ホーム > 業種・職種 > 企業法務 > 少数派株主の保護と救済

少数派株主の保護と救済

定価

7,700 (本体:7,000円)  

編著者名

廣田哲治 著

  • 単行本
  • 企業法務
ISBN 978-4-474-02968-2
発刊年月日 2013-10-01
判型 A5判
ページ数 528
巻数 /少数派株主
商品コード 029686

商品概要

イギリス、カナダ及び日本における少数派株主の保護と救済の制度を概観し、日本における少数派株主の保護制度のあり方を示唆した研究論文。

目次

i
目 次

1.問題提起… ……………………………………………………………………… 3
2.検討の対象… …………………………………………………………………… 8
3.検討の方法… ……………………………………………………………………12
第1 部 イギリスにおける少数派株主の保護と救済
第1 章 不公正な侵害行為の救済制度―――――――――――――――― 19
 第1 節 1948 年会社法における少数派株主の救済制度の概要… …………19
  第1 款 要 件………………………………………………………………21
  第2 款 救済の種類…………………………………………………………23
  第3 款 商務省の関与………………………………………………………24
  第4 款 判 例………………………………………………………………25
 第2 節 2006 年会社法における少数派株主の救済制度の概要… …………28
  第1 款 会社法改正の流れ…………………………………………………28
  第2 款 要 件………………………………………………………………40
  第3 款 不公正な侵害行為の類型…………………………………………72
  第4 款 救済方法………………………………………………………… 105
 第3 節 小 括……………………………………………………………… 121
第2 章 代表訴訟――――――――――――――――――――――――― 123
 第1 節 Foss v. Harbottle の原則… ……………………………………… 123
 第2 節 反射的損失と代表訴訟の発展…………………………………… 128
  第1 款 Prudential Assurance 事件以前… …………………………… 128
  第2 款 Johnson v. Gore Wood 事件以後… …………………………… 134
 第3 節 2006 年会社法代表訴訟… ………………………………………… 141
ii
目 次
  第1 款 改正過程………………………………………………………… 141
  第2 款 政府の見解……………………………………………………… 143
  第3 款 特 徴…………………………………………………………… 146
  第4 款 260 条の要件……………………………………………………… 147
  第5 款 コモン・ロー上の代表訴訟との関係………………………… 149
  第6 款 263 条2 項a 号の解釈…………………………………………… 151
  第7 款 263 条2 項b 号及びc 号の解釈………………………………… 158
  第8 款 994 条と260 条との関係………………………………………… 160
  第9 款 訴訟費用の負担………………………………………………… 164
  第10 款 クリーンハンズとの関係… …………………………………… 166
  第11 款 多重代表訴訟… ………………………………………………… 168
 第4 節 小 括……………………………………………………………… 170
第3 章 解散判決請求権――――――――――――――――――――― 171
 第1 節 解散判決請求権の概要…………………………………………… 171
  第1 款 Ebrahimi v. Westbourne Galleries 事件… …………………… 177
  第2 款 判例における解散判決請求権の認定類型…………………… 181
  第3 款 解散判決請求の代替救済方法………………………………… 192
 第2 節 小 括……………………………………………………………… 196
第4 章 株式買取請求権― ―――――――――――――――――――― 199
第2 部 カナダにおける少数派株主の保護と救済
第1 章 不公正な侵害行為の救済制度― ―――――――――――――― 206
 第1 節 概 要……………………………………………………………… 206
  第1 款 不公正な侵害行為の救済の導入……………………………… 206
  第2 款 要 件…………………………………………………………… 208
  第3 款 申請人の意義…………………………………………………… 209
  第4 款 合理的期待……………………………………………………… 209
  第5 款 株主以外に対する不公正な侵害行為の救済………………… 211
  第6 款 裁判所の命令…………………………………………………… 213
目 次
iii
  第7 款 正当な期待と合理的な期待…………………………………… 214
  第8 款 抑圧の意義……………………………………………………… 217
  第9 款 株主の利益……………………………………………………… 218
  第10 款 公開会社に対する適用の可否… ……………………………… 219
  第11 款 全員一致の株主間契約の存在… ……………………………… 220
 第2 節 イギリス会社法との差異………………………………………… 221
 第3 節 会社内部の事項に対する裁判所の関与………………………… 223
 第4 節 経済的分析と不公正な侵害行為の救済………………………… 225
 第5 節 正当な期待と文書化……………………………………………… 226
 第6 節 小 括……………………………………………………………… 227
第2 章 代表訴訟―――――――――――――――――――――――― 229
 第1 節 概 要……………………………………………………………… 229
  第1 款 代表訴訟の導入………………………………………………… 229
  第2 款 要 件…………………………………………………………… 230
  第3 款 申請人の意義…………………………………………………… 233
  第4 款 善意の意義……………………………………………………… 234
  第5 款 会社の利益……………………………………………………… 238
 第2 節 代表訴訟と不公正な侵害行為の相違点………………………… 239
 第3 節 代表訴訟の出訴期限……………………………………………… 240
 第4 節 小 括……………………………………………………………… 241
第3 章 解散判決請求権― ――――――――――――――――――― 243
 第1 節 概 要……………………………………………………………… 243
  第1 款 要 件…………………………………………………………… 243
  第2 款 正当かつ衡平の意義…………………………………………… 245
 第2 節 解散判決請求権と不公正な侵害行為の救済の関係…………… 247
 第3 節 小 括……………………………………………………………… 251
第4 章 株式買取請求権― ――――――――――――――――――― 253
 第1 節 概 要……………………………………………………………… 253
  第1 款 株式買取請求権の導入………………………………………… 253
  第2 款 要 件…………………………………………………………… 254
iv
目 次
  第3 款 手続規定………………………………………………………… 255
 第2 節 株式買取請求権の行使…………………………………………… 257
  第1 款 株式買取請求権の行使後の権利……………………………… 257
  第2 款 株式買取請求権の行使による対価の支払…………………… 258
 第3 節 株式買取請求権の種類…………………………………………… 259
  第1 款 反対株主の株式買取請求権…………………………………… 259
  第2 款 強制取得(Compulsory acquisition)… ……………………… 261
  第3 款 株式取得要求権(Right to request acquisition)… ………… 262
 第4 節 公開会社における株式買取請求権……………………………… 263
 第5 節 株式の評価………………………………………………………… 264
  第1 款 株式の評価の立証……………………………………………… 264
  第2 款 株式の評価額…………………………………………………… 267
  第3 款 割引評価………………………………………………………… 269
 第6 節 小 括……………………………………………………………… 270
第3 部 日本法における少数派株主の保護と救済
第1 章 不公正な侵害行為の救済制度― ――――――――――――― 275
 第1 節 社団法理と準組合法理…………………………………………… 275
 第2 節 少数派株主の侵害事例…………………………………………… 280
  第1 款 取締役の解任に関する事例…………………………………… 280
  第2 款 剰余金配当に関する事例……………………………………… 281
  第3 款 不公正な方法による新株発行の事例………………………… 282
  第4 款 少数派株主の締出しの事例…………………………………… 283
 第3 節 大小区分立法における考え方…………………………………… 285
  第1 款 株式買取請求権………………………………………………… 286
  第2 款 剰余金の配当…………………………………………………… 290
 第4 節 現行法における不公正な侵害行為の規整……………………… 292
  第1 款 属人的定めによる少数派株主の保護………………………… 292
  第2 款 新株発行と少数派株主保護…………………………………… 295
目 次
v
  第3 款 株主の忠実義務による少数派株主の保護…………………… 309
  第4 款 取締役の忠実義務による少数派株主の保護………………… 323
  第5 款 株主間契約による少数派株主の保護………………………… 335
  第6 款 少数株主権による少数派株主の保護………………………… 338
  第7 款 定款による少数派株主の保護………………………………… 343
  第8 款 多数派株主所有株式の譲渡の責任…………………………… 349
  第9 款 会社分割による少数派株主の保護…………………………… 351
 第5 節 小 括……………………………………………………………… 352
第2 章 代表訴訟―――――――――――――――――――――――― 353
 第1 節 反射的損失と代表訴訟…………………………………………… 353
 第2 節 代表訴訟における取締役の責任………………………………… 355
  第1 款 取締役就任前の使用人としての行為による損害賠償責任… 356
  第2 款 使用人兼務取締役が使用人としての職務行為に関連して
     負うこととなった任務懈怠責任………………………………… 357
  第3 款 代表訴訟における取締役の責任の範囲……………………… 357
 第3 節 会社が有する債権の処分の裁量権と代表訴訟………………… 361
 第4 節 企業価値の当否と善管注意義務………………………………… 362
 第5 節 代表訴訟における和解…………………………………………… 363
 第6 節 経営判断の原則の審査…………………………………………… 364
 第7 節 小 括……………………………………………………………… 366
第3 章 解散判決請求権― ――――――――――――――――――― 369
 第1 節 解散判決請求権の概要…………………………………………… 369
  第1 款 やむを得ない事由……………………………………………… 374
  第2 款 会社の業務の執行において著しく困難な状態に至り、当該
     会社に回復できない損害が生じ、又は生ずる虞があるとき… 379
  第3 款 会社の財産の管理又は、処分が著しく失当で、当該会社の
     存立を危うくするとき…………………………………………… 379
 第2 節 大小区分立法の考え方…………………………………………… 382
 第3 節 解散判決の具体的適用範囲……………………………………… 384
  第1 款 株式会社・有限会社の解散判決……………………………… 384
vi
目 次
  第2 款 持分会社における解散判決…………………………………… 391
 第4 節 小 括……………………………………………………………… 397
第4 章 株式買取請求権― ――――――――――――――――――― 399
 第1 節 株式買取請求権の概要…………………………………………… 399
 第2 節 株式買取請求権への批判………………………………………… 403
 第3 節 株式買取請求による保護の妥当性……………………………… 404
 第4 節 合併と株式買取請求権の関係…………………………………… 408
 第5 節 公正な株式の価格………………………………………………… 416
  第1 款 経営学上の株式の価格………………………………………… 416
  第2 款 経営学上と会社法上の株式の評価の差異…………………… 417
  第3 款 会社法上の株式の価格………………………………………… 419
  第4 款 公正な価格の基準日…………………………………………… 424
  第5 款 公正な価格の意義……………………………………………… 429
 第6 節 特別支配株主の株式等売渡請求………………………………… 437
  第1 款 概 要…………………………………………………………… 437
  第2 款 バイ・アウト権創設の是非…………………………………… 438
  第3 款 取締役の忠実義務との関係…………………………………… 439
  第4 款 非公開会社への適用…………………………………………… 441
 第7 節 セル・アウト……………………………………………………… 442
  第1 款 検討事項………………………………………………………… 442
  第2 款 セル・アウトの擁護論………………………………………… 444
  第3 款 セル・アウト権の反対論……………………………………… 445
  第4 款 会社法制の見直しに関する中間試案の補足説明の見解…… 445
  第5 款 「今後の企業法制の在り方について」の見解… ……………… 446
  第6 款 少数派株主の会社内への閉じ込めへの対処………………… 446
 第8 節 小 括……………………………………………………………… 447
目 次
vii
第4 部 まとめ
第1 章 少数派株主の保護にかかる法制の比較― ―――――――――― 453
 第1 節 イギリス…………………………………………………………… 453
  第1 款 不公正な侵害行為の救済……………………………………… 453
  第2 款 代表訴訟………………………………………………………… 454
  第3 款 解散判決請求権………………………………………………… 455
  第4 款 株式買取請求権………………………………………………… 456
 第2 節 カナダ……………………………………………………………… 456
  第1 款 不公正な侵害行為の救済……………………………………… 456
  第2 款 代表訴訟………………………………………………………… 457
  第3 款 解散判決請求権………………………………………………… 458
  第4 款 株式買取請求権………………………………………………… 459
 第3 節 日 本……………………………………………………………… 460
  第1 款 不公正な侵害行為の救済……………………………………… 460
  第2 款 代表訴訟………………………………………………………… 461
  第3 款 解散判決請求権………………………………………………… 461
  第4 款 株式買取請求権………………………………………………… 462
第2 章 わが国への示唆― ―――――――――――――――――――― 464
 第1 節 不公正な侵害行為の救済………………………………………… 465
 第2 節 代表訴訟…………………………………………………………… 468
  第1 款 反射的損失と代表訴訟………………………………………… 468
  第2 款 取締役の忠実義務との関係…………………………………… 469
  第3 款 会社の有する債権の処分等に関する裁量権………………… 470
  第4 款 代表訴訟における和解………………………………………… 471
  第5 款 経営判断の原則との関係……………………………………… 471
 第3 節 解散判決請求権…………………………………………………… 472
 第4 節 株式買取請求権…………………………………………………… 473
  第1 款 公正な価格……………………………………………………… 473
  第2 款 無条件買取請求権……………………………………………… 475
viii
目 次
  第3 款 公正な価格の決定……………………………………………… 475
  第4 款 公正な価格の基準日…………………………………………… 477
  第5 款 バイ・アウト…………………………………………………… 478
  第6 款 セル・アウト…………………………………………………… 480
参考文献………………………………………………………………………… 483
事項索引………………………………………………………………………… 511

  • 資料請求をする
  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ