ホーム > 業種・職種 > 法曹 > 福祉的アプローチで取り組む弁護士実務―依頼者のための債務整理と生活再建―

第一法規ストア送料無料!

「ストレスリリーサー」プレゼントキャンペーン

※要エントリー:ご注文フォーム内のメッセージ欄に必ず「ぷにぷに希望」とご入力ください。

福祉的アプローチで取り組む弁護士実務―依頼者のための債務整理と生活再建―

<司法と福祉の協働>という視点から、債務整理事件における弁護士実務を1歩深める!

定価

定価

2,970 (本体:2,700円)  

編著者名

弁護士とソーシャルワーカーの協働を考える会 編著

  • 単行本
  • 法曹
ISBN 978-4-474-06853-7
発刊年月日 2020-01-30
判型 A5判/C2032
ページ数 232
巻数/略称 / 福祉アプ弁
商品コード 068536

資料請求をする

  • カタログを見る

商品概要

<司法と福祉の協働>という視点から、依頼者の経済的破綻に潜む課題を解決し、今後の生活の再建を図る。債務整理事件における弁護士実務を1歩深めるための指南書。

目次

第1章 債務整理と福祉的支援

01 はじめに
コラム 依頼者のニーズに喰らいつけ!
02 ケアマネジメントとは何か
03 申立代理人の義務とソーシャルワークの緊張関係
04 福祉的支援の中での債務整理
05 債務整理における福祉的支援の実践事例~協働する風テラスの現場から
コラム ソーシャルワーカーから見た弁護士との協働の実際~風テラスの窓をノックする女性たち

第2章 債務整理の各段階で役立つ福祉的アプローチ

01 法律相談~アセスメントはしっかりと
02 受任直後~真の原因の把握と手当て
03 申立ての準備~「見立て」の検証と定期的な面談
04 申立て~免責不許可事由がある場合の同時廃止申立て
05 破産手続開始決定後~申立人代理人が開始決定後に気をつけるべきこと
06 自由財産拡張~申立代理人の視点・破産管財人の視点
07 免責調査~申立代理人の視点・破産管財人の視点
08 事件終了後~問題解決のために免責後も関わりを持とう

第3章 事例~破産事件ストーリー

第4章 座談会~ソーシャルワークの視点を意識した債務整理について考える

▼もっと見る

商品の特色

〇<司法と福祉の協働>を実践する弁護士らにより、債務整理事件の依頼者が抱える問題への気づきや福祉専門職との連携のポイントをわかりやすく解説。

〇具体的なイメージを掴むための事例や、執筆陣による座談会も収録。

〇「風テラス」で弁護士とともに活動するソーシャルワーカーのコラムも掲載。


【お詫びと訂正】  

本書において記載事項に誤りがございました。

読者の皆様方には大変ご迷惑をおかけいたしましたこと謹んでお詫び申し上げます。

正しい内容はこちらをご覧ください。

  • 資料請求をする
  • DXで変える・変わる自治体の「新しい仕事の仕方」 推進のポイントを的確につかみ効果を上げる!
  • 新訂第二版 公用文の書き表し方の基準(資料集)
  • 新訂版 議事録作成の実務と実践
  • 既存鉄筋コンクリート造・鉄骨造・木造・補強コンクリートブロック造 学校建物の耐力度測定方法
  • 論点体系
  • 第一法規の電子書籍

このページのTopへ

TOPへ