ホーム > 業種・職種 > 自治・行政 > これからの自治体職員のための実践コンプライアンス

送料無料キャンペーン

これからの自治体職員のための実践コンプライアンス

一歩先行く自治体に! 自治体コンプライアンスをこれで習得!!

定価

2,200 (本体:2,000円) 在庫あり

編著者名

髙橋滋 監修 鈴木秀洋他 執筆

  • 単行本
  • 自治・行政
ISBN
発刊年月日 2014-06-25
判型 B5判
ページ数 208
巻数 /自治コンテキスト
商品コード 029249

商品概要

定評のある「企業向けコンプライアンス」で培ったノウハウに、自治体の視点を盛り込んだ自治体コンプライアンスの決定版!!
テキストを配っただけでは終わらせません! 確認テストを実施することで、テキストの理解度も測定可能!テキストの内容を意識して業務を遂行することで、自然とコンプライアンスが身に付きます。

目次

Unit1 概論
1. 自治体職員のためのコンプライアンス
 1-1. 自治体コンプライアンスとは
2. 自治体職員の社会的責任
 2-1. 住民全体の奉仕者
 2-2. 住民の信託に基づく権利の行使
 2-3. 高い職業倫理の必要性
 2-4. 公務の特性
 2-5. 地方自治と分権
 2-6. 人権
 2-7. 自治体職員にかかわる法律の仕組み

Unit2 職員・職場
1. 公務員倫理
 1-1. 倫理原則と行動規準
 1-2. 利害関係者
2. 服務と懲戒
 2-1. 服務の根本基準
 2-2. 服務に関する義務、禁止、制限
 2-3. 懲戒
3. 職場環境
 3-1. 自治体職員にかかわる労働法規
 3-2. メンタルヘルス対策
 3-3. 職場のハラスメント
 3-4. 多様な就労形態
 3-5. コミュニケーションとコンプライアンス
 3-6. 報告・連絡・相談
 3-7. 公益通報者保護制度
4. 私生活とコンプライアンス
 4-1. 飲酒に起因する犯罪
 4-2. インターネットを通じたコンプライアンス違反

Unit3 仕事
1. 不当要求とコンプライアンス
 1-1. 不当要求行為への対応
 1-2. 不当要求に対応するための事前準備
 1-3. 不当要求行為に対する具体的対応要領
 1-4. 不当要求行為が刑法上の犯罪となる場合
 1-5. 反社会的勢力への対応
 2. 契約とコンプライアンス
 2-1. 自治体における契約
 2-2. 契約事務とコンプライアンス
 2-3. 事業者との関係
3. 公金管理とコンプライアンス
 3-1. 現金の取扱い
 3-2. 出張旅費の取扱い
 3-3. 債権管理
4. 公文書管理とコンプライアンス
 4-1. 文書の収受
 4-2. 起案と決裁
 4-3. 文書の保存
5. 情報とコンプライアンス
 5-1. 自治体業務と情報
 5-2. 情報セキュリティ
 5-3. 個人情報の保護
 5-4. 情報公開
6. 知的財産とコンプライアンス
 6-1. 知的財産権とは何か
 6-2. 著作権保護
7.コンプライアンスを確保する制度
 7-1. 自治体のコンプライアンスを確保する制度
 7-2. 自治体のコンプライアンスを確保する制度の視点別整理

商品の特色

・現役の自治体職員10名が執筆! 自治体の実務に即したコンプライアンスを学ぶことができます。

・「やってはいけない」ではなく、「安心して仕事をするための業務ルール」を把握することができます。

・テキスト受講後に理解度確認テストを実施することにより、内容を確実に理解させることができます。

 

《追加情報》

本書には補正情報がございます。詳細につきましてはこちらをご覧ください。

 

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ