ホーム > 業種・職種 > 自治・行政 > 施行令完全対応 自治体職員のための番号法解説【実務編】

施行令完全対応 自治体職員のための番号法解説【実務編】

定価

3,240 (本体:3,000円) 在庫あり

編著者名

宇賀克也 水町雅子 梅田健史 著

  • 単行本
  • 自治・行政
ISBN 978-4-474-03342-9
発刊年月日 2014-11-27
判型 A5判
ページ数 400
巻数 /番号法実務
商品コード 033423

商品概要

平成25年12月発行『完全対応 自治体職員のための番号法解説』待望の改訂版。番号法および番号法施行令等の実質的な設計者による信頼ある解説!

目次

序 章 番号制度導入の背景
1 個人番号の効果―基本4情報による対象者特定の非効率性
2 個人番号に対する保護の必要性
3 番号法の概要

第1章 地方公共団体に求められる対応
1 求められる対応事項
2 番号制度導入のための組織体制の決定
3 番号制度を導入すべき事務の検討、事務フローの策定
4 付番、個人番号カード交付事務フローの策定
5 特定個人情報保護体制の決定、保護マニュアル等の策定、研修の実施
6 情報保護評価の実施体制の決定、実施フローの策定
7 例規整備
8 システム対応
3 違反に対する制裁
4 終わりに



第2章 番号の利活用
1 概 略
2 個人番号利用事務実施者としての個人番号利用の実務
3 情報提供者・情報照会者としての地方公共団体
4 個人番号関係事務実施者としての地方公共団体
5 個人番号の通知者としての市町村長
6 番号法の導入スケジュール
7 おわりに

第3章 個人番号法・特定個人情報の保護
1 個人番号・特定個人情報の保護と地方公共団体
2 個人番号・特定個人情報の取扱いに関する各種規制への対処




第4章 例規の整備

第1節 総 論
1 番号法による規律と条例による規律
2 条例による規律の基本的手法
3 番号条例(仮称)制定方式

第2節 例規整備検討事項
1 総 論
2 特定個人情報の保護のための措置
(番号法29条を踏まえた条例改正)
3 情報提供等記録の保護のための措置
(番号法30条を踏まえた条例改正)
4 情報提供等記録以外の特定個人情報と情報提供等記録の異同
5 特定個人情報の利活用のための措置
(番号法をさらに活用するための条例改正)
6 その他の条例改正事項
7 条例改正総括
9 雇用者・使用者としての番号制度への対応

第3節 個人情報保護条例改正例文
    (鹿屋市モデル)
1 鹿屋市個人情報保護条例の目次
2 改正例文

第4節 個人情報保護条例改正例文
    (神奈川県モデル)
1 神奈川県個人情報保護条例の目次
2 改正例文

第5節 利活用条例例文
1 独自事務
2 庁内連携
3 団体内他機関連携(同一地方公共団体内の他の機関への提供)


第5章 システム対応と情報保護評価
1 はじめに
2 個人番号の付番関連システム
3 個人番号の管理関連システム
4 個人番号の利用関連システム
5 情報連携関連システム

商品の特色

●例規整備について、初版でご好評いただいた県条例を見本とした改正方法の解説に加え、市条例改正のパターンについても同様の手法で解説
●番号法に対応するための自治体のシステムの全体像を理解するための解説を新たに登載

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 速達速効!改訂学習指導要領×中央教育審議会答申
  • 危険物取扱者のための 危険物まるわかり辞典
  • 記載例で学ぶ居宅介護支援経過

このページのTopへ