ホーム > 業種・職種 > 法曹 > ビジネス法体系 知的財産法

ビジネス法体系 知的財産法

知的財産法全体について解説する体系書

定価

5,400 (本体:5,000円) 在庫あり

編著者名

ビジネス法体系研究会 編 田中浩之 著

  • 単行本
  • 法曹
  • 企業法務
ISBN 978-4-474-06310-5
発刊年月日 2018-02-07
判型 A5判/C2034
ページ数 432
巻数 /法体系知的財産法
商品コード 063107

商品概要

企業の法務担当者が、企業のビジネス活動を規定・規制する法令の関係性やビジネスへの影響度がつかめる、『ビジネス法体系シリーズ』の1冊。本書「知的財産法」編では、特許、意匠、商標、著作権などに係わる法令についてまとめている。

目次

第1編 ビジネスと知的財産法総論
 第1章 知的財産(権)とは
 第2章 知的財産の保護の目的と体系
 第3章 ビジネスと知的財産の関わり
 第4章 知的財産に関係する主な機関、専門職等

第2編 ブランドの保護
 第1章 ブランド保護総論
 第2章 商標法による商標権の保護
 第3章 不正競争防止法による著名・周知商品等表示の保護
 第4章 会社法・商法による商号の保護
 第5章 地域ブランドの保護
 第6章 ブランドの自己使用以外の活用

第3編 技術の保護
 第1章 技術の保護総論
 第2章 特許法による特許権の保護
 第3章 実用新案法による実用新案権の保護
 第4章 営業秘密の保護
 第5章 種苗法による育成者権の保護
 第6章 半導体集積回路法による回路配置利用権の保護

第4編 デザインの保護
 第1章 意匠法による意匠権の保護
 第2章 意匠権以外によるデザインの保護

第5編 著作権法による表現の保護
 第1章 著作権法による著作権・著作者人格権・著作隣接権の保護
 第2章 著作権の活用

第6編 その他の不正競争行為等およびパブリシティ権
 第1章 商品等表示、商品形態模倣、営業秘密以外の不正競争行為等
 第2章 パブリシティ権

第7編 知的財産の国際的側面
 第1章 総 論
 第2章 国際的ライセンス
 第3章 並行輸入
 第4章 国際裁判管轄・準拠法

商品の特色

「目的や保護対象ごとに、使える権利・法律を探す」、「複数の知的財産権が問題となる」といった実務の実情を鑑み、単純に法律ごとに解説をしていくのではなく、目的・保護対象ごとのアプローチによる体系的な解説を行っている。

たとえば商標法・不競法についての解説では、法律の逐条的な解説ではなく、「ブランドの保護」というプラクティスを想定して、実務に関係する法令やビジネス上の留意点について詳解を試みるなど、実務に沿った構成となっている。

 

【お詫び】

本書において内容の一部に誤りがありました。

謹んでお詫び申し上げますとともに訂正いたします。

⇒ 正しい内容はこちらからご確認ください。

 

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ