商品検索

ゲストさん


法曹

【プロとしてベストプラクティスを目指す!】


【6回連続講座】
■プロフェッショナル民事訴訟実務セミナー 2019
~本では学べない 弁護士の流儀~
 本セミナーは、2012年から開催の「一流の弁護士になるための基礎力向上セミナー」(講師:加藤新太郎氏)受講の多くの皆様からいただきましたご要望にお応えする連続講座セミナーです。
 “プロとしてベストプラクティスを目指す” をコンセプトに、訴訟実務に関する知識を、理論にとどまらず、具体的なエピソードを取り上げながら分かりやすく解説します。
 昨年より、受講の多くの皆様からのご要望にお応えし、『書面作成のベストプラクティス』と題し一審から抗告審までのプロとしての書面作成のための講座セミナー(第2回目)が加わりました。
 昨年同様に、各回とも講師に直接確認できる質疑応答の時間も設けております。また、回毎(単発)の受講申込みも承ります。ぜひ、この機会に受講いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

講師: 加藤新太郎氏 中央大学大学院法務研究科教授・元東京高等裁判所長官代行


■開催日時・セミナープログラム 

※内容は一部変更となる場合もございます。
※各回とも質疑応答の時間があります。
■第1回  ★満員御礼! お申込み受付を終了させていただきました。
■セミナー名: 『主張・反論のベストプラクティス』
■日 時: 2019/9/14(土)13:30-16:00(受付開始 12:30)
■プログラム: プロフェッショナル民事訴訟実務セミナーの目的/基本を外さない執務(受任編)/紛争全体像の提示-事案の咀嚼-/適切な法的構成・主張/適切な反論


■第2回  ★満員御礼! お申込み受付を終了させていただきました。
■セミナー名: 『書面作成のベストプラクティス』
■日 時: 2019/9/21(土)13:30-16:00(受付開始 12:30)
■プログラム: 前提―裁判官の執務実態/基本を外さない書面作成/早期に自己の優位性を印象付ける書面(一審)/控訴審/上告審/抗告審


■第3回  ★満員御礼! お申込み受付を終了させていただきました。
■セミナー名: 『民事立証技術(書証編)』
■日 時: 2019/10/05(土)13:30-16:00(受付開始 12:30)
■プログラム: 民事訴訟と弁護士の力量/争い方の類型/証明とは何か/契約型紛争/契約型紛争と事故型紛争/立証計画と実践/書証を読み解く/書証の信用性を吟味するための人証


■第4回  ★満員御礼! お申込み受付を終了させていただきました。
■セミナー名: 『民事尋問技術』
■日 時: 2019/10/19(土)13:30-16:00(受付開始 12:30)
■プログラム: 証人尋問に必要なスキルをどこで学んだか/よい尋問とは何か/民事訴訟法の手続構造における人証の位置付け/尋問はどうしたら成功するか/主尋問について/反対尋問について/尋問技術を考える/証言と事実認定/民事尋問技術と民事弁護の質との関係の実証的研究


■第5回  ★満員御礼! お申込み受付を終了させていただきました。
■セミナー名: 『裁判官の心証形成』
■日 時: 2019/11/16(土)13:30-16:00(受付開始 12:30)
■プログラム: 心証形成の内実/裁判官はいつ心証を形成するか/心証形成の要因/控訴審における心証形成/事件のスジと心証形成/裁判官の心証を見据えた訴訟活動の意味


■第6回  申し込む
■セミナー名: 『和解・交渉のベストプラクティス』
■日 時: 2019/11/23(土)13:30-16:00(受付開始 12:30)
■プログラム: 合意型解決の問題点/和解のできにくい地域があるか/裁判官40年の経験から/必ず和解に失敗する10のパターン/和解の成立事例とその要因(医療訴訟を例にして)/和解の上手な訴訟代理人/参考としての交渉理論・スキル/リーガル・ネゴシエーション(法的交渉)の類型/契約締結交渉の実相/債権回収交渉の実相/紛争解決交渉の実相/和解のスキルアップのために


■受講料:
●セット(全6回)受講料:お一人様 41,984円(税込)(セット申込優待価格・予約前納制)

●回毎(単発)受講料:
 =1・2回目 お一人様 税込8,640円(予約前納制)
 =3回目以降 お一人様 税込8,800円(予約前納制)
※回毎(単発)での複数回申込みも承ります。
※前回までの「プロフェッショナル民事訴訟実務セミナー」若しくは「一流の弁護士になるための基礎力向上セミナー」受講者様又は同一法律事務所で複数人受講申込みのお客様若しくは「第一法規主催セミナーご招待券」お持ちのお客様においては、優待価格(1割引:7,776円(税込))にて受講いただけます。
※お申込者様に、請求書を送付させていただきます。全額入金確認後に、受講票を送付させていただきます。


■定 員:50名 ※各回先着順50名様限定セミナーです。定員になり次第、締め切らせていただきます。

■会 場:
第一法規ビル9階ホール(東京都港区南青山2丁目11番17号)
⇒map :
http://www.daiichihoki.co.jp/company/network/tokyo.html


【書籍ご紹介】
論点体系 判例民法<第3版> 論点体系 判例民法<第3版>(全11巻) 編集: 能見善久 加藤新太郎
民法における判例の状況を逐条形式で解説した判例コンメンタール。条ごとに、実務家が押さえておきたい法律上の問題点(論点)を体系化し、論点ごとに判例の到達点をわかりやすく明示。第3版は、債権法、相続法改正に対応し、全11巻に拡充。


裁判官が説く民事裁判実務の重要論点[名誉毀損・プライバシー侵害編] 裁判官が説く民事裁判実務の重要論点[名誉毀損・プライバシー侵害編]
編集: 加藤新太郎 和久田道雄

○名誉毀損・プライバシー侵害について判断された訴訟をベースに、系統的に整理した項目と設例を作成し、そこにあらわれる重要論点について、現在の判例法理、学説の議論状況を客観的に明示!
○判例から想を得て作成された設例について、Basic Information、設例に対する回答、解説の順で解説し、法律実務家として知っておくべき実体法上、訴訟法上の問題点を明示!
○当該分野に精通する裁判官が、現在の裁判実務の実際について、相場観を含めて運用レベルの問題まで解説!


裁判官と弁護士で考える 保険裁判実務の重要論点 裁判官と弁護士で考える 保険裁判実務の重要論点
編集: 加藤新太郎 高瀬順久 出張智己

○判例から想を得て作成された設例について、Basic Information、問題の所在、検討の順に解説し、法律実務家として知っておくべき実体法上、訴訟法上の問題点を明示!
○判例をベースにした具体的な設例を通じて、訴訟遂行上の留意事項がわかりやすく端的に理解できます!
○保険裁判に精通した「裁判官」「弁護士」両者の視点から、実務の考え方、押さえておくべき論点、訴訟遂行上抜け落ちやすいポイントが把握できます!


裁判官が説く民事裁判実務の重要論点[基本原則(権利の濫用)編] 裁判官が説く民事裁判実務の重要論点[基本原則(権利の濫用)編]
編集: 加藤新太郎 小林康彦

○権利の濫用について判断された訴訟をベースに、系統的に整理した項目と設例を作成し、そこにあらわれる重要論点について、現在の判例法理、学説の議論状況を客観的に明示!
○判例から想を得て作成された設例について、BasicInformation 、設例に対する回答、解説の順で解説し、法律実務家として知っておくべき実体法上、訴訟法上の問題点を明示!
○当該分野に精通する現職の裁判官が、現在の裁判実務の実際について、相場観を含めて運用レベルの問題まで解説!


裁判官が説く民事裁判実務の重要論点[契約編] 裁判官が説く民事裁判実務の重要論点[契約編]
編集:加藤新太郎 松田典浩

○契約関係の訴訟において系統的に整理した項目ごとに設例を作成し、そこにあらわれる重要論点について、現在の判例法理、学説の議論状況を客観的に明示!
○判例から想を得て作成された設例について、BasicInformation 、設例に対する回答、解説の順で解説し、法律実務家として知っておくべき実体法上、訴訟法上の問題点を明示!
○当該分野に精通する現職の裁判官が、現在の裁判実務の実際について、相場観を含めて運用レベルの問題まで解説!


論点体系 判例民法<第2版> 裁判官が説く民事裁判実務の重要論点[家事・人事編]
編集:加藤新太郎 松本明敏

○家事事件・人事事件において系統的に整理した項目ごとに設例を作成し、そこにあらわれる重要論点について、現在の判例法理、学説の議論状況を客観的に明示!
○判例から想を得て作成された設例について、BasicInformation 、設例に対する回答、解説の順で解説し、法律実務家として知っておくべき実体法上、訴訟法上の問題点を明示!
○当該分野に精通する現職の裁判官が、現在の裁判実務の実際について、相場観を含めて運用レベルの問題まで解説!


判例法理から読み解く 企業間取引訴訟 判例法理から読み解く 企業間取引訴訟
編集代表:加藤新太郎 編集:金丸和弘 清水建成 奈良輝久 日下部真治

○企業間取引における「契約締結時の法的リスク最小化」と、あるべき「訴訟戦略の樹立と訴訟追行」を判例法理から徹底解明!
○第一線で活躍するビジネスロイヤーの実務経験と研究成果に基づき、多角的な視点から法的問題を深く分析・検討
○「企業間取引」における民法改正の影響を、中間試案、要綱案決定までの審議内容及びその結果を踏まえ解説



◇申込・照会先: 第一法規株式会社 販売促進局販売促進第一部 担当:並木・滝口・森元
         TEL 03-3796-5421  FAX 0120-202-982

【お申込み欄】

ファクスでのお申込みはこちら
PDF
【申込書PDF】

印は必須です。


セット(全6回)をお申込みの方はこちらを選択してください。
プロフェッショナル民事訴訟実務セミナー2019【セット(全6回)】

回毎(単発)お申込みの方はご希望日を選択してください。
※複数回申込みも承ります。

 プロフェッショナル民事訴訟実務セミナー2019【第1回】20190914
 プロフェッショナル民事訴訟実務セミナー2019【第2回】20190921
 プロフェッショナル民事訴訟実務セミナー2019【第3回】20191005
 プロフェッショナル民事訴訟実務セミナー2019【第4回】20191019
 プロフェッショナル民事訴訟実務セミナー2019【第5回】20191116
プロフェッショナル民事訴訟実務セミナー2019【第6回】20191123

会社名・事務所名


お申込人数


ご住所
-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名


部署名


  役職


受講者名


  受講者名2


電話番号
- -

FAX番号
- -

メールアドレス


受講票送付方法
メール
FAX
郵送

受講料お支払方法
指定口座への事前振込み
*郵送にて支払口座のご案内・受講票をお送りいたしますので、記載の口座へセミナー開催日の1週間前までにお支払ください。
※お支払期日を過ぎた場合は、当日現金にてお支払いください。お振込手数料は各自ご負担ください。また、お振込後のキャンセルは、原則返金いたしませんのでご了承ください。領収書宛名のご希望等、ご連絡事項などもこちらにご記入ください。


本セミナーをどこで知りましたか?
本サイトを見て
弊社メールマガジン(その他)
第一法規からのご案内文書
検索エンジン(yahoo,google等)
弊社社員より案内
社内・事務所メンバーより聞いた
広告(雑誌・新聞)
広告(WEB)
その他
弊社メールマガジン(セミナー通知メール)

 備考欄
※今回のセミナーテーマに関するご質問・課題などがございましたらご記入ください。
※領収書宛名のご希望等、ご連絡事項などもこちらにご記入ください。


個人情報の取扱いへの同意
同意する こちらをご確認ください

※個人情報の利用目的については、『個人情報の取扱いについて』を必ずお読み下さい。
これにより、弊社製品およびセミナー等のご案内メールを送付する場合がございますが、
こちらからいつでも解除することができます。
※ご入力いただいた情報の取り扱いについては『
プライバシーポリシー』を必ずお読みください。




このページのTopへ

  • トップ
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お問合せ
  • 当サイトについて
  • プライバシーポリシー
  • 第一法規ストア
  • 書店
  • 広告掲載

Norton SECURED