ホーム > 業種・職種 > 介護・福祉 > 生活保護のてびき 平成28年度版

生活保護のてびき 平成28年度版

定価

389 (本体:360円)  

編著者名

生活保護制度研究会 編集

  • 単行本
  • 介護・福祉
ISBN 978-4-474-05584-1
発刊年月日 2016-07-22
判型 A5判/C2036
ページ数 80
巻数 /保護(28)
商品コード 055848

商品概要

生活保護制度の「今」が理解できる、民生委員・児童委員は必携のハンディな一冊。生活保護法に基づく生活保護制度の内容や、最新の統計データを、図表等を用いてオールカラーでわかりやすく解説。参考資料として、市町村の級地一覧表等も掲載。 

目次

第1 生活保護制度のあらまし
 
1 わが国の公的扶助制度の歩み
 <一口メモ> 公的扶助
2 生活保護制度の目的
3 生活保護制度の基本原理
 <一口メモ> 自立支援プログラム
 <保護の動向 その1> 世帯類型別被保護世帯数の構成比の推移
 <保護の動向 その2> 世帯人員別世帯数の構成比の推移
 <保護の動向 その3> 保護率の推移
 <保護の動向 その4> 加算の受給件数
 <保護の動向 その5> 年齢階級別一般人口及び被保護人員の構成比
 <保護の動向 その6> 労働力類型別被保護世帯数の構成比
 <一口メモ> 扶養義務者に関する規定
 <一口メモ> 就労による早期の自立を目指した支援
 <一口メモ> 公的年金と生活保護
4 生活保護実施上の原則
 <一口メモ> 生活保護制度の見直しと生活困窮者対策の全体像
 
第2 保護とはどのようなものか

1 保護の要否
2 保護の種類と範囲
 <一口メモ> わが国の社会保障制度
 <保護の動向 その7> 扶助別被保護者世帯数
3 保護施設
4 保護の申請
 <保護の動向 その8> 住居の種類別被保護世帯数の構成比の推移
 <一口メモ> 生活保護の手続きの流れ
 
第3 保護の要否判定の仕方

1 世帯認定の仕方
 <保護の動向 その9> 保護受給期間別被保護世帯数の構成比の推移
 <一口メモ> 生活保護の実施機関
2 保護基準の考え方と現状
 <保護の動向 その10> 入院・入院外別医療扶助人員の推移
 <保護の動向 その11> 診療期間別医療扶助受給件数の構成比
 <保護の動向 その12> 病類別医療扶助受給件数の構成比
 <保護の動向 その13> 保護の開始理由別構成比の推移
 <保護の動向 その14> 保護の廃止理由別構成比の推移
3 収入認定の考え方
 <保護の動向 その15> 国の予算と生活保護費(当初予算)の年次推移
4 最低生活費と収入認定の具体的計算の方法
 <保護の動向 その16> 保護費予算額
5 就労自立給付金の創設について
6 被保護者就労支援事業
 
第4 被保護者の権利と義務

1 被保護者の権利と義務
 <保護の動向 その17> 国民医療費に占める医療扶助費の割合
2 保護の費用の返還と徴収
3 行政上の不服申立て
4 行政事件訴訟
 
第5 生活保護制度における
   最低生活費の算出方法
    
第6 収入認定額の計算の仕方

[参考]
1 市町村の級地一覧表
2 最低生活保障水準(月額)の具体的事例
【資料】
・被保護世帯数,人員及び保護率の年次推移
・都道府県・指定都市・中核市別保護率・被保護人員・世帯数
・保護施設の種類別施設数及び在所者数の推移

商品の特色

★見やすさを追求 最新の統計データに基づく図表やグラフが盛りだくさん。オールカラーで、過去のデータと共に掲載しているため、わかりやすさは抜群!

 

★実務に役立つわかりやすい解説 生活保護に携わる関係者(民生委員・児童委員、ケアマネジャーなど)が、日々の相談業務等に対応するうえで理解しておくべき「制度」のあらましや、「最低生活費と収入認定の具体的計算方法」等をわかりやすく解説しています。生活保護に携わる全ての方の強い味方です!

 

★平成28年度版では、収入認定額の計算の仕方がよりわかりやすくなりました。

  • 資料請求をする
  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 危険物取扱者のための 危険物まるわかり辞典
  • 記載例で学ぶ居宅介護支援経過

このページのTopへ