ホーム > 業種・職種 > 教育 > 現代的学校マネジメントの法的論点 厳選10講

-文部科学省若手職員が学校管理職の疑問に答える-

現代的学校マネジメントの法的論点 厳選10講

文部科学省職員が、学校マネジメントの課題を法的観点から解説!
電子書籍版購入はこちら

最新版購入はこちら

定価

3,080 (本体:2,800円)  

編著者名

高橋洋平、栗山和大 著

  • 単行本
  • 教育
ISBN 978-4-474-02732-9
発刊年月日 2011-11-22
判型 A5判
ページ数 236
巻数 / 学校論点
商品コード 027326

商品概要

現代の学校現場では、経験豊富な学校管理職をも悩ませる、複雑化した課題が増えてきている。そのような学校マネジメント上の課題に対して、現役文部科学省職員が法令の観点から、対処方法をわかりやすく解説した一冊。

目次

はじめに

第1講 教育関係法令の基礎知識(入門編)           1
【COFFEE BREAK】 県費負担教職員の人事権の移譲           12
【コラム】 教育委員会はどのように生まれたのか?
    ~レイマン・コントロールとしての教育委員会の起源~ 17

第2講 教育委員会や地域との関係・連携            19
【COFFEE BREAK】 「地域とともにある学校」           33
【コラム】 校長の上司はだれ?
    ~教育委員会? 教育委員? 教育委員長? 教育長?~ 38

第3講 PTAが主催して学校や教員とともに行う補習授業      41
【COFFEE BREAK】 民間人校長 58
【コラム】 文部科学省職員は教員の上司? ~教育の踊る大捜査線~ 63

第4講 部活動における学校事故に対する危機管理      67
【COFFEE BREAK】 保護者からの要求・要望への対応 79
【コラム】 文部科学省に伝わる「教育行政の三則」とは?
    ~筋を通す、論より証拠、簡潔明瞭~  82
第5講 土日や祝日における授業や運動会の実施 85
【COFFEE BREAK】 教職調整額と超勤4項目 99
【コラム】 理想の教師とは? ~教員に求められる資質能力~ 106

第6講 教員以外の多様な専門的スタッフのマネジメント 111
【コラム】 主幹教諭と主任は何が違うのか? ~職と校務分掌~ 129

第7講 教員の「心の病」への対応 133
【COFFEE BREAK】 教員の多忙さを解消するための方策 148
【コラム】 教員の心の健康問題の原因とは?
    ~教員の職務の特殊性から考える~  151

第8講 子どもへの指導が不適切など問題のある教員への対応      153
【COFFEE BREAK】 教員という職業がもつ魅力 168
【コラム】 高校無償化法案はどのようにつくられた?
    ~法律立案プロジェクトチームのある一日~ 172

第9講 制限される政治的行為の判断 175
【COFFEE BREAK】 政治的行為の制限をめぐる議論 190
【コラム】 どのように教特法が改正されたのか? ~昭和29年当時の時代背景~ 193

第10講 学校現場における職員団体への対応 197
【COFFEE BREAK】 公務員の定年制のゆくえ 214

おわりに

商品の特色

◎文部科学省の現役職員が、学校マネジメント上の課題の対処方法を法的な観点から“わかりやすく”具体的に解説。

◎「学校事故が起こった際の学校の法的責任は?」「補習授業の講師となり、報酬を受け取ることはできる?」「病気休暇を繰り返す教員への対処方法は?」など、頻出かつ複雑化した課題に特化。

◎全10講あり、それぞれの講では法令の条文はもちろん、現代の学校をとりまく動向を示した統計資料や、課題解決の参考となる判例、また、各課題に関連する教育政策についても解説しています。

◎さらに、筆者二人の会話形式のコラム(COFFEEBREAK)では、昨今議論となっているテーマ(「県費負担教職員の人事権の移譲」や「教職調整額と超勤4項目」など・・・)をわかりやすく取り上げています。

  • 資料請求をする
  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ