第一法規TOP

エントリー

お問い合わせ

システムの“プロ” 遠藤 智保(2004年入社)総合企画局業務改善推進部 全社員が関わるネットワークやシステム全般の保守・管理を担当している 遠藤智保さん。学生時代は文学部史学科に籍を置き、ネットワークの知識は全くないところから今の業務に就きました。「学生時代には想像もできなかった仕事ですが、いま、毎日が充実しています。」とのこと。どのような努力が今の満足に繋がっているのでしょうか。

システム管理担当者として働いていますが、具体的には現在、どのような仕事をしているのですか。

いまメインで担当しているのは、営業部門で利用しているクラウドサービスを使った情報共有管理システムの運用管理です。このシステムは、Web上で顧客管理などができるシステムですが、営業部門の社員の方たちがより利用しやすくなるよう日々改善しています。現場から受けた要望を、その都度プログラムに反映し、使い易くしていくという感じです。

システムのプログラムを直接修正するには、それなりの知識が必要だと思います。学生時代はSQL言語などの知識を全く持っていなかったと伺っていますが。

はい、ぜんぜん持っていませんでした(笑)。現在の部署に異動してから勉強しました。それまでの職歴は、商品プロモーションが中心の販売促進第一部や各営業部門を統括する営業管理部に在籍していました。どちらもプログラミングとは全く関係のない部署で、各営業部門の売上や利益率などの詳細なデータの分析を行ったり、経営会議に提出する営業活動のレポーティングを行うことが主な仕事でした。

入社以来ずっと営業関係の仕事をしてきましたが、現在の部署に異動するきっかけになったのは、前述の情報管理システムの導入に関わらせていただいたことです。そのとき、「システム管理って想像していたより楽しそう」と思いました。もともと数値データから分析資料を作ることは嫌いではなかったですし、それが形になるのはとてもやりがいがあって楽しい。「もっとやってみたい」と思って、現在の部署に異動希望を出しました。仕事中の遠藤さん

希望に沿った異動だったわけですね。しかし文系出身者の誰でもが務まる仕事でしょうか。

やる気と興味さえあれば大丈夫だと思います。私自身、プログラミングの知識は異動してきてから学びました。大事なことは、知識よりむしろ好奇心でしょうか。自分が手掛けたシステムがうまく動かなければ、立ち戻って再検証します。そういうことを面倒がらずに、楽しめる感覚があれば、文系理系は関係ありません。もちろん自分で勉強する必要も当然ありますが、先輩に教えていただいたり、必要な社外研修を受講することもできます。

話は変わりますが、文学部史学科卒であった遠藤さんが、第一法規に応募したきっかけを教えてください。

本が好きでしたので、「出版社で働きたい」と思ってはいましたが、当初は法律関係の出版社に就職するという考えはありませんでした。それでも学生時代に、法律というものを意識する場面はありました。学生時代はヨット部に所属していたのですが、県の条例が変わって、今まで通りの練習ができなくなるかもしれない事がありました。そのときに、周囲の人たちと法律を調べました。文学部の学生でしたので未知の分野でしたが、法律を身近に感じた瞬間でした。

第一法規で実際に働いてみて、会社の印象は変わりましたか。

入社前は「堅そうな会社」という印象がありました。でも、社員の方の面倒見が良く、入社以来困ったことについて質問をすると丁寧に答えてくれます。今でもいろいろ教えてもらっています。本当に働きやすい会社だと思います。

遠藤さんは育児休暇を取った後復職していますが、お子さんの面倒をみながら働いていて不便はありませんか。

はい。私には3歳の娘がおりますが、生まれたときもしっかり1年間育児休暇をいただきました。“ママ”の先輩も多くて、非常に心強いです。4度の育児休暇を経て復職された社員もいらっしゃいますので、気兼ねなく復職できました。

それから子どもが小学校にあがるまでは、急に熱を出してしまったときなどのために、年次有給休暇以外にも、看護休暇を法律の規定に上乗せして取得できたり、あらかじめ短時間勤務やフレックス勤務を申請することもできます。本当に子どもを持つ“ママ”には働き続けやすい職場だと思います。

インタビューを終えて

プライベートでは一児の母親、勤務時間中はシステム管理担当者として社員を支える立場の遠藤さん。「今の環境に大満足」としながらも、今後の目標については「もっとシステム的な知識を深めて、社員の業務負担の軽減に貢献できるように励みたい」という将来の夢も話してくれました。