ホーム > 業種・職種 > 企業法務 > 会社員のためのCSR経営入門

会社員のためのCSR経営入門

//2020年を意識して企業を変えていくシナリオがここに!CSR経営の基本書//

定価

1,851 (本体:1,714円) 在庫あり

編著者名

大久保和孝、菱山隆二、日和佐信子、郷原信郎、松本恒雄 他 著

  • 単行本
  • 企業法務
ISBN 978-4-474-02413-7
発刊年月日 2008-09-30
判型 A5判
ページ数 232
巻数 / CSR経営
商品コード 024133

商品概要

経営戦略としての「CSR経営」について、基本から実践までを解説。今、企業には経営課題としてCSRを実践することが求められている。CSRを牽引する著名な学者・専門家・企業実務家たちが、最新の動向を踏まえて、CSR経営の本質を熱く論じる。

目次

目  次

■はじめに

■Unit1 CSR経営の基本的な枠組み
1経営の本質としてのCSR
  ──大久保和孝(新日本有限責任監査法人パートナー公認会計士)
2CSR経営とは何か
  ──菱山隆二(企業行動研究センター所長)
3信頼の回復を目指して─雪印乳業の実践
  ───日和佐信子(雪印乳業株式会社社外取締役)
4危機管理とコンプライアンス
  ──郷原信郎(桐蔭横浜大学法科大学院教授)
5ステークホルダーとしての消費者とCSR
  ──松本恒雄(一橋大学大学院法学研究科教授)

■Unit2 経営戦略としてのCSR
1CSRをめぐる国際動向と金融機関の役割
──関正雄(株式会社損害保険ジャパン理事CSR・環境推進室長)
2サプライチェーンとCSR
──藤井敏彦(独立行政法人経済産業研究所コンサルティングフェロー)
3CSRとコミュニケーション戦略
──清水正道(淑徳大学国際コミュニケーション学部教授)
4CSR会計
──倍和博(麗澤大学経済学部同大学院国際経済研究科准教授)

■Unit3 社会貢献とCSR経営
1CSR経営における社会貢献のあり方
  ──髙橋陽子(社団法人日本フィランソロピー協会理事長)
2地域密着型の市民事業とCSR起業家たちによる社会貢献
  ──奥谷京子(WWB/ジャパン代表)

■Unit4 企業の実践的取組み
1企業におけるCSRへの取組み三井物産
  ──山本隆彦(三井物産株式会社中部支社副支社長)
2企業におけるCSRへの取組みアサヒビール
  ──竹田義信(アサヒビール株式会社社会環境推進部長)

■おわりに

商品の特色

■学者・専門家・企業実務家と、それぞれの分野でCSRを牽引する13名が、異なる観点からCSR経営を論じます。経営課題の一つとして、CSR経営の技術的な手法を会得できるだけでなく、企業社会をとりまく社会環境要因を全体的にとらえ、

CSR経営の本質を見出すことができるよう構成しています。 

■段階的な理解をうながす4部構成です。

◎CSR経営の基本的な枠組み

◎経営戦略としてのCSR

◎社会貢献とCSR経営

◎企業の実践的取組み事例

  • これは廃棄物?だれが事業者?お答えします!廃棄物処理
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 速達速効!改訂学習指導要領×中央教育審議会答申
  • 司法試験用六法[平成29年版]

このページのTopへ