ホーム > 業種・職種 > 介護・福祉 > 30のテーマでわかる!地域ケア会議コーディネートブック

30のテーマでわかる!地域ケア会議コーディネートブック

定価

2,916 (本体:2,700円)  

編著者名

高室成幸 著

  • 新刊
  • 予約受付中
  • 単行本
  • 介護・福祉
ISBN 978-4-474-06378-5
発刊年月日 2018-10-17
判型 B5判/C2036
ページ数 224
巻数 /地域ケア会議
商品コード 063784
こちらの商品は予約販売中です。
(発刊年月日は前後する場合がございます)

商品完成後、数日でのお届けとなります。
予約商品を含む複数商品購入の際は、まとめて発送いたします。

商品概要

地域ケア会議の担当者向けに、具体的な運営・進行について解説。事前準備、参加者の選定のほか、進行フレーズを多数掲載。また30のテーマごとに、話し合いの視点、助言者への依頼内容、さらに個別課題解決機能を通して4つの機能へ展開するヒント等を収録。

目次

第1章 地域ケア会議とは
1 地域ケア会議の役割
2 地域ケア会議の構造と設置および運営
3 地域ケア会議「5つの機能」

第2章 地域ケア個別会議の進め方
1 検討ケースの抽出とタイトル設定
2 参加者・助言者の選定と依頼
3 多様な立場の参加者への配慮
4 助言者の活用
5 会議の事前準備
6 地域ケア個別会議の流れと進行のポイント
7 個別課題解決の話し合い
8 4つの機能への展開
9 話し合いの5つのプロセスと3つのポジティブ進行
10 発言の引き出し方
11 質問の仕方・聴き取り方
12 7つのネガティブ発言への対応
13 進行トラブルへの対応
14 話し合いの「見える化」
15 検討資料の作り方

第3章 自立支援サポート会議の進め方
1 検討ケースの抽出とタイトル設定
2 参加者・助言者の選定と依頼
3 会議の事前準備
4 自立支援サポート会議の流れと進行のポイント
5 ケース説明の仕方
6 効率的な進行
7 4つの機能への展開
8 検討資料の作り方

第4章 地域ケア推進会議の進め方
1 地域ケア推進会議の目的と機能
2 地域ケア推進会議の構成
3 地域ケア推進会議の準備
4 地域ケア推進会議の流れと進行のポイント
5 多様な立場の参加者への配慮
6 発言の引き出し方・ブレない進行の仕方
7 多職種連携のネットワーク構築支援機能への展開
8 地域課題の発見機能への展開
9 地域づくりと地域の資源開発および連携機能への展開
10 政策形成への展開
11 話し合いの「見える化」

第5章 地域ケア会議の展開-30のテーマ-
本章の活用の仕方
1 老老介護
2 サービス拒否
3 遠距離介護
4 男性介護者
5 苦情・クレーム
6 介護離職
7 障害児・者と同居している高齢者
8 移動困難
9 買い物弱者
10 高齢者ドライバー
11 交通トラブル
12 近隣トラブル
13 ゴミ屋敷
14 認知症
15 若年性認知症
16 精神疾患
17 ひきこもり
18 生活困窮世帯
19 介護虐待
20 消費者トラブル
21 軽犯罪高齢者
22 矯正施設出所者
23 過疎地域
24 災害弱者
25 居住系施設
26 【介護予防】転倒・骨折、関節疾患
27 【介護予防】低栄養・脱水
28 【介護予防】高次脳機能障害
29 【介護予防】軽度認知障害・認知症
30 【介護予防】閉じこもり高齢者

付録 政策形成のための参考事例
1 ゴミ出し支援
2 買い物弱者支援
3 移動困難支援
4 高齢者就労支援
5 災害弱者支援
6 中心市街地活性化
7 空き家対策・活用

商品の特色

○会議のスムーズな進行のために参考となる、場面ごとの具体的なフレーズが約200収録されています。

○具体的な30のテーマ(老老介護、男性介護者、高齢者ドライバーなど)ごとに、課題の背景や話し合いの視点、出席してもらう助言者が分かるようになっています。

○著者オリジナルの図解を多数掲載しています。

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ