ホーム > 業種・職種 > 人事労務 > 小さな会社でもできた!働き方改革 残業ゼロの労務管理

小さな会社でもできた!働き方改革 残業ゼロの労務管理

長時間労働を削減し、かつ組織の生産性を上げたい中小企業経営者のために!

定価

2,592 (本体:2,400円) 在庫あり

編著者名

望月建吾 木村純一 著

  • 新刊
  • 単行本
  • 人事労務
ISBN 978-4-474-06333-4
発刊年月日 2018-02-14
判型 A5判/C2032
ページ数 214
巻数 /残業ゼロ
商品コード 063339

商品概要

特定社会保険労務士である著者が、200件を超える企業で成功した働き方改革につながる「残業ゼロの労務管理」の取組みから、蓄積されたすぐに使えるノウハウをわかりやすい表現で記述する。業種別の成功例も紹介。

目次

第1章 小さな会社・医建エンジニアリングの1年間
 1.残業という名の魔物
 2.非常事態の長時間労働
 3.長時間残業のある社員の一日
 4.残業削減プロジェク卜の立ち上げ
 5.残業ゼロの労務管理TMとの出会い
 6.就業規則ワーキンググループ(WG)活動
 7.愚痴ではなく提案を議論し合う場
 8.「健康日(ノー残業デー)」の導入
 9.健康日で残業2割削減を達成するも
 10.戦略投資で外回り担当者の事務作業軽減
 11.低予算での強制消灯導入
 12.あの手この手の「残業ゼロ破り」
 13.当社のとった最終手段とは?
 14.従業員自身が作った基準で評価を見える化
 15.スケジュールと成果物の予実管理で業務精度がアップ
 16.先進的な取組みとしてテレビ出演
 17.増員なしで残業半減、売上2割アップ!!
 18.残業ゼロで高付加価値化!顧客満足度もアップ!!
 19.生産性アップを原資に1.5倍の賞与を支給!
 20.さらなる目標は残業ゼロへ

第2章 残業をゼロにして生産性をアップさせる仕組みづくりとは?
 1.“残業代削減”ではなく、残業ゼロでも生産性を上げられる組織づくり
 2.高度プロフェッショナル制度で残業削減をする必要がなくなる??
 3.残業ゼロの労務管理TMで行う3つの仕組みづくりとは?
 4.正しい残業ゼロの労務管理TMで生産性・顧客満足度・従業員賃金の3つがアップできる!
 5.残業ゼロの労務管理TMはワーキング・グループで進める!
 6.「退社時刻の宣言と実績管理」で残業してしまう原因を潰す!
 7.「余裕時間の一括管理」が我が国特有のサバ読みの重層化を防ぐ
 8.他人任せの業務の標準化は空中分解の危険性大!同僚からのダメ出しを活かし標準化していこう89
 9.成果だけではなく、役割責任や成果を生み出す過程も評価できる人事制度を整備しましょう

第3章 業種別小さな会社12の成功事例
 1.まずは“社長が残業ゼロ”で帰る!
   ―【従業員数5名の東京都内の出版業A社】の事例―
 2.“ノー残業デー”を持続させる2つの取組み!
   ―【従業員数15名の都内のプラスティック製品メーカーB社】の事例―
 3.少額投資でOK!“強制消灯システム”と“入室管理システム”の導入
   ―【従業員数10名の都内のシステム開発業C社】の事例―
 4.残業削減に効く“残業申請&報告書式”はこれ!
   ―【従業員数20名の神奈川県内の医療機器メーカーD社】の事例―
 5.“形骸認印”を押させないための管理職技能の底上げ!
   ―【従業員数15名の都内の建築検査業E社】の事例―
 6.“簡単なIT活用”で事務作業の省力化!
   ―【従業員数20名の埼玉県内の建築業F社】の事例―
 7.“分業化”でムリ・ムラ・ムダをなくす!
   ―【従業員数15名の都内の医療機器メーカーG社】の事例―
 8.“業績偏重の人事評価”をやめる!
   ―【従業員数10名の千葉県内の不動産仲介業H社】の事例―
 9.従業員の“残業ゼロ破り”への対処法!
   ―【従業員数20名の都内の公益社団法人I社】の事例―
 10.“顧客都合”を言い訳にしない!
   ―【従業員数20名の埼玉県内の建設業J社】の事例―
 11.“手のひらサイズ”の目標設定で従業員を巻き込む!
   ―【従業員数15名の神奈川県内の歯科クリニックK歯科医院】の事例―
 12.残業ゼロでもこれまで以上の“ 賃金水準” を維持!
   ―【従業員数20名の都内の創薬メーカーL社】の事例―

第4章 残業ゼロを目指す就業規則づくりと日々の労務管理のキモ
 1.【残業申請の形骸化】「残業の事前申請・許可制」の徹底で長時間労働に頼った緩慢な業務遂行を防止!
 2.【名ばかり管理職】“ 管理職” の未払い残業代リスクに注意!
 3.【みなし残業手当】“年俸制”や“営業手当”では未払い残業代リスクはなくならない!
 4.【裁量労働制】裁量労働制は“残業代免除”の免罪符ではない!
 5.【賞与で後払い】時間外・休日労働手当を賞与で後払いするのは違法!

第5章 限られた時間内で生産性を上げるための経営者の「課題と行動ルール」
 1.行動が伴わない“意識改革”は無意味
 2.できることを1つでも見つけて必ず行動すること
 3.「残業ゼロ」成功への第一歩は「社長の真剣度」を示すこと
 4.「業務」として正しく「評価」すること
 5.“言い訳の谷”を埋めて行動すること
 6.“キラキラワード”から卒業すること
 7.手のひらサイズの「目的」を設定すること
 8.残業ゼロでも賃金水準は維持すること
 9.出始めた小さな芽をすぐに刈り取らないこと
 10. 時には積極的な投資も有効であることを理解し行動すること

商品の特色

○大企業では実施できても、小さな会社には汎用性がないこれまでの改革の手法とは違う!

○小さな失敗や停滞などを経験しながらも、実際に長時間労働が減り生産性のアップを達成した実例を基にノウハウを紹介

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ