ホーム > 業種・職種 > 企業法務 > 企業承継法の理論Ⅰ(中小企業法研究第一巻)

企業承継法の理論Ⅰ(中小企業法研究第一巻)

-総論・学説-

「企業承継法」に関する大野正道教授の研究成果の総まとめ

在庫なし

定価

定価

5,500 (本体:5,000円) 在庫なし

編著者名

大野正道 著

  • 単行本
  • 企業法務
ISBN 978-4-474-10298-9
発刊年月日 2011-10-14
判型 A5判
ページ数 202
巻数 / 企業承継理論I
商品コード 102988

資料請求をする

  • 試し読みをする
  • カタログを見る

商品概要

大野正道筑波大学大学院教授が、これまでに発表してきた論文等の研究成果のうち、企業承継法に関するものを中心に3冊にまとめた論文集の第1巻であり、「第1編総論」に2論文、「第2編学説」に6論文を収録している。

目次

目   次

第一編 総  論
株式・持分の相続と企業承継法 三
一 企業承継法の課題(三)
二 株式・持分の相続性(六)  
三 商法二〇三条二項の適用(九)  
四 相続制限の許容性(一三)  
五 企業承継法の展望(一七)

企業承継法の展望―商法・有限会社法改正試案に関連して― 一九
一 序論(一九)  
二 企業承継法の発展(二一)  
三 改正試案の検討(二四)  
四 補償条項をめぐる問題点(二九)  
五 結語(三一)

第二編 学  説
企業承継法の諸問題について―有限会社法と相続法の交錯― 三九
一 企業承継法の発展(三九)  
二 法定相続による承継(四〇)  
三 遺言による承継(四七)  
四 定款による承継(五二)  
五 展望(六三)

定款による株式・持分の相続規制 六五
一 はじめに(六五)  
二 相続規制の狙い(六六)  
三 定款規定の類型(六八)  
四 実質的相続法原則の適用(七〇)  
五 補償条項と遺留分の算定(七二)  
六 むすび(七五)

株式・持分の相続準共有と権利行使者の法的地位 七七
一 はじめに(七七)  
二 株式・持分の共同相続(八〇)  
三 学説の検討(八五)  
四 ドイツ法における共同相続(九二)  
五 権利行使者の法的地位―ドイツ法を参考にして―(一〇二)  
六 むすび(一〇七) 

定款による株式・持分の相続規制と補償条項 一一一
一 はじめに(一一一)  
二 株式・持分の相続性の制限(一一二)  
三 会社法および相続法上の問題点(一一八)  
四 補償条項と実質的相続法原則の適用(一三二)  
五 むすび(一四三)

企業承継における制限的承継条項 一五三
一 企業承継の法学研究(一五三)  
二 制限的承継条項と特別相続説(一五六)  
三 その他の学説(一六八)  
四結語(一七二)

第三者による企業承継者の決定―受遺者の選定の委任― 一七五
一 序論(一七五)  
二 第三者への授権(一七八)  
三 授権の許容性(一八一)  
四 授権の法律構成(一八六)  
五 わが国での議論(一九四)
六 結論(一九九)

事項索引(巻末)

▼もっと見る

購入の際のご留意事項

当商品は、現在WEB上での販売を行っておりません。商品のご購入は「資料請求をする」ボタンなどからご連絡ください。

  • 資料請求をする

購入の際のご留意事項

当商品は、現在WEB上での販売を行っておりません。商品のご購入は「資料請求をする」ボタンなどからご連絡ください。

  • 法務知財契約改
  • 弁医療法務
  • ようこそ自治3
  • 税理士ITツール
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ

TOPへ