ホーム > 業種・職種 > 企業法務 > リスクマネジメント 個人情報保護と危機対応

リスクマネジメント 個人情報保護と危機対応

定価

16,500 (本体:15,000円) 在庫あり

編著者名

堀部政男 総監修 SOMPOリスクマネジメント株式会社、牧野総合法律事務所弁護士法人 企画・編集

  • 加除式書籍
  • 企業法務
ISBN 978-4-474-60445-2
発刊年月日
判型 B5判
ページ数
巻数 全1巻 / 個人情報リスク
商品コード 604454

商品概要

法務、総務、営業部門等の個人情報の管理・運用を行う情報管理責任者のために、適正な管理・運用問題を中心として個人情報保護法の制度を解説。JISQ15001の体系に沿った具体的管理・運用手法、各種規程、様式、態勢診断、漏えい事故の対応について収録。書籍と専用WEBを組み合わせた複合サービス。

目次

[書籍版]
第1編 運用解説編
第1章 個人情報保護法の意義・目的は
第2章 個人情報には何が該当し、誰に適用されるのか
第3章 個人情報保護の基本理念・保護方針とは
第4章 個人情報取得の具体的手法は
第5章 個人情報はどこまで使えるか
第6章 個人情報の適正な管理方法は
第7章 保有個人データの扱いは
第8章 個人情報を知ることができるか
第9章 個人情報の開示請求を求められた場合の対応は
第10章 個人情報の訂正や利用停止等請求を受けた場合は
第11章 苦情への対応方法は
第12章 個人情報漏えいに伴う法的責任は
第13章 個人情報漏えい対策は
第14章 個人情報が漏えいした場合の対応は
第15章 海外における個人情報保護法制
第16章 内部統制と個人情報保護
第17章 番号利用法(マイナンバー制度)と個人情報保護法
第18章 欧州個人情報保護法制
第19章 ITと個人情報

第2編 運用事例編
第1章 個人情報保護法が求める企業の「管理体制」について
第2章 個人情報保護「管理体制」の具体構築
第3章 「管理体制」に対応する規程・様式等
第4章 「管理体制」の認定制度プライバシーマークとISMS

第3編 損害事例・算定編
第1章 個人情報漏えいと企業リスクについて
第2章 個人情報漏えい事例
第3章 裁判にみる損害額算定事例

第4編 個人情報漏えい時の危機管理
第1章 個人情報漏えい時における危機対応課題
第2章 情報漏えい発生時の緊急対応の流れ
第3章 発生直後の対応
第4章 個人情報漏えい時のマスコミ報道対応の実務
第5章 初期対応/緊急記者会見後の活動
第6章 様式・書式例

[Web版]
◆個人情報保護関連法令
◆各省庁および業界団体ガイドライン
◆文書一覧[規格要求事項対応表]に基づく規程、様式等

購入の際のご留意事項

加除式書籍は、別途追録(有料)が発行されます。追録の決済は、本サイトでは扱わず、弊社よりお送りする請求書にてお支払いいただきます。 WEBサービス(書籍付帯含む)を本サイトよりご購入の場合、所定の会員登録後に付帯WEBサービスのご利用が可能となります。 年会費(年間利用料・年間購読料)商品のご契約開始起算日は、申込み日の翌月1日となります。

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ