ホーム > 業種・職種 > 会計 > 会社ウォッチング

会社ウォッチング

監査法人が教える会社実態の見方・考え方

あなたは、気になる会社の資料・データを把握できていますか?

定価

2,860 (本体:2,600円)  

編著者名

新日本有限責任監査法人 編

  • 単行本
  • 会計
ISBN 978-4-474-02600-1
発刊年月日 2010-11-26
判型 A5判
ページ数 290
巻数 / 会社ウォッチ
商品コード 026005

商品概要

企業分析のプロである監査法人の蓄積された経験・情報を活かして、企業の公表データ(有価証券報告書など)の定量分析と、企業の外部環境や資本関係、ヒト・モノなどの定性分析について、事例を織り交ぜながら分かりやすく解説。監査法人のノウハウを一冊に登載した、企業分析の決定版。

目次

第1章 企業イメージを観る
 第1節 会社を観る
  1 会社のとらえ方
  2 就職人気企業ランキング
  3 優れた会社ランキング
  4 その他の企業ランキング
  5 会社の判断基準
 第2節 会社情報を観る
  1 会社の将来の方向性
  2 会社を観る切り口
  3 定量的情報と定性的情報の両方から判断する
  4 決算情報からわかること

第2章 業界動向を観る
 第1節 会社の過去から現在までを観る
  1 30年前からの優良企業ランキングの推移
  2 法人企業統計では
  3 M&Aにからめて考える
  4 業界ごとの変遷を考える
  5 時系列分析で考える
  6 異業種からの参入を考える
 第2節 成長性・将来性のある業界を観る
  1 環境の変化とともに変貌する会社
  2 製品のライフサイクル
  3 新技術の開発状況
  4 光る会社を見いだす

第3章 財務諸表を観る
 第1節 数字から会社実態を観る
 第2節 企業活動と財務諸表との関係を観る
  1 資金調達、投資、リターン
  2 企業活動と財務諸表の関係
  3 連結財務諸表
 第3節 利益を観る-損益計算書
  1 損益計算書とは
  2 利益の源泉の把握
 第4節 財政状態を観る-貸借対照表
  1 貸借対照表とは
  2 現金預金
  3 棚卸資産
  4 有価証券
  5 繰延税金資産
  6 利益剰余金
 第5節 キャッシュ・フローを観る-キャッシュ・フロー計算書
  1 キャッシュ・フロー計算書とは
  2 活動区分別キャッシュ・フローをどのようにみるか
  3 フリー・キャッシュ・フロー
 第6節 会計方針を観る

第4章 分析数字を観る
 第1節 分析により経営実態を観る-財務諸表分析
  1 総合力-ROAとROE
  2 収益性
  3 効率性
  4 安全性
  5 成長性
  6 付加価値分析
 第2節 実際の財務諸表分析を観る
 第3節 セグメント情報を観る
  1 セグメント情報の把握
  2 セグメント情報の企業間比較
  3 セグメント情報の時系列比較
 第4節 四半期情報を観る
 第5節 粉飾決算を観る
  1 粉飾とは
  2 粉飾の事例

第5章 経営環境を観る
 第1節 マーケット情報を観る
  1 アナリストレポートを入手する
  2 マーケットの評価を知る
 第2節 外部環境を観る
  1 外部環境を知るには
  2 会社発信情報から外部環境を知る
  3 定性的情報の重要性
 第3節 会社への期待、評判を観る
 第4節 ヒトを観る
  1 役員構成を知る
  2 役員報酬、従業員給与
  3 平均勤続年数
  4 労働組合について
  5 従業員にとって働きやすいか
 第5節 モノを観る
  1 生産能力、店舗設備の状況
  2 減損の実施状況をみる
 第6節 カネを観る
  1 資金調達の方法
  2 メインバンク制度について
  3 事業構造上資金不足の傾向にないか
  4 資金調達余力
  5 成長の制約とならないか
 第7節 経営スタイルを観る
  1 大株主の状況をみる
  2 創業家について
  3 親会社について
  4 海外投資家について
  5 資本関係は安定しているか

第6章 会社の沿革を観る
 第1節 会社の歴史を観る
  1 創業者の想い-なぜ事業を始めたのか
  2 会社の履歴書をみてみよう-有価証券報告書の「沿革」
  3 「沿革」から会社の概要を理解しよう
 第2節 経営理念を観る
  1 会社の意思決定の拠り所
  2 普遍的な経営理念とは-本田技研工業の例
  3 経営理念に移づく判断-パナソニックの例
  4 時代の移り変わりとともに-三菱商事の例
  5 企業の社会的責任と経営理念との関係
  6 利益との結びつき-ホトケ作って魂入れず
 第3節 経営危機への対応を観る
  1 経営危機の原因-つまずきの教訓に学ぶ
  2 過大な投資
  3 社内管理体制の不備
  4 環境変化への対応の不備
  5 積極的なM&A戦略の失敗
  6 経営危機をもたらす原因
  7 会社法による内部統制
  8 金融商品取引法による内部統制
 第4節 会社の進化の歴史を観る
  1 進化の方向性-単一事業と多角化
  2 本業回帰の現象-多角化は失敗か
  3 適切な規模の多角化とは
  4 本業専念型の成長力の源泉
  5 進化の具体例-ポーター賞の受賞会社から
  6 事業構造の転換と環境適応能力
 第5節 会社の現在の姿を観る
  1 会社状況の理解方法
  2 利益の出ている分野
  3 先行投資を行っている分野-研究開発、設備投資など
  4 不採算の分野-減損の計上を契機として
  5 多角化の方法に会社の意思をみる

第7章 会社の将来を観る
 第1節 将来の経営環境を観る
  1 将来の見方
  2 SWOT分析
  3 情報の入手先
 第2節 会社の「強み」を観る
  1 「強み」とは何か
  2 企業活動からみる
  3 経営資源に結び付ける
  4 「強み」を事例でみる
 第3節 会社の「弱み」を観る
  1 「弱み」とは何か
  2 「弱み」を事例でみる
 第4節 会社の「脅威」を観る
  1 「脅威」とは何か
  2 業界の取引関係からの影響
  3 社会からの影響
  4 社会の変化に留意する
  5 「脅威」をみるときの留意事項
  6 「脅威」に対応できるか
 第5節 会社の「機会」を観る
  1 「機会」とは何か
  2 「機会」を取り込めているか
  3 悪化する外部環境を「機会」に転換できるか
 第6節 リスクを観る
  1 リスクとは何か
  2 想定外の事象への対応
  3 将来のことは誰にもわからないが…
 第7節 会社の将来を観る
  1 目的を明確にする
  2 経営環境分析について
  3 経営者の意思をみる
  4 定量的情報との関連で理解する

補 章 会社情報のソースを観る
 第1節 会社情報を観る
  1 有価証券報告書等
  2 決算短信等
  3 その他の決算情報
 第2節 会社のホームページから会社情報を観る
 第3節 専門機関等の分析データから会社情報を観る

参考文献
索 引

コーヒーブレイク
 IFRS適用
 包括利益
 資産・負債アプローチ
 黒字倒産
 キャッシュ・フローによる投資意思決定
 数理計算上の差異
 過年度遡及修正
 日本の会社のROE
 利益至上主義と付加価値
 経済的付加価値(EVA)
 指標間の関係
 経営危機のデータベース
 会社法では内部統制システムがいらない?
 有価証券報告書に添付する確認書とは
 重要な成功要因(KFS)
 重要な経営指標(KPI)

商品の特色

★特色1:企業分析のプロ・監査法人が執筆・編集!  新日本有限責任監査法人編集のもと、企業分析のプロである公認会計士が執筆。企業分析のノウハウが本書1冊に凝縮されています。

★特色2:会社を本格的に「観る」ための内容構成!  企業イメージを観る→業界動向を観る→財務諸表を観る→分析数字を観る→経営環境を観る→会社の沿革を観る→会社の将来を観る 以上の章立てとなっていますので、読み進めていくうちに企業の中身がより「ウォッチ」できる構成となっています。

★特色3:初心者もこれ1冊で企業分析可能!  平易な文章、分かりやすい図表・資料等多数掲載していますので、企業分析初心者もスラスラ読破。就職活動生にもオススメです。

  • 資料請求をする
  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ