ホーム > 業種・職種 > 法曹 > 裁判官と弁護士で考える 保険裁判実務の重要論点

裁判官と弁護士で考える 保険裁判実務の重要論点

保険裁判に精通した裁判官と弁護士の視点で、適切かつスピーディーな訴訟活動をナビゲート!

定価

5,184 (本体:4,800円) 在庫あり

編著者名

加藤新太郎 高瀬順久 出張智己 編集

  • 新刊
  • 単行本
  • 法曹
ISBN 978-4-474-05817-0
発刊年月日 2018-06-26
判型 A5判/C3032
ページ数 564
巻数 /保険裁判実務
商品コード 058172

商品概要

現在の保険裁判実務について、当該分野に精通する裁判官と弁護士が解説。実際の保険裁判例をベースに、系統的に整理した項目と設例を作成し、そこにあらわれる重要論点について、現在の判例法理や議論状況を客観的に明示する。

目次

Ⅰ 損害保険
 1 保険契約の成立
 (1)損害保険契約の成立
 (2)保険契約の錯誤無効
 (3)保険契約の更新と説明義務
 (4)説明義務違反と慰謝料請求
 2 保険契約の効力
 (1)損害保険契約の無効、休止・復活
 (2)保険料分割払特約における滞納保険料の全額支払
 3 保険給付
 (1)火災保険事故の偶然性
 (2)車両総合保険の保険事故の偶然性
 (3)免 責
 (4)地震免責
 (5)被保険利益
 (6)損害発生の通知義務、損害防止費用
 (7)保険者が代位により取得する権利
 (8)弁護士賠償責任保険
 4 保険契約の終了
 (1)告知義務・危険の増加
 (2)自動車の用途変更と危険の増加

Ⅱ 生命保険
 1 保険契約の成立
 (1)遡及保険(承諾前死亡)
 (2)説明義務
 2 保険契約の効力
 (1)保険契約の無効
 (2)保険金受取人の指定及び変更
 (3)保険金受取人の死亡
 3 保険給付
 (1)免責事由(自殺免責期間後の自殺)
 (2)免責事由(精神障害における自殺)
 4 保険契約の終了
 (1)告知義務
 (2)生命保険契約の解除(重大事由解除)
 (3)生命保険契約の失効・復活

Ⅲ 第三分野
 1 保険給付
 (1)給付事由(保険事故)の急激性
 (2)給付事由(保険事故)の偶然性
 (3)重過失の意義・重過失と事故の偶然性の関係
 (4)給付事由(保険事故)の外来性
 (5)嘔吐物の誤嚥の外来性・外来性の検討対象の範囲
 (6)不作為を内容とする監督義務違反と外来性との関係
 (7)保険事故との因果関係
 (8)契約前発病不担保条項
 (9)免責事由
 2 保険契約の終了
 (1)告知義務違反解除
 (2)その他の解除事由
 (3)傷害疾病定額保険の解除

商品の特色

○判例から想を得て作成された設例について、Basic Information 、問題の所在、検討の順に解説し、法律実務家として知っておくべき実体法上、訴訟法上の問題点を明示することにより、本書で完結的に法的情報を得ることができ、さらに、参考文献により深掘りすることも可能となるよう編集。

○具体的な設例を通じて、訴訟遂行上の留意事項がわかりやすく端的に理解できる。

○保険裁判で取り上げるべき判例が的確にわかる。

○保険裁判に精通した「裁判官」「弁護士」両者の視点から、実務の考え方、押さえておくべき論点、訴訟遂行上抜け落ちやすいポイントをバランスよく把握できる。

 

【お詫び】

本書において執筆者名の表記の一部に誤りがありました。

謹んでお詫び申し上げますとともに訂正いたします。

⇒ 正しい内容はこちらからご確認ください。

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説
  • 自治体職員のための実践公会計セミナー ~仕組み作りと体制整備~

このページのTopへ