ホーム > 業種・職種 > 自治・行政 > 【電子書籍】自治体法務検定公式テキスト 政策法務編 2022年度検定対応

【電子書籍】自治体法務検定公式テキスト 政策法務編 2022年度検定対応

定価

定価

3,080 (本体:2,800円)  

編著者名

自治体法務検定委員会 編

  • 電子書籍
  • 自治・行政
ISBN 978-4-474-07826-0
発刊年月日 2022-04-28
判型 B5判/C0032
ページ数 384
巻数 /電検定政策22
商品コード 078261

資料請求をする

商品概要

地方分権時代において地域を担う自治体職員に必要な法務能力を問う「自治体法務検定 政策法務」の公式テキスト。それぞれの地域にふさわしい政策実現や課題解決に向けて、既存の法令や制度を解釈・運用するために必要な政策法務知識の基礎を学ぶ。

目次

第1章 自治体法務とは
第1節 自治体法務の前提
第2節 自治体法務と政策法務
第3節 地方分権改革と自治体法務
第4節 自治体法務の基本原理
第5節 自治体にかかわる「法」の形式

第2章 立法法務の基礎
第1節 条例制定権と条例で定めなければならない事項
第2節 立法事実―なぜ条例が必要なのか
第3節 行政手法―地域の公共的な課題を解決するためには
第4節 立法の典型的パターン
第5節 都道府県条例と市町村条例の関係
第6節 法制執務の知識
第7節 広がる条例の世界

第3章 解釈運用法務の基礎
第1節 法の解釈運用の基礎
第2節 自治体の事務と国等の関与
第3節 行政の裁量とその統制の必要性
第4節 違法状態の是正

第4章 評価・争訟法務
第1節 評価・争訟と法務
第2節 評価法務
第3節 争訟法務

第5章 自治体運営の基礎
第1節 地方自治の仕組み
第2節 自治体統治の仕組み

第6章 住民自治の仕組み
第1節 憲法、地方自治法による住民自治
第2節 住民とその集団
第3節 市民参加・市民協働

第7章 情報公開と個人情報保護
第1節 行政情報の公開
第2節 個人情報保護制度

第8章 公共政策と自治体法務
第1節 公共政策の見方・つくり方
第2節 公共政策のプロセスと組織―政策は誰がどう担っているか
第3節 政策法務のマネジメント

▼もっと見る

商品の特色

■「自治体法務検定」とは
第一次地方分権改革以降、現行の法体系では急速に変化している自治体の現場の状況に十分な形で対応ができていない面があります。しかし、これからの自治体は、住民に身近なところで、それぞれの地域にふさわしい独自の施策や行政サービスを提供しなければなりません。そのためには、基礎となる法務能力を備えながら、高度な政策の実現を遂行できる人材が強く求められています。こうした状況のなか、自治体職員の「法務」能力を向上させるために生まれたのが『自治体法務検定』です。

■公式テキストの特色
○受検者が必要な項目を体系立てて学べるよう、「立法法務の基礎」「解釈運用法務の基礎」「評価・争訟法務」「住民自治の仕組み」「公共政策と自治体法務」など全8章で構成
○各章冒頭にはその章で学ぶ概要を記載!
○各節には、本文の小見出しを付してわかりやすく整理・分類した「学習のポイント」を掲載!
○側注を用いて本文を補足する解説で理解度アップ!
○事項索引と判例索引により用語や判例から解説を探し出せて、実務にも使える!

■2022年版改訂のポイント
○立法法務、解釈運用法務、評価・争訟法務、情報公開・個人情報保護、公共政策について大幅に記述を見直し、最新の政策法務の動きを反映
○団体自治、住民自治を学ぶ章を新たに設け、自治体の組織や住民自治の仕組みの理解を深める。
○そのほか近時の法改正や判例等の動向に伴う記述の改訂

商品の詳細

【下記サイトでご購入いただけます】

Kindleはこちら

koboはこちら

hontoはこちら

紀伊國屋書店WEB STOREはこちら


☆その他電子書籍ストアで好評発売中

  • 資料請求をする
  • 法務知財契約改
  • 弁医療法務
  • ようこそ自治3
  • 税理士ITツール
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ

TOPへ