ホーム > 業種・職種 > 自治・行政 > 官公庁契約法精義 二〇二〇

官公庁契約法精義 二〇二〇

定価

14,300 (本体:13,000円) 在庫あり

編著者名

有川 博 著

  • 単行本
  • 自治・行政
ISBN 978-4-486-458220-9
発刊年月日 2020-01-30
判型 A5判上製箱入り
ページ数 1620
巻数 /契約精義2020
商品コード 072066

商品概要

「独立行政法人、国立大学法人の契約と課題」、「財務省会計制度研究会報告の論点」等新たな動きを加筆!!会計検査院の指摘を30の類型に分類し、最新の事例を加え184の検査報告事例を整理!!

目次

【主な内容】
1.公共契約を巡る3つのターニングポイントと4つの潮流
2.事実上公共契約を担う機関の拡大と契約責任の空洞化
3.外部からの働きかけに対する記録・報告・公表の制度化
4.公共工事適正化法・同指針・国交省通知による予定価格の作成時期
5.一者入札について想定される発生原因の全リスト化
6.総合評価落札方式の拡大と9つの総合評価パターンの現況
7.総合評価・企画競争における主観的要素の介在と対処法
8.付帯的政策と公正性・経済性・透明性との調整の課題
9.公共契約のアウトソーシングと内部統制の空洞化の問題
10.公共契約におけるPDCAサイクル確保へ向けた取組み
11.独立行政法人における新たな契約執行体制への現況
12. 特定調達契約を巡る動向と直近の苦情処理判例
13.国庫債務負担行為を巡る動向と長期契約法の課題
14.国立大学法人を巡る、少額随契の問題
15.特定国立研究開発法人に制度化された「特例随契」の運用と課題
16.東京都の入札改革の改革の概要と現況

  • 法務知財契約改
  • 弁医療法務
  • ようこそ自治3
  • 税理士ITツール
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ