ホーム > 業種・職種 > 介護・福祉 > 記載例で学ぶ居宅介護支援経過~書くべきこと・書いてはいけないこと~

記載例で学ぶ居宅介護支援経過~書くべきこと・書いてはいけないこと~

この一冊で“支援経過”を味方にする

定価

1,620 (本体:1,500円) 在庫あり

編著者名

後藤佳苗 著

  • 新刊
  • 単行本
  • 介護・福祉
ISBN 978-4-474-05602-2
発刊年月日 2016-10-19
判型 A5判/C2036
ページ数 144
巻数 /支援経過
商品コード 056028

商品概要

居宅ケアマネジャーが苦手とする支援経過記録について、ケアマネジメントの過程ごとに、①意味と役割、②模擬事例とクイズ、③まとめの流れで解説。“書くべきこと”“書いたほうが望ましいこと”“書いてはいけないこと”が確認できます。

目次

第1章 支援経過の書き方 ● 記載に必要な基礎知識

第1節 支援経過を記載する目的
第2節 支援経過の機能
 Column 法定代理受領
第3節 支援経過を活用するケアマネジメントの局面
第4節 支援経過の記載要領
第5節 支援経過記載時のルール
第6節 支援経過の質と介護支援専門員の質
 Column 不適切な記載例とその修正例

第2章 支援経過記載の活かし方 ● 運営編

第1節 受付・契約
第2節 課題分析(アセスメント)
第3節 ケアプラン原案の作成
第4節 サービス担当者会議
 Column 「やむを得ない理由」と認められなかった例
第5節 ケアプランの実行
 Column 個別サービス計画書の提出依頼を第4表に記載する場合の例
第6節 モニタリング
第7節 再アセスメント(「軽微な変更」を含む)
第8節 終結

第3章 支援経過記載の残し方 ● 報酬請求編

第1節 居宅介護支援における加算算定の必要性
 Column 体制加算
第2節 初回加算
第3節 入院時情報連携加算
第4節 退院・退所加算
第5節 【看護】小規模多機能型居宅介護事業所連携加算
第6節 緊急時等居宅カンファレンス加算
 Column 医療連携に関する加算

支援経過相談室 こんなときどう書く? それはなぜ?
 Column 「物理的な理由」、「やむを得ない理由」、「特段の事情」
 Column 同意欄の工夫
おわりに

商品の特色

 

■手に取りやすいサイズと価格(A5判144頁)で手軽に携帯。指導・監査で困った時にもその場で確認できる。

■基礎資格や経験年数にかかわらずケアマネジャーが悩まされる「支援経過の書き方」を、初歩的な疑問から実務におけるポイントまで、わかりやすく解説。

■受付・契約~終結まで、ケアマネジメント過程の各局面での支援経過記載の活かし方と、加算算定での支援経過記載の残し方を、法的根拠を示しながら、クイズと模擬事例で解説。

■「自分ならどう記録するか」を考えながら読み進めることで、日ごろのケアマネジメントの振り返りや実地指導等への対策にも主体的に取り組める。

  • これは廃棄物?だれが事業者?お答えします!廃棄物処理
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • Q&A 交通事故加害者の賠償実務―被害者からの過剰請求対応―
  • 記載例で学ぶ居宅介護支援経過

このページのTopへ