会計・監査ジャーナル

会計・監査ジャーナル表紙

会計・監査ジャーナル
最新号
[2017年9月15日発行]


【視点】人工知能学会の最新動向/山田誠二


特集

国際会計基準審議会( IASB) Sue Lloyd副議長に訊く―IFRS解釈指針委員会の活動及び資本の特徴を有する金融商品( FICE)プロジェクト ―
/Sue Lloyd・湯川喜雄・又邊 崇・村山 華

 東京で2011年以来となる、IFRS財団の評議員会が2017年5月に開催された。日本公認会計士協会は、この機会に来日された国際会計基準審議会(IASB)Sue Lloyd副議長にインタビューを行い、IFRS解釈指針委員会(IFRS-IC)の活動や資本の特徴を有する金融商品(FICE)に関するプロジェクト等について話をうかがった。
 IFRS-IC議長も兼任するLloyd副議長には、両職に就くメリットは何かといった質問をはじめ、IFRS-ICでの議論がIASBとの見解に相違が生じる背景、負の補償を伴う期限前償還特性は異なる種類の貸付金に存在するか、IFRS基準の適用における教育など、つぶさに質問を投げかけた。インタビュアーは日本公認会計士協会の湯川常務理事、又邊研究員、村山調査員である。 是非、ご一読いただきたい。


特集

第1回「女性会計士活躍促進協議会・地域交流会in千葉」開催報告/吉田恵美

 平成29年7月、日本公認会計士協会千葉会は、女性会計士活躍促進協議会の活動方針の1つである「女性会計士同士のネットワーク構築」を目的として、全国に先駆けて地域交流会を実施した。
 地域交流会には、関根愛子協会会長や千葉会役員など21名が参加し、「千葉の公認会計士としてできること」をテーマにしたパネルディスカッションでは、県内の地方公共団体等から依頼される業務には、どのような役割が求められ、地域貢献ができるのか、また、やりがいや経験はどう得られるのかなどのお話をしていただいた。そのほか、仕事と育児の両立といった女性ならではの課題も取り上げられ、懇親会含めて、大変和やかに交流が深められた。
 本稿では、当日の様子を報告する。


特集

グローバル・リーダーズ 第3回 国際会計士連盟会長 Rachel Grimes
国際会計士連盟CEO Fayezul Choudhury/渡場友絵


特集

会計基礎教育の推進に関する基本方針


監査

「監査事務所検査結果事例集」の公表について/公認会計士・監査審査会


監査

国際監査・保証基準審議会(IAASB)会議報告(第84回会議)
/住田清芽・甲斐幸子


監査

【新連載】 公認不正検査士の不正調査手法 第1回 公認不正検査士の不正調査手法の全体像/立川正人

 中立的立場から行う財務諸表監査と対立的立場から行う不正調査は、本質的に対象との関係性が全く異なり、また、不正は隠蔽行為を伴うことなどから、両者は一部類似する手続こそあれ、異なる専門業務であるといえる。今号よりスタートする本連載では、弁護士や公認会計士等の様々なバックグラウンドを有する公認不正検査士の視点から「公認不正検査士の不正調査手法」をテーマに解説をしていく。
 連載第1回目となる本稿では、不正調査手法の全体像―プロセス、実施方法と前提知識について概観する。


監査

監査法人のローテーション制度に関する調査報告(第一次報告)の公表について/金融庁


会計

【解 説】 企業会計基準公開草案第61号 「収益認識に関する会計基準(案)」等について
/小賀坂 敦・川西昌博

 我が国では、売上高に関して企業会計原則に取り上げられているものの、収益認識に関する包括的な会計基準は開発されていなかった。一方、国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する会計基準の開発を行い、平成26年に公表するに至った。
 企業会計基準委員会(ASBJ)はこれらの状況を踏まえ、国内における収益認識に関する開発に着手。平成29年7月20日に、「収益認識に関する会計基準(案)」と「収益認識に関する会計基準の適用指針(案)」を公表した。
 収益認識基準は、ASBJが取り組んできた会計基準の中で最も重要な部類に属するため、関係者の意見を十分に聴取する必要がある(コメント期限:平成29年10月20日)。是非、多くの方にご一読いただきたい。


会計

国際会計基準審議会(IASB)会議概要(2017年7月)/大津喬章


会計

IFRS解釈指針委員会会議概要(2017年5月及び6月)/山根雄一


会計

会計基準アドバイザリー・フォーラム(ASAF)会議の概要(第16回会議)/大雄 信


会計

会計基準アドバイザリー・フォーラム(ASAF)会議の概要(第17回会議)/橋本浩史


会計

【連 載】会計処理の適切性をめぐる裁判例を見つめ直す 第10回 劣後受益権と償却原価法─オリックス銀行事件/弥永真生


会計

World Accounting Report Vol.5 ─Implementing IFRS 15 in the Netherlands─/Ralph ter Hoeven


税務

【連 載】租税相談 Q& A 305 移転価格税制でいう「国外関連者」と外国子会社合算税制でいう「関連者」との異同/川田 剛


税務

【連 載】CPA Tax Insight BEPSと恒久的施設課税─①恒久的施設の定義とBEPS最終報告
/赤塚孝江


経営

【連 載】 [実例に学ぶ]企業行動の理論と実践 第22回 フリーのビジネスモデルを活用し、経済効果を広げる/磯村和人


経営

経営研究調査会研究報告第60号 「事業承継支援マニュアル」の概要について/日本公認会計士協会 経営研究調査会


経営

国際評価基準審議会(IVSC)の評議員会での議論について ―2017年6月会議の概要及びその後の金融商品プロジェクトの展開―/山田辰己


非営利・公会計

国際公会計基準審議会(IPSASB)会議報告 2017年6月27日~30日 ルクセンブルクにて/伊澤賢司・蕗谷竹生


法務・その他

【企業法務】改正民法(債権法)成立について/青山大樹


NEWS FLASH 

【書評】 八田進二編著『開示不正―その実態と防止策―』/濱本 明

【アカデミック・フォーサイト】 リース会計再考─リース契約に含まれるサービス構成要素の取扱いを中心にして─/佐藤信彦

【学会関係リポート等】 第15回青山学院「会計サミット」開催報告/橋本 尚

【日本公認会計士協会の活動】 役員会だより
第9回「公認会計士の日」大賞受賞者について

【新連載】 リサーチラボTeatime 〈第1回〉JICPAリサーチラボ出帆!/関川 正

【コラム】 旬の力でコンディショニング/海老久美子・吉村 淳





各  種  案  内

第一法規 Copyright DAI-ICHI HOKI co.,ltd. All Rights Reserved