ホーム > 業種・職種 > 企業法務 > これ一冊で即対応 平成29年施行改正個人情報保護法

これ一冊で即対応 平成29年施行改正個人情報保護法

Q&Aと誰でもつくれる規程集

定価

2,808 (本体:2,600円)  

編著者名

渡邉雅之 著

  • 単行本
  • 企業法務
ISBN 978-4-474-05724-1
発刊年月日 2016-11-29
判型 A5判/C2032
ページ数 338
巻数 /29改個人情報
商品コード 057240

商品概要

平成29年9月までに全面施行される「改正個人情報保護法」について、企業が対応するべき制度内容を「Q&A」と「クイズ」でわかりやすく解説。10月に公布された施行規則と同月公表のガイドライン案の内容をいち早く織り込んだ解説書。

目次

Ⅰ 平成29年施行改正個人情報保護法のQ&A

 
1  個人情報保護法とはどのような法律ですか?

2  個人情報保護法の改正の経緯・施行時期について教えてください。

3  個人情報保護法の改正の背景・改正の概要について教えてください。

4  「EUデータ保護指令」や今後新たに定められる「EUデータ保護規則」が個人情報保護法の改正にどのような影響を与えるのか教えてください。また、米国がEUとの間で締結していたセーフハーバー協定や新たに締結したEU-US Privacy Shieldについても教えてください。

5 個人情報の定義が拡充し、個人の身体的特徴を変換した符号や個人に割り当てられた番号などが新たに個人情報となるということですが、具体的な内容について教えてください。

6 改正個人情報保護法において設けられたビックデータに関する規律について教えてください。

7 改正個人情報保護法の施行により、個人情報の利用目的の変更が容易になるとのことですが本当ですか。

8 改正個人情報保護法では、機微情報(センシティブ情報)について、「要配慮個人情報」として定められるとのことですが、その具体的内容と規制について教えてください。

9 個人データの第三者提供に係る確認・記録義務が設けられるとのことですが具体的な内容について教えてください。

10 改正個人情報保護法により、個人情報データベース等を漏えいした場合に刑事罰が適用されることになるのですか。

11 改正個人情報保護法においてはオプトアウトの方法による個人データの第三者提供の手続が厳格化するとのことですが、その具体的な内容について教えてください。

12 個人情報取扱事業者が個人データを外国にある第三者に提供する場合には、新たにどのようなルールが設けられるのですか?

13 改正法により、日本国外の事業者に対しても個人情報保護法の規定が域外適用されることになるのですか?

14 本人による個人情報取扱事業者に対する保有個人データの開示、訂正等、利用停止等および第三者提供の停止については、どのような改正がなされますか。

15 改正保護法により、利用しなくなった個人データは消去しなければならなくなるのですか。

16 改正個人情報保護法により、これまで個人情報取扱事業者でなかった小規模事業者にも個人情報保護法の規定が適用されるようになるとのことですが具体的に教えてください。

17 改正個人情報保護法の施行により、個人情報取扱事業者に求められる安全管理措置はどのようになりますか。また、個人情報保護委員会は安全管理措置に関してどのようなガイドラインを定めるのでしょうか。

18 改正個人情報保護法においては、電話帳や名簿が「個人情報データベース等」から適用除外されるということですが本当ですか?

19 個人情報保護委員会は、どのような権限を有する委員会ですか。

20 改正個人情報保護法が全面施行されると、個人情報保護委員会による外国執行当局との間でどのような情報提供に関する枠組みが設けられるのでしょうか。

21 認定個人情報保護団体とはどのような団体ですか。改正個人情報保護法によりどのように規制が変わりますか。

22 改正個人情報保護法と番号法はどのような点が共通し、どのような点が異なりますか。

 
Ⅱ 資料編

 
個人情報取扱規程

情報漏えい等事案等対応手続

個人情報保護指針

当社における個人情報の取扱いについて

保有個人データの開示等に関する手続

商品の特色

・本年10月公布・発表の施行規則・ガイドライン案の内容をいち早く織り込んだ解説です。

・企業が守るべき「個人情報」と「マイナンバー」との関係性について両方の制度に精通した弁護士による執筆の書籍です。

・すぐ検討のためにつかえる規程ひな型を掲載。条文設置の根拠となる情報へのリンクも充実。

・新たに対象となる中小企業等がとるべき制度対応実務を、「Q&Aで理解⇔クイズで確認」のプロセスで、制度の背景から効率的に理解できるように編集しました。

《追加情報》本書発刊後に重要改正がありました。詳細につきましてはこちらをご覧ください。
 

  • 資料請求をする
  • これは廃棄物?だれが事業者?お答えします!廃棄物処理
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 速達速効!改訂学習指導要領×中央教育審議会答申
  • 危険物取扱者のための 危険物まるわかり辞典
  • 記載例で学ぶ居宅介護支援経過

このページのTopへ