ホーム > 業種・職種 > 法曹 > 裁判官が説く民事裁判実務の重要論点[家事・人事編]

裁判官が説く民事裁判実務の重要論点[家事・人事編]

定価

4,536 (本体:4,200円) 在庫あり

編著者名

加藤新太郎 松本明敏 編集

  • 単行本
  • 法曹
ISBN 978-4-474-05452-3
発刊年月日 2016-12-08
判型 A5判/C3032
ページ数 452
巻数 /民裁実務家事
商品コード 054528

商品概要

判例を素材として論点ごとの課題を整理し、裁判実務の現状を明示するとともに、実務において主張に織り込むべき内容に指針を与え、解説。網羅的な学説の紹介、自説の展開を避け、学術的記述を抑え、裁判官の視点から実務に即して解説する。

目次

 
第1 婚姻・離婚に関する事件

 1 婚姻・離婚の無効、取消し 
 2 婚姻費用、養育費
 3 離婚
 4 有責配偶者からの離婚請求
 5 慰謝料請求
 6 財産分与
 7 年金分割
 8 親権者・監護権者の指定、子の引渡し、保全処分等
 9 面会交流
 10 渉外事件
 11 調停に代わる審判
 
第2 親子関係に関する事件

 1 嫡出否認、親子関係不存在
 2 認知無効、取消し
 
第3 養子縁組に関する事件

 1 離縁
 2 養子縁組無効、取消し
 
第4 相続に関する事件

 1 遺産分割
 2 遺留分減殺
 3 祭祀承継
 4 特別縁故者
 
第5 成年後見に関する事件

 1 後見開始

商品の特色

①家事事件・人事事件において系統的に整理した項目ごとに設例を作成し、そこにあらわれる重要論点について、現在の判例法理、学説の議論状況を客観的に明示する。

 

②判例から想を得て作成された設例について、BasicInformation 、設例に対する回答、解説の順で解説し、法律実務家として知っておくべき実体法上、訴訟法上の問題点を明示することにより、本書で完結的に法的情報を得ることができ、さらに、参考文献により深堀りすることも可能である。

 

③当該分野に精通する現職の裁判官が、現在の裁判実務の実際について、相場観を含めて運用レベルの問題まで解説する。

  • これは廃棄物?だれが事業者?お答えします!廃棄物処理
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 速達速効!改訂学習指導要領×中央教育審議会答申
  • 司法試験用六法[平成29年版]
  • 記載例で学ぶ居宅介護支援経過

このページのTopへ