picture 体系的に構築された、信頼のリーガルデータベース
判例体系
昭和28年以来、加除式書籍で提供してきた『判例体系』のインターネット版。 約22万件の判例を収録。研究者・実務家によって執筆された判例要旨を理論体系・法条別体系に分類整理しています。より精度の高い検索を行うため、通常の検索項目に加え、事項(講学上・実務上の用語)による検索、法学的分野・論点を指定して検索する体系目次(項目)検索等、豊富な検索機能を備え、実務・研究に非常に有用です。さらに、日次でのデータ更新を実現。最新の判例をタイムリーに確認できます。

■収録対象:公刊・民刊の判例誌(約100誌)に公表された判例及び独自入手判例、判例書誌約220,000件、要旨約350,000件、本文約200,000件、判例タイムズ解説約39,000件
■主な機能:検索(フリーワード、事項、体系目次など)、参照(審級関係判例、関連判例など)、判例タイムズの解説・判示事項

D1-Law.com 解説検索

使い方紹介 movie #1
【新着情報】

「新着情報」では、「最近の注目判決」等の情報が一覧で確認できます。
トップ画面上部にある「新着情報」から最近の注目判決と新規登載判例を事件別に確認できます。

picture

使い方紹介 movie #2
【事項検索】

事項検索は検索したいワードが判決文や判決要旨に含まれていなくても、実務上利用すると考えられる用語を各判例にキーワードとして設定しているため、より精度の高い検索ができます。

picture

使い方紹介 movie #3
【体系目次】

D1-Law.com判例体系は、その論点・争点を元に判例を分類・整理し 体系化しています。その体系化された目次から類似した判例を絞り込んでいく機能が、「体系目次」です。

picture




使い方紹介 movie #4
【引用・被引用判例、連想判例表示機能】

引用 被引用判例表示機能とは、表示されている判例が引用している判例や、その判例を引用している判例にリンクする機能です。
画面の本文中のリンクもしくは、右フレームの項目からクリックひとつで該当の判例を参照できます。

picture

使い方紹介 movie #5
【論点・争点別の要旨情報】

D1-Law.com判例体系は現役の裁判官を含めた約160名の執筆陣が論点・争点別に分類・整理し要旨をまとめています。ご覧のように 論点・争点が複数ある場合も丁寧に要旨を整理・分類して表示しています。

picture

Point #1
本文と要旨を一画面で

picture

検索結果画面での要旨全文表示や、詳細画面では、本文と要旨を同時に確認できます。

picture

Point #2
関連情報の充実

picture

各判例に関連する情報へのリンクにより、様々な視点からの考察ができます(判例評釈、参照法令、イメージ、この判例を引用する判例、連想判例)。

picture

Point #3
判例本文内引用参照

picture

判決文中に引用されている法令、判例を参照します。

picture





Point #4
探したい“争点・論点”の判例を正確に検索する体系目次検索

picture

第一線の専門家が争点・論点から判例を分類・整理して体系化、同じ争点・論点の判例を正確に検索します。

picture

Point #5
事項キーワードによる検索

picture

検索したいキーワードが判決文や判決要旨に含まれていなくても、各判例に実務上利用されると考えられる用語が事項キーワードとして紐づけられているため、検索したい法律的意味合いを含む判例を漏れなく検索できます。

picture

Point #6
連想語、関連語による検索

picture

入力した語句より、判決文から連想される語句や要旨の内容に関連する語句を一覧表示、その中から適した語句を選択して検索できます。


picture

Point #7
絞込み検索

picture

検索結果の中から、「最近の判例」「最高裁・大審院」「要旨・解説等の情報の有無」に絞り込むことができます。

picture

Point #8
要旨検索

picture

約160名の実務家、研究者が執筆した判例要旨を争点・論点ごとに体系的に分類・整理しています。

picture

Point #9
本文内画像

picture

判決本文に商標などのイメージ図を登載しました。


picture

Point #10
重要度

picture

各判例に、その判例への評釈件数などから判例重要度を設定。検索結果を絞り込む時の参考となります。

picture

Point #11
判例タイムズ・CiNii・Vpassへの連携

picture

各判例から判例タイムズ社の「判例タイムズ」解説・判示事項、判例評釈から国立情報学研究所の「CiNii」の論文本文、有斐閣の「Vpass」(有料オプション)を参照できます。

picture