ホーム > 業種・職種 > 法曹 > 論点体系 会社法 4

論点体系 会社法 4

株式会社Ⅳ(定款変更・事業譲渡・解散・清算)、持分会社【第466条~第675条】

論点体系シリーズ第2弾!判例と実務の現状が瞬時にわかる!

定価

5,280 (本体:4,800円) 在庫あり

編著者名

江頭憲治郎、中村直人 編著

  • 単行本
  • 法曹
ISBN 978-4-474-10295-8
発刊年月日 2012-01-20
判型 A5判
ページ数 640
巻数 全6巻 / 論点会社法4
商品コード 102954

商品概要

全6巻の会社法コンメンタール。会社法における判例と実務の現状を逐条形式で解説。実務上の問題点(論点)を網羅し、実務家の皆様の抱えている問題の迅速な解決に寄与する書。また、論点の選定では、会社法とその附属法令のみならず金融商品取引法等の関連制度全体も対象として解説。

目次

目   次
はしがき
編集・執筆者一覧
凡 例

第 2 編 株式会社
第 6 章 定款の変更
第466条………………………………………………………(増田健一)…1
第 7 章 事業の譲渡等
第467条(事業譲渡等の承認等)…………………………(菊地伸)… 7
第468条(事業譲渡等の承認を要しない場合)………………(同)… 21
第469条(反対株主の株式買取請求)………………(篠原倫太郎)… 26
第470条(株式の価格の決定等)………………………………(同)… 35
第 8 章 解 散
第471条(解散の事由)……………………………………(梅村悠)… 43
第472条(休眠会社のみなし解散)……………………………(同)… 51
第473条(株式会社の継続)……………………………………(同)… 55
第474条(解散した株式会社の合併等の制限)………………(同)… 58
第 9 章 清 算
第 1 節 総 則
第 1 款 清算の開始
第475条(清算の開始原因)……………………………(稲生隆浩)… 61
第476条(清算株式会社の能力)………………………………(同)… 62
第 2 款 清算株式会社の機関
第 1 目 株主総会以外の機関の設置
第477条……………………………………………………………(同)… 64
第 2 目 清算人の就任及び解任並びに監査役の退任
第478条(清算人の就任)………………………………………(同)… 67
第479条(清算人の解任)………………………………………(同)… 72
第480条(監査役の退任)………………………………………(同)… 74
第 3 目 清算人の職務等
第481条(清算人の職務)………………………………………(同)… 75
第482条(業務の執行)…………………………………(稲生隆浩)… 78
第483条(清算株式会社の代表)………………………………(同)… 80
第484条(清算株式会社についての破産手続の開始)………(同)… 81
第485条(裁判所の選任する清算人の報酬)…………………(同)… 83
第486条(清算人の清算株式会社に対する損害賠償責任)…(同)… 84
第487条(清算人の第三者に対する損害賠償責任)…………(同)… 85
第488条(清算人及び監査役の連帯責任)……………………(同)… 86
第 4 目 清算人会
第489条(清算人会の権限等)…………………………………(同)… 87
第490条(清算人会の運営)……………………………………(同)… 90
第 5 目 取締役等に関する規定の適用
第491条……………………………………………………………(同)… 92
第 3 款 財産目録等
第492条(財産目録等の作成等)……………………(阿部信一郎)… 93
第493条(財産目録等の提出命令)……………………………(同)… 99
第494条(貸借対照表等の作成及び保存)……………………(同)…103
第495条(貸借対照表等の監査等)……………………………(同)…107
第496条(貸借対照表等の備置き及び閲覧等)………………(同)…113
第497条(貸借対照表等の定時株主総会への提出等)………(同)…118
第498条(貸借対照表等の提出命令)…………………………(同)…121
第 4 款 債務の弁済等
第499条(債権者に対する公告等)……………………………(同)…128
第500条(債務の弁済の制限)…………………………………(同)…135
第501条(条件付債権等に係る債務の弁済)…………………(同)…143
第502条(債務の弁済前における残余財産の分配の制限)…(同)…147
第503条(清算からの除斥)……………………………………(同)…152
第 5 款 残余財産の分配
第504条(残余財産の分配に関する事項の決定)……………(同)…163
第505条(残余財産が金銭以外の財産である場合)…………(同)…169
第506条(基準株式数を定めた場合の処理)…………………(同)…169
第 6 款 清算事務の終了等
第507条……………………………………………………………(同)…174
第 7 款 帳簿資料の保存
第508条……………………………………………………………(同)…181
第 8 款 適用除外等
第509条…………………………………………………(阿部信一郎)…185
第 2 節 特別清算
第 1 款 特別清算の開始
第510条(特別清算開始の原因)…………………………(進士肇)…191
第511条(特別清算開始の申立て)……………………………(同)…199
第512条(他の手続の中止命令)………………………………(同)…205
第513条(特別清算開始の申立ての取下げの制限)…………(同)…208
第514条(特別清算開始の命令)………………………………(同)…210
第515条(他の手続の中止等)…………………………………(同)…215
第516条(担保権の実行の手続等の中止命令)………………(同)…220
第517条(相殺の禁止)…………………………………………(同)…223
第518条……………………………………………………………(同)…228
第 2 款 裁判所による監督及び調査
第519条(裁判所による監督)…………………………………(同)…231
第520条(裁判所による調査)…………………………………(同)…232
第521条(裁判所への財産目録等の提出)……………………(同)…234
第522条(調査命令)……………………………………………(同)…236
第 3 款 清算人
第523条(清算人の公平誠実義務)……………………(田汲幸弘)…239
第524条(清算人の解任等)……………………………………(同)…239
第525条(清算人代理)…………………………………………(同)…239
第526条(清算人の報酬等)……………………………………(同)…239
第 4 款 監督委員
第527条(監督委員の選任等)…………………………………(同)…246
第528条(監督委員に対する監督等)…………………………(同)…249
第529条( 2 人以上の監督委員の職務執行)…………… (同)…250
第530条(監督委員による調査等)……………………………(同)…251
第531条(監督委員の注意義務)………………………………(同)…254
第532条(監督委員の報酬等)…………………………………(同)…255
第 5 款 調査委員
第533条(調査委員の選任等)…………………………………(同)…257
第534条(監督委員に関する規定の準用)……………………(同)…257
第 6 款 清算株式会社の行為の制限等
第535条(清算株式会社の行為の制限)…………………(早川学)…261
第536条(事業の譲渡の制限等)………………………………(同)…266
第537条(債務の弁済の制限)…………………………………(同)…268
第538条(換価の方法)…………………………………………(同)…273
第539条(担保権者が処分をすべき期間の指定)……………(同)…275
第 7 款 清算の監督上必要な処分等
第540条(清算株式会社の財産に関する保全処分)…………(同)…276
第541条(株主名簿の記載等の禁止)…………………………(同)…281
第542条(役員等の財産に対する保全処分)…………………(同)…283
第543条(役員等の責任の免除の禁止)………………………(同)…286
第544条(役員等の責任の免除の取消し)……………………(同)…288
第545条(役員等責任査定決定)………………………………(同)…291
第 8 款 債権者集会
第546条(債権者集会の招集)…………………………………(同)…296
第547条(債権者による招集の請求)…………………………(同)…298
第548条(債権者集会の招集等の決定)………………………(同)…300
第549条(債権者集会の招集の通知)…………………………(同)…304
第550条(債権者集会参考書類及び議決権行使書面の交付等)………
……………………………………………………(同)…306
第551条……………………………………………………………(同)…308
第552条(債権者集会の指揮等)………………………………(同)…309
第553条(異議を述べられた議決権の取扱い)………………(同)…310
第554条(債権者集会の決議)…………………………………(同)…312
第555条(議決権の代理行使)…………………………………(同)…314
第556条(書面による議決権の行使)…………………………(同)…315
第557条(電磁的方法による議決権の行使)…………………(同)…317
第558条(議決権の不統一行使)………………………………(同)…318
第559条(担保権を有する債権者等の出席等)………………(同)…319
第560条(延期又は続行の決議)………………………………(同)…320
第561条(議事録)………………………………………………(同)…321
第562条(清算人の調査結果等の債権者集会に対する報告)…(同)…323
第 9 款 協 定
第563条(協定の申出)…………………………………(松村正哲)…325
第564条(協定の条項)…………………………………………(同)…328
第565条(協定による権利の変更)……………………(松村正哲)…334
第566条(担保権を有する債権者等の参加)…………………(同)…340
第567条(協定の可決の要件)…………………………………(同)…341
第568条(協定の認可の申立て)………………………………(同)…341
第569条(協定の認可又は不認可の決定)……………………(同)…343
第570条(協定の効力発生の時期)……………………………(同)…346
第571条(協定の効力範囲)……………………………………(同)…346
第572条(協定の内容の変更)…………………………………(同)…350
第10款 特別清算の終了
第573条(特別清算終結の決定)………………………………(同)…353
第574条(破産手続開始の決定)………………………………(同)…357
第 3 編 持分会社
第 1 章 設 立
第575条(定款の作成)……………………………………(林宏和)…365
第576条(定款の記載又は記録事項)…………………………(同)…368
第577条……………………………………………………………(同)…370
第578条(合同会社の設立時の出資の履行)…………………(同)…372
第579条(持分会社の成立)……………………………………(同)…373
第 2 章 社 員
第 1 節 社員の責任等
第580条(社員の責任)…………………………………(井上健一)…375
第581条(社員の抗弁)…………………………………………(同)…379
第582条(社員の出資に係る責任)……………………………(同)…380
第583条(社員の責任を変更した場合の特則)………………(同)…382
第584条(無限責任社員となることを許された未成年者の行為能力)…………
………………………………………(同)…384
第 2 節 持分の譲渡等
第585条(持分の譲渡)…………………………………………(同)…386
第586条(持分の全部の譲渡をした社員の責任)……………(同)…389
第587条……………………………………………………………(同)…390
第 3 節 誤認行為の責任
第588条(無限責任社員であると誤認させる行為等をした有限責任社員の責任
)……………………………………(同)…392
第589条(社員であると誤認させる行為をした者の責任)…(同)…393
第 3 章 管 理
第 1 節 総 則
第590条(業務の執行)…………………………………(橡川泰史)…395
第591条(業務を執行する社員を定款で定めた場合)………(同)…395
第592条(社員の持分会社の業務及び財産状況に関する調査)…………………
…………………………………………(同)…402
第 2 節 業務を執行する社員
第593条(業務を執行する社員と持分会社との関係)………(同)…406
第594条(競業の禁止)…………………………………………(同)…410
第595条(利益相反取引の制限)………………………………(同)…415
第596条(業務を執行する社員の持分会社に対する損害賠償責任)……………
………………………………………(同)…417
第597条(業務を執行する有限責任社員の第三者に対する損害賠償責任)……
………………………………………(同)…421
第598条(法人が業務を執行する社員である場合の特則)…(同)…423
第599条(持分会社の代表)……………………………………(同)…426
第600条(持分会社を代表する社員等の行為についての損害賠償責任)………
………………………………………(同)…428
第601条(持分会社と社員との間の訴えにおける会社の代表)…………………
…………………………………………(同)…429
第602条……………………………………………………………(同)…431
第 3 節 業務を執行する社員の職務を代行する者
第603条……………………………………………………………(同)…434
第 4 章 社員の加入及び退社
第 1 節 社員の加入
第604条(社員の加入)…………………………………(和田宗久)…437
第605条(加入した社員の責任)………………………………(同)…440
第 2 節 社員の退社
第606条(任意退社)……………………………………………(同)…442
第607条(法定退社)……………………………………………(同)…446
第608条(相続及び合併の場合の特則)………………………(同)…449
第609条(持分の差押債権者による退社)……………………(同)…452
第610条(退社に伴う定款のみなし変更)……………………(同)…454
第611条(退社に伴う持分の払戻し)…………………………(同)…455
第612条(退社した社員の責任)………………………(和田宗久)…461
第613条(商号変更の請求)……………………………………(同)…463
第 5 章 計算等
第 1 節 会計の原則
第614条……………………………………………………………(同)…467
第 2 節 会計帳簿
第615条(会計帳簿の作成及び保存)……………………(林宏和)…470
第616条(会計帳簿の提出命令)………………………………(同)…472
第 3 節 計算書類
第617条(計算書類の作成及び保存)…………………………(同)…475
第618条(計算書類の閲覧等)…………………………………(同)…476
第619条(計算書類の提出命令)………………………………(同)…477
第 4 節 資本金の額の減少
第620条……………………………………………………(道野真弘)…479
第 5 節 利益の配当
第621条(利益の配当)…………………………………………(同)…481
第622条(社員の損益分配の割合)……………………………(同)…483
第623条(有限責任社員の利益の配当に関する責任)………(同)…486
第 6 節 出資の払戻し
第624条……………………………………………………………(同)…489
第 7 節 合同会社の計算等に関する特則
第 1 款 計算書類の閲覧に関する特則
第625条………………………………………………………(菊田秀雄)…492
第 2 款 資本金の額の減少に関する特則
第626条(出資の払戻し又は持分の払戻しを行う場合の資本金の額の減少)…
………………………………………(同)…494
第627条(債権者の異議)………………………………………(同)…498
第 3 款 利益の配当に関する特則
第628条(利益の配当の制限)…………………………………(同)…499
第629条(利益の配当に関する責任)…………………………(同)…501
第630条(社員に対する求償権の制限等)……………………(同)…502
第631条(欠損が生じた場合の責任)…………………………(同)…503
第 4 款 出資の払戻しに関する特則
第632条(出資の払戻しの制限)………………………………(同)…504
第633条(出資の払戻しに関する社員の責任)………(菊田秀雄)…505
第634条(社員に対する求償権の制限等)……………………(同)…506
第 5 款 退社に伴う持分の払戻しに関する特則
第635条(債権者の異議)………………………………………(同)…507
第636条(業務を執行する社員の責任)………………………(同)…509
第 6 章 定款の変更
第637条(定款の変更)……………………………………(林宏和)…511
第638条(定款の変更による持分会社の種類の変更)………(同)…513
第639条(合資会社の社員の退社による定款のみなし変更)……………………
………………………………………(同)…514
第640条(定款の変更時の出資の履行)………………………(同)…515
第 7 章 解 散
第641条(解散の事由)……………………………………(梅村悠)…517
第642条(持分会社の継続)……………………………………(同)…520
第643条(解散した持分会社の合併等の制限)………………(同)…524
第 8 章 清 算
第 1 節 清算の開始
第644条(清算の開始原因)………………………………(伊藤尚)…527
第645条(清算持分会社の能力)………………………………(同)…530
第 2 節 清算人
第646条(清算人の設置)………………………………………(同)…534
第647条(清算人の就任)………………………………………(同)…535
第648条(清算人の解任)………………………………………(同)…540
第649条(清算人の職務)………………………………………(同)…543
第650条(業務の執行)…………………………………………(同)…548
第651条(清算人と清算持分会社との関係)…………………(同)…551
第652条(清算人の清算持分会社に対する損害賠償責任)…(同)…553
第653条(清算人の第三者に対する損害賠償責任)…………(同)…555
第654条(法人が清算人である場合の特則)…………………(同)…558
第655条(清算持分会社の代表)………………………………(同)…559
第656条(清算持分会社についての破産手続の開始)………(同)…562
第657条(裁判所の選任する清算人の報酬)…………………(同)…565
第 3 節 財産目録等
第658条(財産目録等の作成等)………………………………(同)…566
第659条(財産目録等の提出命令)………………………(伊藤尚)…568
第 4 節 債務の弁済等
第660条(債権者に対する公告等)……………………(髙井章光)…570
第661条(債務の弁済の制限)…………………………………(同)…572
第662条(条件付債権等に係る債務の弁済)…………………(同)…575
第663条(出資の履行の請求)…………………………………(同)…576
第664条(債務の弁済前における残余財産の分配の制限)…(同)…577
第665条(清算からの除斥)……………………………………(同)…579
第 5 節 残余財産の分配
第666条(残余財産の分配の割合)……………………………(同)…581
第 6 節 清算事務の終了等
第667条……………………………………………………………(同)…582
第 7 節 任意清算
第668条(財産の処分の方法)…………………………………(同)…584
第669条(財産目録等の作成)…………………………………(同)…585
第670条(債権者の異議)………………………………………(同)…587
第671条(持分の差押債権者の同意等)………………………(同)…589
第 8 節 帳簿資料の保存
第672条……………………………………………………………(同)…590
第 9 節 社員の責任の消滅時効
第673条……………………………………………………………(同)…594
第10節 適用除外等
第674条(適用除外)……………………………………………(同)…596
第675条(相続及び合併による退社の特則)…………………(同)…597

事項索引……………………………………………………………………599
判例索引……………………………………………………………………611

第 1 巻【第 1 条~第170条】
総則、株式会社Ⅰ〔設立・株式(1)〕
第 2 巻【第171条~第328条】
株式会社Ⅱ〔株式(2)・新株予約権・株主総会〕
第 3 巻【第329条~第465条】
株式会社Ⅲ〔役員等・計算〕
第 5 巻【第676条~第802条】
社債、組織再編Ⅰ
第 6 巻【第803条~第979条】
組織再編Ⅱ、外国会社、雑則、罰則

商品の特色

●特色1:実務に精通した執筆陣! 

本書は実務に精通した研究者、会社法分野専門の弁護士等がその得意分野を活かした条文を執筆していますので、実務での利用場面を意識した解説として有効です。

●特色2:実務上の問題点(論点)を直接解説! 

本書はその条文の持つ論点を直接・簡潔に解説していますので、問題の迅速な解決につながります。 

●特色3:会社法全条文を全6巻に収録! 

本書は979条すべての条文につき論点の有無を検討しています。検討により論点のなかった条文についても「条文の概要」を記載することでその条文の意味合いが把握できるよう編集していますので、実務上珍しい問題についての応用もしやすくなっています。 

●特色4:会社法以外の法律も!

本書は会社法とその周辺の法律、金融商品取引法、独占禁止法、労働法、租税法、倒産関係法などの論点も、会社法の条文に関連する問題として登載していますので複数の法律にまたがる問題の解決に役立ちます。 

●特色5:さらに金融商品取引所の規則等も! 

本書は法律以外の規定・ルールについても該当する会社法の条文に合わせて検討対象としていますので、問題の総合的な理解が可能になります。 

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ