第一法規TOP

エントリー

お問い合わせ

採用メッセージ「個が輝く」 総務局長 務台 厚士 答えのない課題にトライする勇気、徹底してやり遂げる粘り強さを、若いみなさんに期待しています!!

第一法規が考える社員像

私たちのお客様は、地方公共団体をはじめとした行政機関、弁護士、税理士などの職業専門家、そして企業内の実務家、大学研究者など、それぞれ法律情報を業務で扱う専門家として社会に大きく貢献しているプロが中心です。そのプロであるお客様から支持され、無くてはならない空気のような存在であり続けるために、私たち第一法規は、社員それぞれがプロフェッショナルとなるべく、常に仕事の質の向上を目指しています。

  1. 自立した存在として自らの行動に責任がもてる人
  2. 相手が期待する以上の成果を出し続けることができる人
  3. 目標とするビジョンに向かって、最善の策を打ち出すことができる人

“カスタマーファースト”

私たちの仕事は、お客様を起点に物事を考え、プロであるお客様が正確かつ効率よく業務を遂行できるよう支援することです。

そのために、第一法規の社員には自立性が求められています。“自立性”とは、自ら考え自ら行動することを意味し、主として以下の3つの力(ちから)を含むものと考えています。

これらの力が社員一人ひとりに備わることで、第一法規がお客様にとって“無くてはならない存在”になっているのです。

社員に求められる“3つの力(ちから)”

洞察力 発想力 提案力

第一法規の“自立性”に含まれる3つの力とは、以下の力です。

  1. 1. 提案力
    お客様も認識していないことを自らの頭で考え、お客様の仕事
    のあり方そのものを提案していく。
  2. 2. 発想力
    目標とするビジョンを描き、相手が期待する以上の成果を出し
    続けるために最善の策を打ち出せる。
  3. 3. 遂行力
    自らの責任を全うし、仕事に真摯に取組み、あきらめずに最後
    までやり抜く粘り強さ。

プロに満足いただける質の追求

“プロ”に満足いただける質の追及のイメージ

商品開発、営業活動等の業務内容にかかわらず、仕事には常に「高い品質」が求められます。
弊社における「高い品質」とは、社員一人ひとりが「お客様と真摯に向き合う姿勢」、「信頼」、「自らの強み」を追求し、日々そのための努力を重ねることです。
言い換えると、第一法規の社員に求められる資質は、「行動の品質」、「商品・サービスの品質」を高いレベルに保ち、さらに高められる姿勢を持つということです。
社員自らが全ての要素で「高い品質」を意識し、自らの能力として習得していくことが、一人ひとりの個性の輝き、ひいては、お客様と強い信頼関係を築くことができるのです。