ホーム > 業種・職種 > 介護・福祉 > 平成30年度介護報酬改定対応実地指導はこれでOK!おさえておきたい算定要件【訪問介護編】

「ストレスリリーサー」プレゼントキャンペーン

※要エントリー:ご注文フォーム内のメッセージ欄に必ず「ぷにぷに希望」とご入力ください。

平成30年度介護報酬改定対応実地指導はこれでOK!おさえておきたい算定要件【訪問介護編】

定価

定価

2,530 (本体:2,300円)  

編著者名

小濱 道博 著

  • 単行本
  • 介護・福祉
ISBN 978-4-474-06432-4
発刊年月日 2019-01-25
判型 A5判/C2036
ページ数 144
巻数/略称 /実地指導訪問
商品コード 064329

資料請求をする

  • カタログを見る

商品概要

訪問介護事業所に対して数年に一度必ず行われる「実地指導」で、事業所の業務停止や指定取消しなどの行政処分につながるような運営基準の誤り、介護報酬の返還につながるような算定要件の誤りを起こさないための、主に事業所の管理者向けの解説書。平成30年4月の報酬改定にも対応。

目次

はじめに

実地指導の「リスク」は何か
コラム 平成30年度介護報酬改定の総括(訪問介護編)
第1章 人員・設備・運営基準 -指定取消しにならないために-
1 人員基準

指導事例1 たった2万円強での不正請求でも指定取消しに
●解説 常勤換算補法
●解説 常勤と非常勤、専従と兼務
●解説 利用者数の計算方法
●解説 利用者が40人を超える事業所のサービス提供責任者
●解説 サービス提供責任者の配置の特例(利用者50人に対して1人以上の配置)
2 設備基準
3 運営基準
 (1)運営規程、重要事項説明書、契約書

指導事例2 職員の虚偽申請等により介護報酬全額が返還対象に
 (2)個人情報利用の同意書
  (3) その他の運営基準
 (4)ケアマネジメントプロセス
 (5)ケアプランとの整合性
 (6)訪問介護計画
(7) 会計の区分

指導事例3 人員基準違反や減算逃れによる指定取消し

第2章 介護報酬の算定要件 -報酬返還にならないために-

1 訪問介護費
●解説 2時間ルールの適用
●解説 自立生活支援のための見守り的援助
●解説 頻回の訪問ができる「20分未満の身体介護」
指導事例4 減算逃れのための虚偽報告等で指定取消し

2 減 算
 (1)初任者研修課程修了者サービス提供責任者配置減算
 (2)集合住宅減算

3 加 算
 (1)身体介護に引き続き生活援助を行った場合(生活援助加算)
 (2)2人の訪問介護員等による場合
 (3)夜間早朝・深夜の場合
 (4)特定事業所加算
●解説 重度要介護者の利用者の割合
 (5)特別地域訪問介護加算
 (6)中山間地域等における小規模事業所加算
(7)中山間地域等に居住する者へのサービス提供加算
 (8)緊急時訪問介護加算
 (9)初回加算
 (10)生活機能向上連携加算
  (11) 介護職員処遇改善加算

4 算定の手続き
 (1)「介護給付費算定に係る体制等状況」届の提出
 (2)請求、給付管理、過誤申立
 (3)値引きと不当値引きの考え方

第3章 介護保険外の料金、サービスとの関係
(1)保険外サービスを提供する場合
 (2)高齢者住宅併設の場合
 (3)医療行為
 (4)訪問介護では算定できない事例
(5) 共生型サービス

▼もっと見る

商品の特色

○運営基準違反とならないための人員・運営基準の解説、報酬返還とならないための介護報酬の算定基準の解説の2章立て。

○基準となる要件をチェック形式で確認でき、実地指導で指摘されることが多い、間違いやすいポイントや注意事項を絞って掲載したことで限られた時間での対応に役立つ。

○人員・運営基準では特に複雑でわかりにくい人員・利用者のカウントや「常勤換算」「勤務延時間」「専従」「兼務」等の考え方について、図解やイラストで解説。

○算定要件では報酬の返還にならないために、「これだけはおさえておきたい算定要件」に絞った内容構成。

○実際にあった指摘事例を掲載し、問題点などの解説を加えることで、身近な例として考え、対策することができる。

  • 資料請求をする
  • DXで変える・変わる自治体の「新しい仕事の仕方」 推進のポイントを的確につかみ効果を上げる!
  • 新訂第二版 公用文の書き表し方の基準(資料集)
  • 新訂版 議事録作成の実務と実践
  • 既存鉄筋コンクリート造・鉄骨造・木造・補強コンクリートブロック造 学校建物の耐力度測定方法
  • 論点体系
  • 第一法規の電子書籍

このページのTopへ

TOPへ