ホーム > 業種・職種 > 企業法務 > マネー・ローンダリング 反社会的勢力対策ガイドブック-2018年金融庁ガイドラインへの実務対応-

マネー・ローンダリング 反社会的勢力対策ガイドブック-2018年金融庁ガイドラインへの実務対応-

もはや一般企業も巻き込まれる、マネー・ローンダリング等違法取引・反社会的勢力対応策の事業者必読書

定価

3,780 (本体:3,500円) 在庫あり

編著者名

白井真人 芳賀恒人 渡邉雅之 著

  • 新刊
  • 単行本
  • 企業法務
ISBN 978-4-474-06412-6
発刊年月日 2018-08-09
判型 A5判/C2032
ページ数 464
巻数 /マネロン対策
商品コード 064121

商品概要

マネロンを始めとした反社会的勢力への企業実務対応に精通した専門家が書いた解説集。反社会的勢力といった、普通の企業では対応が困難な事案を、現在国が求める対応に沿って実践的に解説。2018年金融庁ガイドライン等の最新の動きを反映している。

目次

第1章 マネー・ローンダリング対策の基礎
 1 「マネー・ローンダリング」とは何か
 2 マネー・ローンダリング対策の概要
 3 マネー・ローンダリング対策の不備によるリスク
 4 マネー・ローンダリング防止に係る国際的枠組み
 5 第4次対日相互審査において指摘を受ける可能性のある事項

第2章 我が国におけるマネー・ローンダリング対策
 1 国内の関連法規制整備の経緯
 2 マネー・ローンダリング防止に関する法的枠組み
 3 その他のガイドライン等
 4 日本のマネー・ローンダリング対策に関する国際的な評価

第3章 犯罪収益移転防止法の概要
 1 犯収法の仕組み
 2 特定事業者
 3 特定業務と特定取引
 4 犯収法の取引時確認義務
 5 平成28(2016)年10月施行の改正で追加された特定取引
 6 簡素な顧客管理を行うことが許容される取引
 7 本人特定事項の確認
 8 代表者等が顧客等のために特定取引等の任に当たっていると認められる事由
 9 取引を行う目的の確認
 10 職業・事業内容の確認
 11 実質的支配者の本人特定事項の確認
 12 高リスク取引についての厳格な取引時確認
 13 確認記録の作成・保存
 14 取引記録等の作成・保存
 15 疑わしい取引の届出
 16 取引時確認等を的確に行うための措置
 17 コルレス契約締結に際して行う確認義務・コルレス先と取引を行う際の体制整備義務
 18 犯罪収益移転危険度調査書の作成・公表
 19 マネロン・テロ資金供与対策ガイドラインに対応するためのアクションプラン

第4章 リスクベース・アプローチ
 1 リスクベース・アプローチとは何か
 2 AMLにおけるリスクベース・アプローチ
 3 日本国内におけるリスクベース・アプローチ
 4 リスクベース・アプローチの実務

第5章 マネー・ローンダリング防止態勢の整備
 1 マネー・ローンダリング防止態勢の整備に関する規制・ガイドライン
 2 各構成要素のポイント
 3 AML/CFTに関するITシステム

第6章 リスクベース・アプローチと反社会的勢力防止のための態勢整備
 1 反社会的勢力排除の必要性とその根拠
 2 反社管理態勢(入口・中間・出口)
 3 反社チェックの実務
 4 リスクベースの反社管理態勢の実務~KYCからKYCC、KYCCCへ

参考資料・リンク集
事項索引

商品の特色

〇マネロンを始めとした反社会的勢力への企業実務対応に精通した専門家が書いた解説集

〇反社会的勢力といった、普通の企業では対応が困難な事案を、現在国が求める対応に沿って実践的に解説

〇改正個人情報保護法、2018年金融庁ガイドライン等の最新の動きを反映

〇もはや金融機関だけではなく、一般の事業会社もマネロン・反社勢力への対応が必須の時代

〇これら対応策を基礎から、法規制・必要な態勢整備について確実に理解が深められる随一の書

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ