ホーム > 業種・職種 > 法曹 > 進め方がよくわかる 私的整理手続と実務

進め方がよくわかる 私的整理手続と実務

私的整理実務の指針となる書。解説とモデルケースで、進め方を把握できる!

定価

4,212 (本体:3,900円) 在庫あり

編著者名

多比羅 誠 編著

  • 新刊
  • 単行本
  • 法曹
ISBN 978-4-474-05078-5
発刊年月日 2017-06-22
判型 A5判/C2032
ページ数 384
巻数 /弁護士私的整理
商品コード 050781

商品概要

依頼を受けた弁護士が行う実務の流れに沿った構成で、弁護士の思考過程や留意点をつかめる書。各手続(中小企業再生支援協議会、事業再生ADR、私的整理ガイドライン、地域経済活性化支援機構、特定調停)の特徴、手続選択から再生計画案作成までを解説。

目次

第1章 私的整理とは
 1 私的整理とは
 2 私的整理と弁護士業務
 3 私的整理手続が確定するまでのプロセス
 【1】各種私的整理手続の特徴
 【2】私的整理における手続選択プロセスについてのイメージと実情
 【3】手続選択プロセスに対して弁護士が持つべき問題意識
 【4】手続選択の判断のために把握すべき事情
 【5】手続選択を行う前提となる重要な事情
 【6】私的整理受任時の留意事項
第2章 私的整理の各手続
 1 中小企業再生支援協議会
 【1】解説
 【2】モデルケース1
 【3】モデルケース2
 2 事業再生ADR
 【1】解説
 【2】モデルケース1
 【3】モデルケース2
 3 私的整理ガイドライン
 【1】解説
 4 地域経済活性化支援機構
 【1】解説
 【2】モデルケース1
 【3】モデルケース2
 【4】書式
 5 特定調停
 【1】特定調停
 【2】中型・大型案件向けの特定調停の実務運用
 【3】中型・大型案件の特定調停モデルケース
 【4】書式
 【5】小型案件向けの特定調停の実務運用
 【6】小型案件の特定調停モデルケース1
 【7】小型案件の特定調停モデルケース2
 【8】書式
 6 経営者保証ガイドラインの利用
 【1】解説
  コラム 進化する経営者保証ガイドライン
 【2】モデルケース1(一体利用型)
 【3】モデルケース2(単独利用型)
第3章 再生計画案の作成
 【1】会計と税務(弁護士が知っておくべき知識)
 【2】財務・経営状況の把握
 【3】今後の事業計画等の作成
  コラム 労働移動支援助成金のこと、ご存知ですか?
 【4】金 融支援依頼内容の決定、経営者責任・株主責任
 【5】再生計画案の協議と合意形成、再生計画成立と実行
第4章 私的整理から法的整理への移行
 【1】解説
  コラム 法的整理についての誤解
 【2】モデルケース
 【3】書式

商品の特色

○私的整理の経験が少ない弁護士でも、これ1冊で私的整理に取り組める。

○第一線の弁護士・公認会計士による執筆。

○実務の流れに沿った構成で、弁護士の思考過程や留意点がわかる。

○各手続のモデルケースにより、実際の業務場面に当てはめやすい。

○経営者保証ガイドラインの利用や、私的整理から法的整理の移行についても解説。

  • これは廃棄物?だれが事業者?お答えします!廃棄物処理
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 速達速効!改訂学習指導要領×中央教育審議会答申
  • 危険物取扱者のための 危険物まるわかり辞典
  • 記載例で学ぶ居宅介護支援経過

このページのTopへ