ホーム > 業種・職種 > 自治・行政 > 政策条例のつくりかた

政策条例のつくりかた

―課題発見から議会提案までのポイント

★条例づくりは作文ではない!!★
電子書籍版購入はこちら

在庫あり

定価

定価

2,420 (本体:2,200円) 在庫あり

編著者名

松下啓一 著

  • 単行本
  • 自治・行政
ISBN 978-4-474-02618-6
発刊年月日 2010-08-20
判型 A5判
ページ数 232
巻数 / 政策条例づくり
商品コード 026187

商品概要

政策課題の発見、現場の調査・分析、関係者との調整など、条例策定に向けた検討の開始から議会提案までの一連の流れに沿って、各段階のポイントを明らかに!自治体の実務担当者が今すぐ活用できる、条例づくりのための手引書。

目次

政策条例のつくりかた
CONTENTS

◆政策条例とは─ ────────────────── 1
条例をつくるとは… …………………………………………… 2
政策法務の真髄──まちをつくる道具として… …… 17

◆政策の創生─ ─────────────────── 35
政策課題の発見… …………………………………………… 36
政策課題の決定… …………………………………………… 50
基本方針の決定… …………………………………………… 65

◆政策事実の調査─ ─────────────── 79
調査の開始……………………………………………………… 80
現状調査(1) 市民意向、現況の把握… ………………… 95
現状調査(2) 関連法・処理の実際… …………………… 108

◆条例案の具体化─ ─────────────── 123
条例案の検討(1) 条例案の大綱づくり………………… 124
条例案の検討(2) 市民参加………………………………… 137
政策実現手法の検討… ……………………………………… 151

◆綿密な調整─ ─────────────────── 165
対内的な調整(行政機関等)… …………………………… 166
対外的な調整(事業者等)…………………………………… 182

◆条例案の作成と提案─ ─────────── 195
条文の作成──政策立案側から見た法制執務… …… 196
条例の議会審議… …………………………………………… 209

▼もっと見る

商品の特色

◆条文化の前段階である調査・調整・仕組みづくりを重視 

条例検討のきっかけとなる政策課題の発見から議会への提案までを網羅し、一連の流れに沿って、各段階の検討のポイントを明らかにした初めての書です。 

◆条例づくりの手引書として最適 

本書は、3人の自治体職員が登場し、政策現場を再現しながら政策条例の策定過程を跡付けた、初心者にも身近でわかりやすい構成となっています。条例づくりの手引書や研修テキストとして最適です。 

◆政策条例づくりの経験者による説得力ある解説 

元自治体職員で数多くの条例づくりを経験し、今も各地の自治体の条例制定を支援する著者が、自らの体験をベースに実効力のある政策条例のつくりかたを解説しています。豊富な経験から得た方策が各所に散りばめられており、実務ですぐに活用できるヒントが満載です。

  • 法務知財契約改
  • 弁医療法務
  • ようこそ自治3
  • 税理士ITツール
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ

TOPへ