5章なので、1週間に1章ぐらいのペースで
進められればけっこうイイ感じになるんじゃないかと思っています

2月1週目~2週目頃にテキストを制覇し(予定)、
以後は本番まで復習しつつ過去問にチャレンジ!(予定)

というわけで今週から来週にかけては、
第2章「行政法」の勉強を進めていきます

さて、今年のお正月はずいぶん暖かかったですが、
どうやら明日からかなり冷え込むようです
みなさんもお身体にはお気をつけて、
良い3連休をお迎えくださいね。





このページのTopへ

第一法規

自治体法務検定について!

2015-12-22 09:18:41

第一法規

はじめまして!やまぐちと申します!

このたび、自治検を受けることになりまして、勉強を始めたところです。

そもそも自治体法務検定って何・・・?という方も、
いらっしゃるかと思いますので、簡単に説明したいと思います。

自治体法務検定とは、
自治体職員の「法務能力」を向上させるための検定で、
「基本法務」と「政策法務」の2つの科目があります。
検定結果は、得点に応じて、
シルバークラス、ゴールドクラス、プラチナクラスと、
それぞれ認定され、自治体法務検定委員会より「認定証」が交付されます。

「基本法務」と「政策法務」の違いですが、

基本法務・・・実務に即した必要最低限の法律の基礎知識を問うものです。
 出題範囲はコチラ⇒
http://www.jichi-ken.com/about/about_houmu.php
政策法務・・・既存法令や制度等の解釈・運用に関する基礎知識を問う
 出題範囲はコチラ⇒
http://www.jichi-ken.com/about/about_seisaku.php

このような違いがあります

・・・すごく簡単な説明ですが、こんな感じです!

今回、私は基本法務にチャレンジし、シルバークラスを目指しています。
目標を達成するために頑張りますので、応援よろしくお願いします

次の記事では、
たつかわくんから自治体法務検定の「一般受検」と「団体受検」について、
お知らせします!乞うご期待です!
















団体受検で圧倒的成長!

2015-12-25 09:04:25

第一法規

みなさんはじめまして!
このたび自治検を受けることになりました、第一法規のたつかわです。
よろしくお願いします
今日は自治検の “団体受検” についてご紹介したいと思います。

自治検には“一般受検”と“団体受検”の2種類があります。
“一般受検” とは、各自で申し込んだ上で、検定委員会の設定した
日程・会場で一斉に受検する形式のことです。
ちなみに、平成27年度の一般受検は9月27日(日)に
全国27会場にて実施されました

もうひとつの “団体受検” とは、団体単位(20名以上)で申し込み、
受検する形式を指します。
特徴として、受検日程・会場を団体独自に設定することができます!
※両形式のより詳しい内容についてはこちら(自治検公式サイト)
ご参照ください。

今回、私たちは多摩市で実施されます団体受検に
おじゃまさせていただき、基本法務を受検します
(多摩市の皆さま、誠にありがとうございます)!
多摩市の職員の方々に混ざって受検をするのは今から緊張しますが
せっかくの機会なのでベストを尽くしたいと思います。

ウオオオオオオ

ところで、自治検を受けるとどんなイイコトがあるの?
って思われる方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、今回は自治検を受けた方々の感想も紹介しちゃいます!

<一般受検の声>
・受検に向けた学習法について…
・すぐに条文を探せるようになった…   などなど!
詳細はコチラ⇒ http://www.jichi-ken.com/voice/

<団体受検採用自治体の声>
・継続的受検の実施で職員一人ひとりの法務知識が向上…
・「法」を意識し行動する職員を育てる…  などなど!
詳細はコチラ⇒ http://www.jichi-ken.com/voice2/

Oh… 自治検を受けると、こんなにイイコトばかりなんですね
さて、今回は自治検の“一般受検”と“団体受検”について、
そして受検者の方々の声をご紹介しました。

次回の記事は年明けになります。
年末で仕事がお休みに入るので、ここぞとばかりにテキストを
読み進めたいと思います

それではみなさん、良いお年を~



このページのTopへ


はじめよう!自治検

2015-12-18 09:11:02

第一法規

~第一法規 会議室にて~

やまぐち「おつかれさま!急に呼び出してごめんね~」

たつかわ「おつかれ。いきなりどうしたの?」

やまぐち「突然なんだけど、一緒に“自治検”を受けない?」

たつかわ「“自治検”って“自治体法務検定”のこと?」

やまぐち「そうそれ!」

たつかわ「アレって結構難しいって話を聞いたことがあるけど…。何でまた“自治検”を受けようなんて話に?」

やまぐち「学生時代から名前は知ってたんだけど、第一法規に入社して、自治検を担当する部署に配属になって、自治検をみんなに受けてほしい!知ってほしい!と思うようになってさあ

たつかわ「それでそれで?」

やまぐち「でも、実際に受けたことがないから、いまいち実感がなくて…。じゃあ、受けてみよう!と思って!」

たつかわ「なるほど~。ぼくも自治検に興味があったんだよね。ぼくたちの仕事って法律の知識が必要になるじゃない。会社に入って半年以上経ってさ、任される仕事も増えてきたし、その分、求められる知識も幅広くなってきたし…よし!頑張ってみるか

やまぐち「たしかに。もっと勉強しなきゃなあ、って感じることはよくあるね。」

たつかわ「でも、ひとりで勉強ってなると大変だし、目標を立てづらいし、モチベーションを保つのも難しい…。自治検を受検してみるの良いかもしれないね!」

やまぐち「そう!あ、あと、これからわたしたちの勉強の様子をブログにアップしようと思ってる!これで自治検のことを多くの方に知ってもらえるといいなあ

たつかわ「それいいじゃんやる気出てきた!!」

やまぐち「でしょ?じゃあ、チャレンジしてみよう“自治検”!」


…こうして、若き2人の“自治検”への挑戦が始まったのである。




このページのTopへ

  • トップ
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お問合せ
  • 当サイトについて
  • プライバシーポリシー
  • 第一法規ストア
  • 広告掲載

Norton SECURED