会計・監査ジャーナル

会計・監査ジャーナル表紙

会計・監査ジャーナル
最新号
[2017年3月15日発行]


【視点】監査監督機関国際フォーラム(IFIAR)常設事務局の東京設置
─グローバルな監査品質の向上に向けて/佐々木清隆


特集

関根会長インタビュー 会務運営における3つの柱を中心に
/関根愛子・梅谷正樹

 2016年7月の就任以降、日本公認会計士協会の関根会長は全国16の地域会を訪問して会務報告をするとともに各地域の会員と意見交換を実施してきた。会務報告では、新会長としての取組みとして「公認会計士監査の信頼性向上」、「多様な領域での会計インフラへの貢献」、「人材育成・魅力向上」の3つの柱を掲げ、さらには「プラットフォーム」である協会の組織及び財政体制の整備し、監査の信頼回復をはじめとして様々な課題に取り組むことを会員に説明された。
 本稿では、会務報告の際に使用したスライド(図表)をもとに、上記の3つの柱を中心にご説明をいただいた。是非、ご一読いただきたい。


特集

インタビュー なぜ十分な監査期間の確保が必要なのか
~「高品質な監査の実施のための十分な監査期間の確保のための
説明ツール」を使いこなそう!~/山田治彦


 日本公認会計士協会は、平成28年12月、公認会計士が監査業務において被監査会社と期末監査の実施スケジュールを検討する際に、高品質な監査を実施するために十分な監査期間を確保することが重要である旨を説明するため、「高品質な監査の実施のための十分な監査期間の確保のための説明ツール」を作成・公表した。
 本項では、経済社会が複雑化・多様化するなかで監査リスクが増大していることをふまえつつ、本ツール作成の経緯、本ツールの利用方法などについて、担当の山田治彦副会長にお話をいただいた。 


監査

国際監査・保証基準審議会(IAASB)会議報告(第81回会議)
/住田清芽・甲斐幸子


会計

【解 説】実務対応報告第33号「リスク分担型企業年金の会計処理
等に関する実務上の取扱い」等について/藤澤秀樹


 企業会計基準委員会(ASBJ)は、平成28年12月16日に、実務対応報告第33号「リスク分担型企業年金の会計処理等に関する実務上の取扱い」を公表した。本稿では、本実務対応報告の概要やIFRSにおける取扱いなどについて、紹介する。


会計

【連 載】会計処理の適切性をめぐる裁判例を見つめ直す 第4回 収益の認識と引当金の設定─NOVA事件/弥永真生


会計

会計基準アドバイザリー・フォーラム(ASAF)会議の概要(第15回会議)/河西聡


会計

国際会計基準審議会(IASB)会議概要 2016年12月/藤原由紀
                         2017年 1 月/豐岳光晴


会計

【連 載】クイズでわかる管理会計の最先端 第9回 バランスト・スコアカード /園田智昭


税務

【連 載】【租税相談Q&A 299】非居住者・外国法人に対して支払われるリース料についての課税関係/土屋重義


税務

【連 載】CPA Tax Insight 近時の租税回避行為の否認に係る検討/北村導人


経営

【連 載】 [実例に学ぶ]企業行動の理論と実践 第16回 M&Aと提携を活用し、グローバル展開する/磯村和人


非営利・公会計

【解 説】「平成27年度 国の財務書類」と財務書類の活用の取組みについて
/高橋啓介


非営利・公会計

国際公会計基準審議会(IPSASB)会議報告 2016年12月6日~9日 南アフリカ・ステレンボッシュにて/伊澤賢司・蕗谷竹生


倫理

国際会計士倫理基準審議会(IESBA)ニューヨーク会議報告~パートナー・ローテーションの見直しが決定、IESBAデュープロセスの弱点が露呈、他~/加藤 厚


法務・その他

【企業法務】コーポレートガバナンス・コード対応の動向/内田修平


NEWS FLASH 

【書評】 田中英隆・石渡 明著『格付 価値の再認識と広がる投資戦略』/金田 勇

【アカデミック・フォーサイト】 社外取締役の法概念とその責任~法と裁判例の変遷をめぐって
/重田麻紀子

【国際トレンディ】 国際会計教育基準審議会(IAESB) 2016年11月 ニューヨーク会議報告/高田慎司

【日本公認会計士協会の活動】
役員会だより
会社関係資料(平成27年度)

【コラム】 旬の力でコンディショニング/海老久美子・吉村 淳






各  種  案  内

第一法規 Copyright DAI-ICHI HOKI co.,ltd. All Rights Reserved