ホーム > 業種・職種 > 自治・行政 > 自治体職員のための行政救済実務ハンドブック

自治体職員のための行政救済実務ハンドブック

住民の権利・利益を十分に理解しながら対応できるようになるための“思考力”を養う書

定価

3,024 (本体:2,800円) 在庫あり

編著者名

鈴木秀洋 著

  • 新刊
  • 単行本
  • 自治・行政
ISBN 978-4-474-05738-8
発刊年月日 2017-03-02
判型 A5判/C0032
ページ数 256
巻数 /行政救済ハン
商品コード 057380

商品概要

自治体実務の最前線で紛争対応を経験してきた著者が、実務に役立つ法律の理解の仕方や、改正の経緯を追いかけることの重要性、判決文の読み方等を解説。また、実際の紛争事例について、住民側の視点・行政側の視点の双方から検討し、適切な解決に導くための考え方のポイントを提示。

目次

第1部 行政法制度概略解説編

I  行政不服審査制度
II  住民監査請求
III  行政事件訴訟
IV 国家賠償請求
V 住民訴訟

第2部 行政実務基礎構築編

I 法的思考・リーガルマインド
II 行政法の基本原理・原則
III 行政紛争と裁判手続
IV 行政紛争と立法改正

第3部 分野別紛争事例編

I 保育園での骨折事故をめぐる紛争
II 随意契約をめぐる紛争
III 公園廃止をめぐる紛争
IV 補助金支出をめぐる紛争
V 生活保護申請却下・廃止等をめぐる紛争
VI 民間指定確認検査機関による建築確認をめぐる紛争
VII 民間指定確認検査機関による建築物完成後の紛争
VIII 民間施設内での暴行事件をめぐる紛争
IX 児童虐待対応としての一時保護処分をめぐる紛争
X 申請拒否等をめぐる四つの紛争事例(福祉・公の施設)
XI 個人の幸福追求権をめぐる憲法上の人権に係る紛争
XII DⅤ・児童虐待対応のケースワークと個人情報をめぐる紛争
XIII 水泳事故をめぐる二つの紛争事例
XIV 公園の標識倒壊による人身事故をめぐる紛争
XV 政策法務と条例制定をめぐる紛争

商品の特色

・自治体実務の最前線で紛争対応を経験してきた著者が、実務者の視点から、実際に役立つポイントを解説。

・行政救済法に関する教科書や、制度・手続を解説した学習目的の書籍とは違い、行政救済の“実務”にフォーカスし、制度概略・理論を実務に役立てるための考え方を解説。また、実際の紛争事例に基づき、解決に向けたポイントを提示。

・自治体職員が、紛争の解決に当たり、相手方となる住民の権利・利益を十分に理解しながら対応できるようになるための“思考力”を養うことができます。

  • これは廃棄物?だれが事業者?お答えします!廃棄物処理
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 速達速効!改訂学習指導要領×中央教育審議会答申
  • 司法試験用六法[平成29年版]

このページのTopへ