ホーム > 業種・職種 > 企業法務 > 国際弁護士が教える海外進出やっていいこと、ダメなこと

国際弁護士が教える海外進出やっていいこと、ダメなこと

海外ビジネス展開の進め方がわかる!何がOK?何がNG?海外ビジネス展開のノウハウが満載!

定価

2,808 (本体:2,600円) 在庫あり

編著者名

絹川恭久 著

  • 新刊
  • 単行本
  • 企業法務
ISBN 978-4-474-06307-5
発刊年月日 2018-03-16
判型 A5判/C2032
ページ数 260
巻数 /海外進出のイロハ
商品コード 063073

商品概要

海外進出している、あるいはこれから海外進出を目指す中小企業の経営者・担当管理職が、海外進出対象国の現地法の基礎的知識や専門家の活用法、やっていいこと、ダメなことなど、海外進出のイロハを学ぶための解説書。

目次

第Ⅰ章 はじめに
第Ⅱ章 海外進出の形態の整理
第Ⅲ章 各進出段階のトラブル事例と対応策
第Ⅳ章 契約書の重要性とその作成ノウハウ
第Ⅴ章 海外進出におけるEコマースの活用法と注意点
第Ⅵ章 海外進出専門家の活用法
第Ⅶ章 海外進出を控えての準備について
第Ⅷ章 専門家利用コストはこうして減らす
第Ⅸ章 終わりに

商品の特色

○海外進出企業から著者が実際に相談を受けた事例を基に、失敗談やトラブル事前対処法がわかる

○良い専門家(相談先)・悪い専門家の見わけ方、各進出段階でのやっていいこと・ダメなことを明示して、実際にトラブル事例が起きてしまった場合の対応策がわかる

○海外進出時の経費節減方法がわかる

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ