こんなときどうするネット会社の法律Q&A【経理】目次
会計に関する法令にはどのようなものがあるか
勘定科目の設定はどのように行うか
会社法で作成が求められる計算書類等
事業報告の導入と作成内容
会計方針として記載すべき事項
会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準
会社法上のディスクロージャー制度
電子公告制度導入の手続きとメリット、デメリット
中小企業が準拠すべき会計基準
連結計算書類制度
臨時計算書類制度の概要とその作成基準
四半期財務諸表に関する会計基準と適用指針
四半期報告制度の概要
会社法上の決算日程
会計監査制度
公認会計士法の改正と試験制度
継続企業の前提に関する開示
関連当事者の開示に関する会計基準
セグメント情報等の開示制度の概要とその作成基準
包括利益の表示に関する会計基準
決算方針にはどのようなものがあるか
決算整理にはどのようなものがあるか
決算作業を早くするには
財務会計基準機構(FASF)、企業会計基準委員会(ASBJ)の設立・役割と国際会計基準審議会(IASB)との関係
国際財務報告基準(IFRS)
企業会計の2009年問題と国際的な調和
経理業務のコンピューター化
現業部門と経理部門の集計数値に差が発生した場合
決算業務へのコンピューター・システムの利用
物品販売の売上計上基準
売掛金と未収入金
輸出取引の売上計上基準
受取手形の会計処理
売掛債権の決算手続
割賦販売の決算手続
ソフトウェアの売上計上基準
工事契約に関する会計処理
仕入割戻しと仕入割引の区別
輸入取引の仕入形状基準
輸入金融の内容と会計処理
本支店間の運送料の仕入原価算入
棚卸資産の評価に関する会計基準
連続工程の原料等の棚卸資産の評価方法
サンプル品の会計処理
異常な状態を原因とする原価差額の調整
長期滞留在庫に対する会計処理
販売用不動産等の評価減
製造業における電気・ガス・水道料の期末未払額の勘定科目
内部未実現利益の除去の方法と会計処理
研究開発型企業における営業費用の表示方法
親会社からの受入れ出向者に対する給与の取扱いと会計処理
国外現地法人派遣者の給与課税の取扱い
使用人兼務役員の給与等の区分と会計処理
使用人兼務役員の賞与
役員賞与の会計処理
役員賞与の支給手続きと会計上の留意点
補修にかかる支出は全額修繕費となるか
租税公課の会計処理
研究開発費の会計処理
製造業での研究開発に係る費用の処理方法
市場販売目的のソフトウェアの減価償却の方法
早期退職制度に伴う会計処理
決算日後に合意された退職金
時価を把握することが極めて困難と認められる株式の減損処理
子会社整理損の取扱い
決算期末での子会社の清算決議
東日本大震災に係る会計処理等の留意点
債権の流動化に関する会計処理
信託の会計処理
特定金銭信託の会計処理
有価証券購入時の会計処理
有価証券の評価
上場有価証券の評価損
金融資産の時価の算定に関する実務上の取扱い
金融商品会計基準適用後の有価証券に関する貸借対照表および損益計算書上の表示
金融商品取引法上の「有価証券」と企業会計上の「有価証券」の範囲の違い
金融商品取引法上の有価証券
投資信託の会計処理とりスク管理
優先株式の貸借対m表価額と評価方法
減価償却方法の変更
減価償却の開始時期
平成10年度の建物関係の税制改正と会計処理との関係
中小企業投資促進税制
商標権の会計処理
自社利用ソフトウェアの開発時の税務処理について
受取手形の流動・固定の区分基準
繰延資産と無形固定資産・前払費用との違い
固定資産の圧縮記帳の剰余金処分方式への変更
繰延資産の決算時の会計処理
不動産の売却に係る会計処理の考え方
ゴルフ会員権の評価
賃貸不動産の時価等の開示に関する会計基準
固定資産の減損会計とは
固定資産の減損会計適用の手続き
物価連動国債など組込デリバティブの会計処理
リース取引の借手の会計処理
リース取引の分類
新リース会計基準のポイント
未払費用と未払金、前受収益と前受金との違い
借入金の種類と表示方法
金利スワップによる利息の固定化と会計処理
社債の発行と会計処理
新株予約権付社債の発行者側の会計処理
請求書到着基準による支払いと決算処理
内容不明の振込金
役員退職慰労引当金の計上
会計上の見積りを行う際の留意点とは
退職給付会計の具体的処理方法
退職給付会計の数理計算上の差異と予算
退職給付引当金計算の簡便法
厚生年金基金代行部分の返上の会計処理
確定給付年金から確定拠出年金への移行
不良債権の引当方法
年金資産が退職給付債務を超えた場合の年金資産の返還に関する会計処理について
工事損失引当金の会計処理について
純資産の部の内容
貸借対照表の純資産の部の表示について
株主資本等変動計算書の導入と作成内容
第三者割当増資の留意点
減資の会計処理
債務の株式化
決算書に開示する債務保証の範囲
その他資本剰余金の処分
利益処分の承認手続がなくなることによる実務への影響
株主資本等変動計算書の概要
株主資本等変動計算書の作成方法
株主資本等変動計算書の注記事項
剰余金の配当規制
準備金の減少
金庫株制度の概要と会計処理
自己株式の処分差額の処理
1株当たり当期純利益の算定方法
法人税等の追徴・還付に伴う会計処理
預金利息等に係る源泉税の会計処理
事業税の会計処理
法人税等の未払計上方法と過不足の処理
申告調整
租税特別措置法上の準備金
外国税額控除制度(直接税額控除)
外国子会社配当益金不算入制度
税効果会計の概要
繰延税金資産として計上される要件
業績が不安定な会社における繰延税金資産の計上の可否
役員退職慰労引当金に係る繰延税金資産
圧縮積立金の積立が行われた場合の処理
「その他有価証券」の評価差額に対する税効果会計の適用における留意事項
連結納税制度の概要について
連結納税制度を適用する場合の税効果会計に関する取扱い
平成22年度税制改正 グループ法人単体課税制度
グループ法人単体課税制度制定に伴う税効果会計への影響
外貨建取引の換算方法
インパクトローンの為替予約の締結による処理
為替予約の会計処理
当座預金の帳簿記帳の管理
デリバティブ取引のリスク管理方法
現金残高が実際に金庫になかったら
発行前の領収書用紙の管理
当座借越契約
先日付小切手の受入れ
余裕資金の運用方法としての現先取引
資金調達方法としてのリース取引
社債の発行
ファクタリングによる資金調達
増資による資金調達
株券不発行制度
営業資金不足時の新たな資金調達策
デットデットスワップとは?
為替予約に関するポイント
抵当証券の会計処理
金融機関との付合い方
ペイオフの概要とその対応
DCF法(ディスカウント・キャッシュ・フロー法)とは?
白地手形を受け取った場合
裏書手形の受入れ
手形回収時に実施すべきこと
手形の割引による資金調達
期日現金制度
書き間違えた手形の処理
手形を紛失した場合
手形が不渡りとなった場合
印章の管理
債権管理に関する規程・マニュアルの作成
売上金管理体制の構築
売上債権残高の分析方法
債権管理のための業務分掌
営業部門の債権回収意識を高める方法
販売与信管理の実務指標
信用調査の実施方法
小売業の売掛金管理
販売管理データの有効活用
輸出取引の管理上のポイント
初めての輸出取引の進め方
安全な輸出代金の回収方法
債権残高確認の方法
リベートの管理
金銭消費貸借契約書の作成
個人保証をとって債権を保全する場合
時効を中断する場合
代物弁済による債権の回収
第三者に債務の引受けを依頼する場合
債権債務の相殺を実施する場合
担保権の実行手続
仮差押えによる債権の保全
根抵当権の設定登記
債権譲渡登記制度
預り担保資産の管理方法
債務超過会社からの債権回収
取引先の倒産(破産手続開始の申立て)
取引先の子会社決算書を見るときのポイント
注文書作成の必要性
購買部品に品質不良・数量不足のある場合の対処法
購買単価が未決定の場合の処理方法
購買代金の前払時の処理方法
買掛金赤残の処理方法
外注先の利用を検討する場合のポイント
材料の有償支給と無償支給の相違点と会計処理
初めて外注先を利用する場合の管理上のポイント
外注先から納期前納入の要請があった場合の処理方法
仕入先から得意先へ商品を直送する場合め管理ポイント
決済EDI
輸入取引の管理上のポイント
輸入取引の有利性についての検討
eマーケットプレイスとは?
在庫受払帳を新たに導入する場合のポイント
商品の受入・検収時点における管理のポイント
商品・製品の出荷管理について必要な基礎知識
在庫管理のコンピューター化
実地棚卸の実施上のポイント
未検収品・積送品や外部倉庫預け在庫の棚卸
原因不明の棚卸差異の調査方法
在庫品の部門間移動と内部利益の取扱い方法
部品在庫の重点的管理方法としてのABC分析
在庫削減策としての常時在庫品の決め方
機械部品製造メーカーの滞留在庫品管理のポイント
小売業における在庫管理のポイント
かんばん方式による在庫管理
多品種少量生産会社における定量発注方式
定期発注方式
多品種少量の在庫を有する会社にとってのMRPシステムの考え方
現状の原価計算制度を原価管理に活かす方法
標準作業時間の設定方法と有用性
一般的に原価計算制度といわれるものと特殊原価調査との相違点
外注か自社製造かの決定方法
受注生産品を管理する方法
コストダウンの推進方法としての具体策
人件費削減の方法と人員整理
特殊原価調査の具体例
多品種少量生産における生産管理のポイント
原価改善策としての原単位管理
下請企業の納期管理
生産を効率化するための第一歩
下請企業の生産管理ポイント
新しい原価管理手法
VEによる原価管理の進め方
財務諸表作成のための原価計算
固定製造原価の処理(全部原価計算と直接原価計算)
原価の変動要因の分析(実際原価計算と標準原価計算)
予定価格を使用した原価計算のメリット
大量生産の原価計算(個別原価計算と総合原価計算)
材料費の費目別分類の方法
部門別原価計算の方法
製品別原価計算に当たっての仕掛品原価の算定方法
仕損品・作業屑の処理
標準原価計算制度導入時のポイント
標準直接材料費の設定と差異分析
標準直接労務費の設定と差異分析
標準製造間接費の設定と予算
標準製造間接費の差異分析
多品種少量生産に対応した原価計算
サービス業の原価計算
ソフトウェア会社の原価計算(個別原価計算)
物流ABM
固定資産取得手続の規程を作成する方法
固定資産の現物実査を効果的に行う方法
固定資産の除却手続のルール化
固定資産管理のコンピューター化
リース資産の現物管理
多数の貸与資産の有効な管理
設備の改造・補修を裏付ける書類等の整備
リース利用のメリット・デメリット
リース料の構成要素
リース期間が満了したとき
セール・アンド・リースバックの望ましい会計処理
新築ビルの賃貸を始めるとき
「本支店会計システム」と「本店集中会計システム」
支店の権限と業務範囲
支店経理の管理ポイント
支店の現金預金管理ポイント
支店の販売管理ポイント
支店の仕入業務と在庫管理業務の管理ポイント
支店の業績報告の信頼性
工場・支店間の内部振替価格の上手な設定方法
本店・支店勘定が合わなかったとき
株式公開のメリット・デメリット
株式公開の進め方
JASDAQ市場に株式公開するための条件
マザーズ等の新興市場
非上場株式の売買制度(グリーンシート)
四半期連結財務諸表の会計処理
四半期連結財務諸表の開示
EDINET(電子開示制度)の概要
電子開示制度を利用する際の留意事項
「役員報酬」の開示の追加
平成13年度商法改正の概要
平成13年度商法改正(1)平成13年6月の商法改正
平成13年商法改正(2)平成13年11月の商法改正
平成13年商法改正(3)平成13年12月の商法改正
平成14年5月の商法改正の概要
会社法における配当規制のポイントは?
会社法の概要
会計監査人を設置するには?
会社法の下での機関設計
会社法施行後の有限会社の取扱い
会社法が求める内部統制の構築とは?
会社法の配当制度
ストック・オプション制度の導入
ストック・オプション制度とは?
合併に際しての準備作業
事業譲渡の方法
企業再編(組織再編)に関する会計基準
会社分割で事業を分離する場合の会計処理
事業譲渡の会計処理
現物分配を利用した孫会社の子会社化の方法
連結すべき子会社および関連会社の範囲
キャッシュ・フロー計算書の作成方法
連結決算固有の税効果会計
環境管理・監査
CSR(企業の社会的責任)
ブランド使用料を請求されたら
電子データによる帳簿保存
イメージスキャンデータによる書類保存
電子商取引データの保存義務
情報システムとオープンネットワークのセキュリティ
電子署名と電子認証
ITサービスマネージメントとITIL
日本版LLP、日本版LLCとは
日本版LLPおよび日本版LLCへの出資の会計処理
個人情報の適切な取扱い
中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律
会計に関する社内教育
予算制度導入の必要性
月次決算を予算管理に活かす方法
予算管理を行う上での会計システムを変更する必要性
月次決算のタイミングの改善方法
適切な予算項目と予算体系
中・長期経営計画の意味
中長期的な設備投資予算の考え方
予算制度と稟議制度との関係
売上高の予算と実績の乖離が激しい場合の予算管理の方法
伸び続ける物流費の管理方法
一般管理費予算の合理的な設定方法
予算委員会設定の意味
管理会計と財務会計
部門別業績評価の方法
本社費の合理的な部門別配賦の方法
不採算製品についての意思決定
社内金利制度の必要性
カンパニー制と社内資本金制
購買部門の会社への貢献度の測定
キャッシュ・フロー重視の経営
財務分析の目的、方法
収益性の分析方法
売上高利益率による分析
回転率(回転期間)の分析
損益分岐点分析
キャッシュ・フロー計算書を利用した財務分析
短期支払能力の分析
長期支払能力の分析
生産性の分析と付加価値分析
労働生産性と設備生産性
成長性の分析
危ない企業の見分け方
決算対策と財務分析
設備投資の経済性分析
少人数での内部牽制制度の確立
支店長の職務権限の範囲
内部統制とは?
IT企業の売上に関する内部統制
代表者宣誓書・確認書とは
経営トップ層の不正の防止策
不正リスク管理体制の見直し
簿外債務と経営破綻
売掛金回収代金着服の防止方法
出納業務担当者の不正防止策
給与支給に関する業務分担
メーカー企業における購買業務の内部牽制制度
製造部門の内部牽制制度
内部統制報告制度
内部統制報告制度 開示すべき重要な不備の判断
内部監査の目的と方法
内部監査計画立案のポイント
内部監査報告書の上手なまとめ方
内部監査指摘事項の改善効果を上げる方法
販売予算の妥当性についての内部監査
滞留売掛金の内部監査
売上高の月末締切の妥当性についての内部監査
1日で営業所の内部監査を行う際のポイント
営業日報の内部監査のポイント
生産計画と購買計画の対応性についての内部監査
購買業務管理の各局面における内部監査
仕入単価、仕入割戻し等の購買条件についての内部監査
棚卸差異が多く発生している場合の在庫管理の内部監査
在庫種類が多い業種の実地棚卸の内部監査
適正在庫量および在庫回転率の向上についての内部監査
季節変動が激しい業種の生産計画の内部監査
工場における作業管理の内部監査
製造工程の一部を外部委託している場合の内部監査
機器メーカーにおける製造工程の管理に関する内部監査
TQCの実施状況についての内部監査
多品種製品メーカーの原価計算制度の内部監査
資金運用に関する内部監査
経費支払の妥当性についての内部監査
財務部(資金運用部)の内部監査
給与体系見直しに関する内部監査
パートタイム労働者の労務管理に対する内部監査
固定資産の取得手続きに関する内部監査
関係会社の管理方法
関係会社管理を行う専門部署
シェアードサービスの導入
関係会社として扱う範囲
企業グループ運営のための基本方針の決め方
子会社が必ず親会社に決裁を仰ぐべき事項
子会社の事業計画の適切な作成
関係会社の業績の具体的な評価方法
子会社の経営者の人材起用
子会社への資金援助ルールの決め方
関係会社間の取引価格の決め方
合併に関する会計ルールの考え方
パーチェス法の会計処理
企業結合に係る会計処理方法
のれんの会計処理
会社分割制度
会社分割の会計と税務の概要
企業組織再編税制とは
買収による事業拡大の方法
子会社の再編(合併)
子会社が株式公開を目指すには
子会社をトラブルなく清算するためのポイント
関係会社に対する監査の具体的手法
海外で設立した現地法人の管理手法
移転価格課税への対応に関して留意すべきポイント
連結財務諸表作成の必要性
海外に進出するに際して留意すべきポイント
海外事業の連結に際して留意すべきポイント
在外子会社の会計処理
海外事業の再編成
国外現地法人派遣者の給与の決め方
持株会社による経営
株式交換と株式移転
株式交換契約書
平成23年度税制改正の概要
平成22年度税制改正の概要
会社の税金あれこれ
法人税の計算のしくみと税率
事業年度とは
納税地とは
中小企業者等の定義について
中小企業者等の優遇税制について
会社の利益と所得金額の違い
益金と損金
消費税のあらまし
海外進出と税務
源泉所得税・地価税・印紙税のあらまし
会社にかかる地方税
税務調査とはどんなものか
中小企業の会計に関する指針と税務実務
計算書類の質の向上による信用力・経営力の向上
時価会計と税務(売買目的有価証券について)
退職給付会計と税務
税効果会計と法人税の取扱い
減損会計と税務
ソフトウエアの会計処理と税務
研究開発費の会計処理方法
税効果会計の具体的処理
時価評価制度の導入
収益と益金とはどう違う
売上認識の時期はいつか
売上計上に検収基準は認められるか
その他の売上認識の時期~長期割賦販売等の延払い・委託販売~
工事進行基準
仕入れと売上原価のはなし
値引きや返品はどう処理する
家賃収入の収益はいつ計上する
ビルを賃貸したときの保証金、敷金、権利金の税務
不動産を売ったときの税金は
受取配当金の扱い
受取利息の扱い
会社が物をもらったときは
私財提供益による会社再建
償却済の債権の取立てがあったときは
こんなものも収益
プリペイドカードによる売上計上時点
役員とみなし役員
専務と通称専務、名刺も専務
サラリーマン役員・使用人兼務役員
執行役員制度に係る税務上のポイント
ヒラ取締役の賞与は
平成18年度改正後の役員給与(賞与)の損金算入
定期同額給与の増減額の取扱いについて
役員の分掌変更により定期同額給与を改定した場合の取扱い
業績悪化により役員の定期同額給与を減額する場合の取扱い
病気のため職務執行ができない場合の役員の定期給与減額の取扱い
役員に支給した歩合給、能率給の取扱い
役員の不祥事により定期同額給与を一定期間減額した場合の取扱い
合併による定期同額給与の増額
社長への渡し切り交際費の扱い
社長への経済的利益の供与
社長の給与を一時的に増額すると
事前確定届出給与を届出通りに支払わなかった場合の取扱い
事前確定届出給与について、届出金額と支給金額が異なる場合の判定
出向役員の給与負担金の取扱い
社長の残業手当は認められるか
社長のお母さんの給料
役員の親族である使用人の過大給与
商談のための社長夫妻の海外出張
社長の人間ドック費用
会長の社葬費用
創業者会長の退職金
役員退職金の支給時期は
退職金が年金払いになったときの税金
転籍者への退職金―勤続年数の取扱い
役員退職金の功績倍率とは
役員の地位が変更になった場合の退職金
生命保険金が入った場合の役員退職金はいくら
会社役員賠償責任保険の取扱い
社員にはいくら給与を支払ってもよいか
過去の残業代を支払った場合の税務上の取扱い
永年勤続社員を夫婦で海外旅行に
販売奨励のために社員に高額の報奨金を渡したとき
ストック・オプション導入にあたっての注意点
創立10周年を記念して社内だけのパーティーを一流ホテルで
転勤に伴う転居費用は
レクリエーション行事の賞品
忘年会費用と二次会費用
夜間大学の学費負担、資格取得費用
社宅家賃の計算のしかた
採用決定者への支度金
個人経営時代からの引継ぎ社員の退職金
子会社の役員となった社員の賞与は
海外へ赴任する社員の留守宅給与に係る取扱い
出向した社員の退職金は
非課税となる通勤手当
「私有車借上制度」の税務上の留意点
外国人を採用した場合の税金は
パートタイマー・アルバイトの給与の税金は
社会保険料の扱い
確定給付企業年金制度の税務
雇用促進税制の要点
交際費の損金算入限度額
どこまで交際費、その範囲は?
5、000円以下の飲食費の交際費等からの除外
渡し切り交際費は給与として扱われる
温泉地で行った会議の費用
親睦団体に支払う会費
交際費とならない販売先へのリベート
当社製の豪華バッグを得意先へ配ると
社内コンペ、社外コンペ(事業関係者)
本社ビルの地鎮祭の費用
リクルート費用と交際費の区分
役員だけでレクリエーション
会長の叙勲パーティー費用
創立記念行事の費用と受け取った祝い金
ゴルフクラブの会員権と名義書換料
現金、海外旅行、自動車による売上割戻し
得意先に対する奨励金とセールスマンに対する奨励金の支給
カレンダー、手帳等の贈答費用
製作中のパンフレット
ホームページの制作費の扱い
商品名入り資産の寄贈
社長の海外渡航費、観光も兼ねて
従業員の海外旅行
地元有力者に支払った謝礼(取引仲介手数料)
使途不明金とは
使途不明金の追加課税
貸倒れの形態と計上時期
債権放棄と貸倒れ
相手先の経営状態が悪化したとき
取引停止している相手に対して
担保物がある場合の貸倒れ
個別評価による債権に対する貸倒引当金繰入れとはなに
子会社に対する債権放棄と貸倒損失
寄附金とは、税務上の取扱いは
得意先の慰安旅行への寄附
政治献金と「○○を励ます会」のパーティー券購入
町内旅行会への寄附
社長の出身校に対する寄附
子会社に対する無利息の貸付け
会社の引当金の種類
貸倒引当金を計上するときのポイント
退職給与引当金制度の廃止に伴う税務上の留意点
レジャークラブの入会金
ロータリークラブの年会費
リース利用によるメリットとデメリット
リース会計基準とリース税制
所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産についての取扱い
税務上リース取引となるものとならないもの
リースに際しての下取りと中途解約損害金
リースバックの取扱い
レバレッジド・リースと税務上の取扱い
法人契約の生命保険
法人契約の損害保険
法人が契約する介護費用保険
経費になる税金とならない税金
交通事故!会社が払う賠償金と罰金は
家賃3年分前払い、全額経費にできるか
教育訓練費の税務上の取扱い
購入棚卸資産の取得価額
製造棚卸資産の取得価額
売却予定有価証券や売却予定土地は棚卸資産か
サンプル品やデモ商品は棚卸資産か
購入付随費用、原価差額の処理
評価方法にどのようなものがあるか―計算方法と評価
簡単な評価計算方法は―最終仕入原価法と売価還元法
低価法と強制低価法の税務上の取扱い
評価損の計上時期はいつか(低価の事実の判定)
評価方法を変更する場合
支出した費用と取得価額
一括取得した土地と建物の取得価額の区分
近隣時価を上回る価額で取得した土地の取得価額
借入金利子は取得価額に含めるのか
日照権補償金や迷惑料の扱い
平成19年度改正後の減価償却制度
減価償却方法の種類と選択
償却可能限度額まで償却した減価償却資産の取扱い
固定資産の種類と耐用年数
耐用年数の改正について
少額減価償却資産の管理について
減価償却できない固定資産
中古資産の減価償却
減価償却できる期間・できない期間
減価償却方法の変更
賃貸している固定資産の減価償却
普通償却と特別償却・割増償却
主な特別償却制度
修理、改良等の費用の取扱い
資本的支出を行った場合の減価償却方法
ビル内全面改装費用の取扱い
賃借建物に対する造作費用の取扱い
固定資産の評価減は可能か
土地の評価損と子会社への売却損
有姿除却とは
特許権の取得価額
営業権の計上について
ソフトウエアの開発費用
圧縮記帳の意義とメリット
組織再編成と圧縮記帳
火災保険金で改築する場合の経理方法は
収用の特例の対象となる補助金の範囲と特例適用条件
交換差金が発生しても交換の圧縮記帳は可能か
交換の圧縮記帳を適用した固定資産を短期譲渡したら
土地と建物の等価交換は可能か
特定の資産の買換えの特例とは
譲渡資産と買換資産の所在地に制約はあるか
買換えの特例を適用した場合の会計処理
買換資産の先行取得は認められるか
買換資産とされる土地に面積制限はあるか
土地等の長期譲渡所得の特別控除制度とは
土地等の先行取得の場合の課税の特例
試験研究費で支出した資産の取扱い、試験研究費の税務処理について
借地権課税とは
権利金の受渡しの有無と課税関係
相当の地代とは
「土地の無償返還に関する届出書」を提出する場合とは
法人と個人とで、借地権課税に違いはあるか
社長の土地に会社の建物を建てる場合に課税されない方法は
社長の土地に会社の古い建物がある場合に会社に借地権はあるか
自然発生借地権とは
地代の改訂はどうしたらよいのか
権利金の授受はしないが無利子貸付があった場合の扱い
借地の更新と更改との扱い
一般定期借地権
建物譲渡特約付借地権
事業用借地権
事業用借地権につき契約時に保証金の授受があった場合
有価証券の売却損益の計算方法
売買目的有価証券の時価評価とは
割引債の償還差額の処理は
有価証券評価損を計上するケース
信用取引の会計処理と期末評価
ゴルフクラブ会員権の評価損
リゾートマンションを保養所として購入する場合
税額控除が可能なリースとは
資産の取得とされるリース
税務上の繰延資産とは
ノウハウの頭金
建物を賃借するための権利金
貸家立退料の取扱い
外貨建取引の換算
外貨建資産等の期末換算法
オプション料の会計処理
為替予約差額の配分
海外に不動産を取得したら
証券投資信託の税金
任意組合や匿名組合への事業投資
ヘッジ会計と税務
デリバティブ取引に係る税務
増資の留意点
子どもに増資を引き受けさせると
減資の方法と効果・手続
減資による欠損金の解消と青色欠損金
金庫株と税務
純資産の部の会計と税務
株主資本等変動計算書とは
新会社を設立する場合の資金援助
会社を解散、清算するときの税金
解散時の残余財産がないと見込まれる時の取扱い
会社の清算・会社の売却(M&A)
子会社の整理・解散と損失負担
組織再編成に関する基本的な取扱い
合併による資産移転の課税
合併時の純資産の会計処理と税務処理(抱合株式の処理)
非適格合併のみなし配当課税
被合併法人の青色欠損金
合併法人の青色欠損金
合併後の資産の譲渡損
部分拠出合併
会社を分けて二人の息子に
株式交換・株式移転
法的再生における税務
私的整理における税務
デット・エクイティ・スワップとは
中小企業の事業再生の支援税制
グループ法人税制の概要
グループ法人税制の対象となる法人
100%グループ内の法人間の資産の譲渡取引等
100%グループ内の法人間の寄附金と受取配当等の益金不算入制度の取扱い
100%グループ内の現物分配とグループ内法人の株式の発行法人への譲渡に係る損益の取扱い
大法人の100%子会社に対する中小企業向け特例措置の不適用
完全支配関係がある他の内国法人の株式等に係る評価損の不計上
連結財務諸表と連結納税制度
連結納税制度のあらまし
連結納税開始(加入)時に時価課税される法人とは?
連結納税開始(加入)時に時価課税される資産とは?
連結納税開始(加入)時の時価課税資産の評価方法は?
子会社の欠損金が連結納税下で利用される順序は?
連結納税を採用したときの特有の規定は?
会社の申告と納税の手続
予定申告と中間申告
帳簿・書類の電子データ保存
税務調査と自己否認
外国税額控除と外国子会社配当益金不算入制度
ペーパー・カンパニーとタックス・ヘイブン対策税制
移転価格税制
更正の請求
同族会社とは
留保金課税とは
法人税の税額控除のいろいろ
利子・配当の所得税額控除の特例とは
欠損金はどのように扱われるのか
附帯税とは何か
会社の土地に関する税金一覧
土地の譲渡益の特別課税制度について
土地譲渡益の追加課税制度における負債利子と販売費・一般管理費
土地を取得した場合にかかる税金
土地を保有している場合にかかる税金
消費税とはどんな税金
課税対象取引と課税対象外(不課税)取引とは
課税取引と非課税取引とは
輸出・輸入と消費税
販売による収益と消費税
請負による収益と消費税
資産貸付けによる収益と消費税
リース取引と消費税について
売上戻り、値引き、割戻しと消費税
商品仕入高・在庫の扱いは
製造(工事)原価の扱いは
得意先へ支払う金銭による販売奨励金の取扱いは
現物給与や渡し切り経費の取扱いは
宣伝用テレホンカードの製作費用の取扱いは
諸会費、入会金などの取扱いは
支払報酬の消費税と源泉徴収について
課税仕入れ等に関する帳簿および請求書について
受取家賃、地代は非課税
株式の売買損益や手数料の取扱いは
固定資産の売買と消費税
中小事業者の特例とは
消費税の上手な会計処理
消費税の還付のために
消費税の申告と納付
給与を支払う場合の源泉徴収の事務は
賞与を支払う場合の源泉徴収の事務は
退職金を支払う場合の源泉徴収の事務は
報酬や料金を支払う場合の源泉徴収の事務は
会社が配当した場合の源泉徴収の事務は
源泉徴収した税金の納期はいつか
パートタイマーに対する源泉徴収額の計算は
年末調整の手続とは
外交員、販売員への報酬と源泉徴収は
大工等に支払う報酬の取扱い
非居住者や外国人に対する支払と源泉徴収は
住民税の特別徴収
印紙税とは何
売上代金の領収書に対する印紙税は
領収書を電子メールで送った場合の印紙税は
不動産などの譲渡に関する印紙税は
工事の請負などに関する印紙税は
消費税と印紙税の関係はどうなる
印紙を貼り忘れた場合、間違って貼った場合は
会社の地方税のしくみについて
課税対象となる事務所や事業所とは
新たに営業所を設置した場合の地方税の計算方法
欠損金がある場合の住民税と事業税
事業所税の免税点と非課税を利用しよう
会社の地方税の減免措置や免税点
外形標準課税制度の概要
個人税金(所得税)のあらまし
社長の確定申告は必要か
数社から給与をもらっているときの税金
不動産を買ったときの税金は
不動産を売ったときの税金は(長期保有)
不動産を売ったときの税金は(短期保有と内部通算)
不動産を売ったときの有利な税制(買換え)
不動産を売ったときの有利な税制(交換)
不動産を売ったときの税制(保証債務の特例)
等価交換によるマンションの取得
社長の財テクと税金
社長の受け取る利子、配当と税金
自社の株式を売ったときの税金の計算は
上場株式を売ったときの課税関係の改正
相続した非上場株式を発行会社へ売ったときの税金の計算は
ベンチャー企業へ投資した場合の特例(エンジェル税制)
自分の会社が上場したら、そのときに売る株の税金は
有価証券の取得費の計算の仕方
ゴルフ会員権を売ったときの税金
絵画を買ってひと儲け、税金は
個人の海外不動産投資と外国税額控除
役員社宅の有利な使い方
自分の会社から財産を買ったときの税金
自分の会社へ財産を売ったときの税金
自分の会社から財産を借りたときの税金
自分の会社へ財産を貸したときの税金
自分の会社から財産をもらったときは
自分の会社の役員賞与を辞退したときは
住民税は意外に大きい―どのくらいかかる
賃貸マンションを持っている場合の有利な計算方法
友人の借金の保証人になり、友人が破産してしまったら
母校に寄附したとき、税金上控除はできるか
公的年金はどのような税金がかかるか
生保、損保と個人の税金との関係
資本金を増やすとき利益分を資本としたら株主の税金は
個人の所得税でも税務調査されるか
弔慰金や香典に課税されるか、使った費用は控除ができるか
青色申告特別控除とは
相続税とは、その基本的しくみ
相続税計算上、土地や建物の評価は
相続のとき、会社の値段は、税務上いくら
新しい事業承継制度(1)―経営承継円滑化法―
新しい事業承継制度(2)―相続税・贈与税の算出―
スムーズな事業承継のための相続税対策(1)―従業員持株制度の導入―
スムーズな事業承継のための相続税対策(2)―みなし退職、レバレッジド・リースの活用―
スムーズな事業承継のための相続税対策(3)―中小企業投資育成株式会社の利用―
突然の相続、相続税を払えないときはどうする
生前贈与とその有効活用
直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けたときの取扱いは
相続により取得した不動産を売ったときの税金は
小規模宅地の評価減
持株管理会社を使った相続税評価額の引き下げ
給料の税金の計算はどうやる
毎月の源泉徴収には、何がとられているか
非課税の手当や給与もこんなにある
財形とはなに、財形の利息は非課税か
自宅を処分した時の税金
転勤の間、自分の家を人に貸す、さて税金は
借金をして住宅を買いました。有利な税制は(住宅借入金等特別税額控除)
住宅を自己資金で取得した場合の税額控除
夫婦でマンションを購入した時の名義は
転勤の際の優遇制度は
専業主婦で働いていない社員の奥さんの優遇措置は
パートで働いている社員の奥さんの優遇措置は
子どもは16歳と22歳、いちばんお金がかかるとき、何か優遇措置は
独身の平社員から部長まで、モデルケース別個人税金比較
退職金の税金はどうなる
単身赴任のとき、何か優遇措置は
夫婦間の生前贈与を使いましょう
医療費控除のしくみは
海外へ転勤、さて個人の税金は
災害にあったとき、税金の上で優遇措置は
所得控除一覧
居住用財産を売ったときの税金は(買換え・交換)
ストック・オプション導入と個人の税金
被災企業に対する税制上の措置(概要)
法人の有する資産が被害を受けた場合
災害損失特別勘定の取扱い
被災代替資産等の特別償却の取扱い
特定資産の買換えの場合等の課税の特例
震災損失の繰戻しによる法人税額等の還付等の取扱い
被災企業における法人税以外の課税の特例
被災した個人に対する税制上の措置(概要)
住宅や家財などに被害を受けた場合の特例
個人事業者が事業用資産等を被災した場合の特例
被災した個人の所得税額の還付等の取扱い
災害見舞金や義援金の取扱い
被災した取引先を支援する際の取扱い
自社製品等の提供、社員のボランティア派遣等の取扱い

閉じる