ホーム > 業種・職種 > 企業法務 > 会社法務A2Z VOL2011-01

会社法務A2Z VOL2011-01

(2010年12月発行号)

在庫なし

定価

定価

1,320 (本体:1,200円) 在庫なし

  • 雑誌
  • 企業法務
ISBN
発刊年月日 2010-12-25
判型 A4カラー判
ページ数 64
巻数 / 会社法務A2Z VOL2011-01
商品コード 999202

資料請求をする

  • 試し読みをする

商品概要

ロングラン企画 債権法改正を先取りする! 特集 企業マネジメントと債権法改正 新春インタビュー  債権法改正と企業経営「法的リスクに備えた意識改革を」 特別解説  企業法務の視点から見る不正調査の実状と課題 時事解説  不正競争防止法 改正ポイントと最新重要判例・実務上の指針

目次

=========『会社法務A2Z』2011年1月号 目次 ======


================================================================

◆◆ 経営法談 management & law ◆◆

「目立たない役どころ」こそ監査役の理想像

/(社)日本監査役協会 会長・東京電力(株)常任監査役 築舘勝利

================================================================
《ロングラン企画 債権法改正を先取りする!》

       企業マネジメントと債権法改正


 【新春インタビュー】
   債権法改正と企業経営 
   「法的リスクに備えた意識改革を」
             /弁護士 鳥飼重和 ・ 弁護士 中村隆夫

 ◆ 債権法改正で予想される債権回収実務への影響【中編】
                       /弁護士 松林 司

 ◆ 債権法改正前に知っておきたい契約リスク
   #05 債権の譲渡は常に有効か??
                       /弁護士 小堀光一



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◇ 問われる内部統制・内部監査の実効性
   企業法務の視点から見る不正調査の実状と課題
                       /弁護士 山口利昭
 ◆ 法務分野における情報発信の新潮流
                          / A2Z編集部
 ◇ 不正競争防止法
   改正ポイントと最新重要判例・実務上の指針(上)
/弁護士・弁理士・米国弁護士
             ・大宮法科大学院大学客員教授 牧野和夫

<会社税務━Tax Eye━>
 ◆ 源泉徴収実務における留意点(上)
                        /税理士 北村 恵
    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【新連載】
 □ 組織を活性化する メンタルヘルス講座(1)
   パワー・ハラスメント問題と現実
            /臨床心理士・社会保険労務士 涌井美和子

【連載】
 ■ トラブルを回避する 契約書作成術(4)
   解除規定 (1)
                       /弁護士 神内健次

 □ ゼロからわかるIFRS(5)
   IFRS導入が会社に及ぼす影響(その1・収益)
                 /公認会計士・税理士 前川研吾

 ■ おもしLaw(ろ~)ニュースで世界を覗(のぞ)こう!(7)
   スイス発 驚愕!! 290キロオーバー
   スピード違反の罰金8,600万円
                 /法律・裁判ライター 長嶺超輝

 □ 鐵丸先生の 生兵法務は大怪我のもと!(26)
  「懲戒事実の公表」
               弁護士 畑中鐵丸/弁護士 伊藤敬洋

 ■ 危ない「グレーゾーン」過去事例から学ぶ税務訴訟(11)
   実質所得者課税の原則
  /国士舘大学法学部教授・アコード租税総合研究所所長 酒井克彦

 □ ユミ先生のオフィスアワー日記 民法から理解する会社法(43)
  「代理とその類似の制度」その2
               /京都産業大学法学部教授 木俣由美

 ■「司法の小窓」から見た法と社会(39)
   詐話師(さわし)の肖像
                /東京高等裁判所判事 加藤新太郎

================================================================

【会社法務ディレクトリ】
 ・会社法務関連の書籍をピックアップ

**「野村教授特別講義 よくわかる新会社法」は休載します**


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼もっと見る

商品の特色

債権法改正により、企業実務では、業種や規模に関係なく様々な影響が出てくることが予想されます。

同時に、経営者や管理者サイドでは「法律問題」ではなく「経営問題」として取り組む姿勢が望まれます。

新春インタビューでは、債権法改正を前にした企業の意識改革について、経営問題のプロにそのポイントを聞きました。

特別解説では、続発する企業不正への調査・対策について、その実状と今後の課題等を探ります。

  • 資料請求をする
  • 法務知財契約改
  • 弁医療法務
  • ようこそ自治3
  • 税理士ITツール
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ

TOPへ