ホーム > 業種・職種 > 法曹 > 論点体系 判例労働法1

論点体系 判例労働法1

定価

5,184 (本体:4,800円) 在庫あり

編著者名

菅野和夫 野川 忍 安西 愈 編集

  • 単行本
  • 法曹
ISBN 978-4-474-10316-0
発刊年月日 2015-02-18
判型 A5判//C3332
ページ数 630
巻数 /論点労働法1
商品コード 103168

商品概要

広範囲の法令に及ぶ労働紛争上の論点を、現在の問題を中心に体系的に整理し、実務上の論点を提示。判例の見解を簡潔に解説した実務家必携書。

目次

は しが き
編集 ・ 執筆者一覧
凡例

I 労働法の当事者概念

1 労働者性
(1)労働基準法上
(2)労慟組合法上
(3)労働契約法上
(4)その他

2 使用者性
(1)労働基準法上
(2)労慟組合法上
(3)労働契約上
(4)その他

3 就労形態と当事者性をめぐる問題
(1)派遣労働者
(2)個人事業主
(3)下請企業労慟者
(4)会社役員等

II 労働契約の基本的考え方

1 労働契約の基本原則

2 労働契約の権利義務
(1)使用者の義務
(2)労働者の義務-労働義務
(3)労働者の義務-付随義務
(4)労働者の権利

3 労働者の保護
(1)労働者の人権の尊重
(2)女性労働者の保護
(3)育児・介護
(4)バートタイム労慟者
(5)派遣労慟者
(6)障害者

III 労働条件の決定・変更

1 労働条件の規律
(1)法令
(2)労働契約
(3)就業規則
(4)労働協約
(5)労使慣行
(6)労働条件を決定する規律間の効カ関係

2 労働条件の変更
(1)就業規則による労働条件変更
(2)労働協約による労働条件変更
(3)労働契約の変吏

3 労働条件不利益変更有効性判断の具体例
(1)賃金
(2)労働時間
(3)休日・休暇
(4)福利厚生
(5)その他

IV 労働契約の成立・開始

1 労働契約の締結過程
(1)募集に係る規律
(2)採用遷考過程に係る規律

2 採用
(1)採用の自由とその限界
(2)採用内定
(3)その他

3 試用期間

V 労働契約の終丁

1 解雇
(1)解雇の自由とその制限
(2)普逼解雇
(3)整理解雇
(4)解雇手続
(5)解雇の承認
(6)解雇予告
(7)解雇制限期間(解雇禁止期間)
(8)解雇に関するその他の問題

2 有期労働契約と雇止め
(1)労働契約の期間に関する規制
(2)有期労働契約の契約終了に関わる法令の規制
(3)雇止めの可否をめぐる事例
(4)契約期間中の解雇
(5)その他

3 退職
(1)解雇と合意契約
(2)和解
(3)退職勧奨と合意契約
(4)退職の申入れの撒回・取消し
(5)依願退職と懲戒解雇
(6)依願退職と許可

4 定年・再雇用
(1)定年制
(2)高齢者雇用機会確保措置
(3)定年後再雇用の拒否
(4)定年後再雇用者の更新拒絶
Ž
5 休職制度と退職・解雇
(1)休職制度の概観
(2)傷病休職制度
(3)起訴休職制度
(4)在籍専従(組合専従)休職
(5)休職期間満了による退職・解雇が争われた事例

6 派遣労慟者の解雇・雇止め

7 公務員の免職
(1)公務員の労働法制概要
(2)分限免職
(3)懲戒免職

8 労慟契約終了後の法律関係
(1)就職あつせんを約した場合
(2)社宅等の明渡し

商品の特色

・労働法分野の第一線で活躍している研究者・弁護士が執筆。
・各項目で関連する法令を【関係法令】として明記。
・巻末には事項、判例索引に加え、法令索引も登載。

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 危険物取扱者のための 危険物まるわかり辞典
  • 記載例で学ぶ居宅介護支援経過

このページのTopへ