ホーム > 業種・職種 > 法曹 > 日弁連研修叢書 現代法律実務の諸問題<平成29年度研修版>

日弁連研修叢書 現代法律実務の諸問題<平成29年度研修版>

日弁連主催「夏期研修」の講演録!弁護士の実務における課題を幅広くカバーする1冊。

定価

7,020 (本体:6,500円)  

編著者名

日本弁護士連合会 編

  • 新刊
  • 予約受付中
  • 単行本
  • 法曹
ISBN 978-4-474-06264-1
発刊年月日 2018-07-18
判型 A5判/C2032
ページ数 1024
巻数 /現法実務(29)
商品コード 062646
こちらの商品は予約販売中です。
(発刊年月日は前後する場合がございます)

商品完成後、数日でのお届けとなります。
予約商品を含む複数商品購入の際は、まとめて発送いたします。

商品概要

日弁連主催「夏期研修」の講演録。幅広い分野をカバーする、いわば弁護士のための問題解決支援書。今回は特に刑事法関係に関するテーマが充実。その他「民事訴訟における証拠採集と争点整理の立体的連動」「遺産分割事件の最近の実務上の留意点」「人工知能の先端と応用―AIが弁護士業務に及ぼす影響―」等計33本を収録。

目次

<民事法関係>
二〇一六年民事判例一〇撰                           山野目 章夫
民法(債権関係)改正―定型約款と保証―                    岡 正晶
民事交通事故における後遺症・後遺障害の実務                  古笛 恵子

<民事手続法関係>
民事訴訟における証拠採集と争点整理の立体的連動                山浦 善樹
デジタル証拠の収集と民事訴訟法上の論点―弁護過誤を避けるための留意点―    吉峯 耕平

<家事法関係>
相続をめぐる諸問題                              赤沼 康弘
相続財産の評価をめぐる諸問題について                     古澤 仁之
遺産分割事件の最近の実務上の留意点                      和田 健
遺産分割事件に関する最近の重要判例と家庭裁判所の実務について         志田 健太郎
DV被害者への法的支援                            可児 康則

<刑事法関係>
平成二八年改正刑事訴訟法と弁護活動―可視化・証拠開示・司法取引など―     小坂井 久
近時の刑法・刑事訴訟法改正のポイント                     遠山 大輔
被疑者、被告人の身体拘束と弁護活動                      中山 大行
                                       三輪 篤志
                                       小田 幸児
                                       高橋 早苗
                                       植田 豊
地方弁護士の捜査弁護の実情―勾留に対する準抗告を中心に―           東 忠宏
鑑定書の争い方―法医学者、弁護士、それぞれの視点から―            髙津 光洋
                                       近藤 稔和
                                       髙見 秀一
                                       赤木 俊之
性犯罪加害者に対する医療的アプローチ                     福井 裕輝

<労働法関係>
解雇をめぐる法律問題                             佐々木 亮
未払残業代請求の争い方―使用者側の反論のポイント―              和田 一郎
過労をめぐる法律問題                             奥川 貴弥
労働災害実務―労災補償認定の仕組みと民事損害賠償―              牛嶋 勉

<税務関係>
事件処理における税務の諸問題について                     山下 清兵衛
管財人と税務                                 籠池 信宏
                                       瀬古 智昭

<消費者問題関係>
消費者契約法のポイントと実務的対応                      井田 雅貴

<弁護士倫理関係>
民事裁判実務からみた弁護士倫理                        加藤 新太郎
                                       髙中 正彦
倫理研修                                   市川 充
                                       奥 国範
                                       貝塚 美浩
                                       瀧塚 祐之
倫理研修(パネルディスカッション)                      岩城 和代
                                       原田 直子
                                       田村 雅樹
                                       古屋 勇一
                                       石井 謙一
                                       小栁 美佳
                                       田瀬 憲夫
倫理研修(パネルディスカッション)                      石橋 洋太
                                       太田 宏樹
倫理研修                                   溝口 敬人
現在進行中の、大阪弁護士会の弁護士不祥事等総合対策PTを主に参考にして
 ―何を、どのような問題としてとらえ、対策を考えたらよいのか―        宮﨑 誠司

<弁護士業務関係>
弁護士会照会制度の活用方法                          松本 圭司
弁護士業務における情報セキュリティ                      稲垣 隆一
                                       本田 正男
改正個人情報保護法への対応と課題                       三宅 弘
人工知能の先端と応用―AIが弁護士業務に及ぼす影響―             川村 秀憲

講師紹介
平成二九年度夏期研修実施日程

商品の特色

本書は、訴訟活動における現代の実務課題とその対応への理解を深めることができる書籍です。 研修委員会と日弁連総合研修センターが選んだ最適任の講師による講演を収録しています。

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ