ホーム > 業種・職種 > 法曹 > 裁判官が説く民事裁判実務の重要論点[基本原則(権利の濫用)編]

裁判官が説く民事裁判実務の重要論点[基本原則(権利の濫用)編]

裁判官の視点で、弁護士の適切かつスピーディーな訴訟活動をナビゲート!

定価

4,212 (本体:3,900円) 在庫あり

編著者名

加藤新太郎 小林康彦 編

  • 新刊
  • 単行本
  • 法曹
ISBN 978-4-474-05594-0
発刊年月日 2018-02-13
判型 A5判/C3032
ページ数 306
巻数 /民裁実務権利濫用
商品コード 055947

商品概要

判例を素材として論点ごとの課題を整理し、裁判実務の現状を明示するとともに、実務において主張に織り込むべき内容に指針を与え、解説。網羅的な学説の紹介、自説の展開を避け、学術的記述を抑え、裁判官の視点から実務に即して解説する。

目次

第1 民法(財産法)と権利の濫用
 1 借地権の対抗力
 2 建物賃貸借の対抗力
 3 隣家の日照・通風を妨害する建物建築と不法行為
 4 景観利益の侵害による不法行為
 5 継続的契約の解約
 6 消滅時効の援用

第2 民法(家族法)と権利の濫用
 1 内縁の夫の相続人による、内縁の妻に対する明渡請求
 2 子の監護費用の分担の求め
 3 親子関係不存在の主張
 4 遺留分減殺請求権の行使

第3 会社法、労働法と権利の濫用
 1 法人格の主張
 2 株主代表訴訟の提起
 3 使用者による労働者の懲戒
 4 企業の人事権の行使
 5 解 雇

第4 民事手続と権利の濫用
 1 訴えの提起
 2 訴訟上の相殺の抗弁
 3 請求異議事由としての権利濫用
 4 取立権による債務者の生命保険契約の解約

商品の特色

○権利の濫用について判断された訴訟をベースに、系統的に整理した項目と設例を作成し、そこにあらわれる重要論点について、現在の判例法理、学説の議論状況を客観的に明示する

○判例から想を得て作成された設例について、BasicInformation 、設例に対する回答、解説の順で解説し、法律実務家として知っておくべき実体法上、訴訟法上の問題点を明示することにより、完結的に法的情報を得ることができる

○さらに、参考文献により深堀りすることも可能

○当該分野に精通する現職の裁判官が、現在の裁判実務の実際について、相場観を含めて運用レベルの問題まで解説する。

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ