ホーム > 業種・職種 > 自治・行政 > 既存鉄筋コンクリート造・鉄骨造 学校建物の耐力度測定方法 <改訂版>

既存鉄筋コンクリート造・鉄骨造 学校建物の耐力度測定方法 <改訂版>

定価

9,350 (本体:8,500円)  

編著者名

既存鉄筋コンクリート造・鉄骨造学校建物の耐力度測定方法編集委員会 編

  • 単行本
  • 自治・行政
ISBN 978-4-474-01644-6
発刊年月日 2001-07-01
判型 B5判
ページ数 400
巻数 / 学校耐力度測定
商品コード 016444

商品概要

公立学校文教施設の鉄筋コンクリート造、鉄骨造建物の耐力度測定のための、構造計算、コンクリート強度測定などについて、わかりやすく詳細に解説した調査マニュアル書。(全2冊・分売不可)

目次

■■学校建物の耐力度測定方法(改訂版)■■

■既存鉄筋コンクリート造

第1章 概要
1.1 基本方針と適用範囲
1.2 耐力度測定項目の考え方
1.3 鉄筋コンクリート造の建物の耐力度調査票

第2章 鉄筋コンクリート造建物の耐力度調査票付属説明書
1  一般事項
2  測定方法

第3章 鉄筋コンクリート造建物の耐力度調査票付属説明書の解説
3.1 構造耐力
3.2 保存度
3.3 外力条件

第4章 調査票作成上の留意事項
4.1 一般事項
4.2 留意事項

第5章 耐力度測定報告書作成例
(3階建片廊下型校舎)
5.1 建物概要
5.2 構造耐力の測定
5.3 保存度の測定
5.4 外力条件の測定
5.5 耐力度測定方法構造計算プログラム(GTS-RC)について

付録

■既存鉄骨造

第1章 概要
1.1 基本方針と適用範囲
1.2 耐力度測定項目の考え方
1.3 鉄骨造建物の耐力度調査票

第2章 鉄骨造建物の耐力度調査票付属説明書
1  一般事項
2  測定方法

第3章 鉄骨造建物の耐力度調査票付属説明書の解説
3.1 構造耐力
3.2 保存度
3.3 外力条件

第4章 調査票作成上の留意事項
4.1 一般事項
4.2 留意事項

第5章 耐力度測定報告書作成例
5.1 例1(2階建て校舎)
5.2 例2(平屋建屋内運動場)

付録

  • 資料請求をする
  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ