ホーム > 業種・職種 > 法曹 > 論点体系 判例民法<第3版>10

論点体系 判例民法<第3版>10

論点ごとに判例の到達点が瞬時につかめる!訴訟、交渉、法律相談にいつでも使える必携書

定価

5,610 (本体:5,100円) 在庫あり

編著者名

能見善久 加藤新太郎 編集代表

  • 単行本
  • 法曹
ISBN 978-4-474-05951-1
発刊年月日 2018-12-13
判型 A5判/C3332
ページ数 716
巻数 /論点民法3版10
商品コード 059519

商品概要

逐条形式で、論点を体系的に整理。必要に応じて学説の状況にふれながらも、現在の判例の到達点を解説することに主眼をおいた判例コンメンタール。条ごとに、実務家が押さえておきたい法律上の問題点(論点)を体系化し、論点ごとに判例の到達点をわかりやすく明示。第3版は、債権法、相続法改正に対応し、全11巻に拡充。

目次

はしがき
編集・執筆者一覧
凡 例

第 4 編 親 族
第 1 章 総 則
第725条(親族の範囲)……………………………………(宮崎幹朗)
第726条(親等の計算)…………………………………………(同)
第727条(縁組による親族関係の発生)………………………(同)
第728条(離婚等による姻族関係の終了)……………………(同)
第729条(離縁による親族関係の終了)………………………(同)
第730条(親族間の扶たすけ合い)……………………………(同)
第 2 章 婚 姻
第 1 節 婚姻の成立
第 1 款 婚姻の要件
第731条(婚姻適齢)………………………………………(高橋朋子)
第732条(重婚の禁止)…………………………………………(同)
第733条(再婚禁止期間)………………………………………(同)
第734条(近親者間の婚姻の禁止)……………………………(同)
第735条(直系姻族間の婚姻の禁止)…………………………(同)
第736条(養親子等の間の婚姻の禁止)………………………(同)
第737条(未成年者の婚姻についての父母の同意)…………(同)
第738条(成年被後見人の婚姻)………………………………(同)
第739条(婚姻の届出)…………………………………………(同)
第740条(婚姻の届出の受理)…………………………………(同)
第741条(外国に在る日本人間の婚姻の方式)………………(同)
第 2 款 婚姻の無効及び取消し
第742条(婚姻の無効)…………………………………………(同)
第743条(婚姻の取消し)………………………………………(同)
第744条(不適法な婚姻の取消し)……………………………(同)
第745条(不適齢者の婚姻の取消し)…………………………(同)
第746条(再婚禁止期間内にした婚姻の取消し)……………(同)
第747条(詐欺又は強迫による婚姻の取消し)………………(同)
第748条(婚姻の取消しの効力)………………………………(同)
第749条(離婚の規定の準用)…………………………………(同)
第 2 節 婚姻の効力
第750条(夫婦の氏)………………………………………(服部篤美)
第751条(生存配偶者の復氏等)………………………………(同)
第752条(同居、協力及び扶助の義務)…………………(高橋朋子)
貞操義務……………………………………………………(服部篤美)
第753条(婚姻による成年擬制)………………………………(同)
第754条(夫婦間の契約の取消権)……………………………(同)
第 3 節 夫婦財産制
第 1 款 総 則
第755条(夫婦の財産関係)……………………………………(同)
第756条(夫婦財産契約の対抗要件)…………………………(同)
第757条 削除
第758条(夫婦の財産関係の変更の制限等)…………………(同)
第759条(財産の管理者の変更及び共有財産の分割の対抗要件)…………………………………………………(同)
第 2 款 法定財産制
第760条(婚姻費用の分担)………………………………(高橋朋子)
第761条(日常の家事に関する債務の連帯責任)……………(同)
第762条(夫婦間における財産の帰属)………………………(同)
第 4 節 離 婚
第 1 款 協議上の離婚
第763条(協議上の離婚)…………………………………(宮崎幹朗)
第764条(婚姻の規定の準用)…………………………………(同)
第765条(離婚の届出の受理)…………………………………(同)
第766条(離婚後の子の監護に関する事項の定め等)………(同)
第767条(離婚による復氏等)…………………………………(同)
第768条(財産分与)……………………………………………(同)
第769条(離婚による復氏の際の権利の承継)………………(同)
第 2 款 裁判上の離婚
第770条(裁判上の離婚)………………………………………(同)
第771条(協議上の離婚の規定の準用)………………………(同)
婚姻外の関係―婚姻予約……………………………………(梅澤彩)
婚姻外の関係―内縁………………………………………………(同)
第 3 章 親 子
第 1 節 実 子
第772条(嫡出の推定)……………………………………(家永登)
第773条(父を定めることを目的とする訴え)………………(同)
第774条(嫡出の否認)…………………………………………(同)
第775条(嫡出否認の訴え)……………………………………(同)
第776条(嫡出の承認)…………………………………………(同)
第777条(嫡出否認の訴えの出訴期間)………………………(同)
第778条……………………………………………………………(同)
第779条(認知)…………………………………………………(同)
第780条(認知能力)……………………………………………(同)
第781条(認知の方式)…………………………………………(同)
第782条(成年の子の認知)……………………………………(同)
第783条(胎児又は死亡した子の認知)………………………(同)
第784条(認知の効力)…………………………………………(同)
第785条(認知の取消しの禁止)………………………………(同)
第786条(認知に対する反対の事実の主張)…………………(同)
第787条(認知の訴え)…………………………………………(同)
第788条(認知後の子の監護に関する事項の定め等)………(同)
第789条(準正)…………………………………………………(同)
第790条(子の氏)………………………………………………(同)
第791条(子の氏の変更)………………………………………(同)
第 2 節 養 子
第 1 款 縁組の要件
第792条(養親となる者の年齢)…………………………(鈴木博人)
第793条(尊属又は年長者を養子とすることの禁止)………(同)
第794条(後見人が被後見人を養子とする縁組)……………(同)
第795条(配偶者のある者が未成年者を養子とする縁組)…(同)
第796条(配偶者のある者の縁組)……………………………(同)
第797条(15歳未満の者を養子とする縁組)…………………(同)
第798条(未成年者を養子とする縁組)………………………(同)
第799条(婚姻の規定の準用)…………………………………(同)
第800条(縁組の届出の受理)…………………………………(同)
第801条(外国に在る日本人間の縁組の方式)………………(同)
第 2 款 縁組の無効及び取消し
第802条(縁組の無効)…………………………………………(同)
第803条(縁組の取消し)………………………………………(同)
第804条(養親が未成年者である場合の縁組の取消し)……(同)
第805条(養子が尊属又は年長者である場合の縁組の取消し)………(同)
第806条(後見人と被後見人との間の無許可縁組の取消し)…………(同)
第806条の 2(配偶者の同意のない縁組等の取消し)…… (同)
第806条の 3(子の監護をすべき者の同意のない縁組等の取消し)……(同)
第807条(養子が未成年者である場合の無許可縁組の取消し)………… (同)
第808条(婚姻の取消し等の規定の準用)……………………(同)
第 3 款 縁組の効力
第809条(嫡出子の身分の取得)………………………………(同)
第810条(養子の氏)……………………………………………(同)
第 4 款 離 縁
第811条(協議上の離縁等)……………………………………(同)
第811条の 2(夫婦である養親と未成年者との離縁)…… (同)
第812条(婚姻の規定の準用)…………………………………(同)
第813条(離縁の届出の受理)…………………………………(同)
第814条(裁判上の離縁)………………………………………(同)
第815条(養子が15歳未満である場合の離縁の訴えの当事者)…………(同)
第816条(離縁による復氏等)…………………………………(同)
第817条(離縁による復氏の際の権利の承継)………………(同)
第 5 款 特別養子
第817条の 2(特別養子縁組の成立)…………………………(同)
第817条の 3(養親の夫婦共同縁組)…………………………(同)
第817条の 4(養親となる者の年齢)…………………………(同)
第817条の 5(養子となる者の年齢)…………………………(同)
第817条の 6(父母の同意)……………………………………(同)
第817条の 7(子の利益のための特別の必要性)……………(同)
第817条の 8(監護の状況)……………………………………(同)
第817条の 9(実方との親族関係の終了)……………………(同)
第817条の10(特別養子縁組の離縁)………………………… (同)
第817条の11(離縁による実方との親族関係の回復)……… (同)
第 4 章 親 権
第 1 節 総 則
第818条(親権者)…………………………………………(中村恵)
第819条(離婚又は認知の場合の親権者)……………………(同)
第 2 節 親権の効力
第820条(監護及び教育の権利義務)…………………………(同)
第821条(居所の指定)…………………………………………(同)
第822条(懲戒)…………………………………………………(同)
第823条(職業の許可)……………………………………(許末恵)
第824条(財産の管理及び代表)………………………………(同)
第825条(父母の一方が共同の名義でした行為の効力)……(同)
第826条(利益相反行為)………………………………………(同)
第827条(財産の管理における注意義務)……………………(同)
第828条(財産の管理の計算)…………………………………(同)
第829条……………………………………………………………(同)
第830条(第三者が無償で子に与えた財産の管理)…………(同)
第831条(委任の規定の準用)…………………………………(同)
第832条(財産の管理について生じた親子間の債権の消滅時効)………(同)
第833条(子に代わる親権の行使)………………………(中村恵)
第 3 節 親権の喪失
第834条(親権喪失の審判)……………………………………(同)
第834条の 2(親権停止の審判)…………………………… (同)
第835条(管理権喪失の審判)……………………………(許末恵)
第836条(親権喪失、親権停止又は管理権喪失の審判の取消し)………(同)
第837条(親権又は管理権の辞任及び回復)…………………(同)
第 5 章 後 見
第 1 節 後見の開始
第838条……………………………………………………(佐藤久文)
第 2 節 後見の機関
第 1 款 後見人
第839条(未成年後見人の指定)………………………………(同)
第840条(未成年後見人の選任)………………………………(同)
第841条(父母による未成年後見人の選任の請求)…………(同)
第842条 削除
第843条(成年後見人の選任)…………………………………(同)
第844条(後見人の辞任)………………………………………(同)
第845条(辞任した後見人による新たな後見人の選任の請求)…………(同)
第846条(後見人の解任)………………………………………(同)
第847条(後見人の欠格事由)…………………………………(同)
第 2 款 後見監督人
第848条(未成年後見監督人の指定)…………………………(同)
第849条(後見監督人の選任)…………………………………(同)
第850条(後見監督人の欠格事由)……………………………(同)
第851条(後見監督人の職務)…………………………………(同)
第852条(委任及び後見人の規定の準用)……………………(同)
第 3 節 後見の事務
第853条(財産の調査及び目録の作成)………………………(同)
第854条(財産の目録の作成前の権限)………………………(同)
第855条(後見人の被後見人に対する債権又は債務の申出義務)…………(同)
第856条(被後見人が包括財産を取得した場合についての準用)…………(同)
第857条(未成年被後見人の身上の監護に関する権利義務)………………(同)
第857条の 2(未成年後見人が数人ある場合の権限の行使等)………… (同)
第858条(成年被後見人の意思の尊重及び身上の配慮)……(同)
第859条(財産の管理及び代表)………………………………(同)
第859条の 2(成年後見人が数人ある場合の権限の行使等)……………(佐藤久文)
第859条の 3(成年被後見人の居住用不動産の処分についての許可)…………(同)
第860条(利益相反行為)………………………………………(同)
第860条の 2(成年後見人による郵便物等の管理)……… (同)
第860条の 3…………………………………………………… (同)
第861条(支出金額の予定及び後見の事務の費用)…………(同)
第862条(後見人の報酬)………………………………………(同)
第863条(後見の事務の監督)…………………………………(同)
第864条(後見監督人の同意を要する行為)…………………(同)
第865条……………………………………………………………(同)
第866条(被後見人の財産等の譲受けの取消し)……………(同)
第867条(未成年被後見人に代わる親権の行使)……………(同)
第868条(財産に関する権限のみを有する未成年後見人)…(同)
第869条(委任及び親権の規定の準用)………………………(同)
第 4 節 後見の終了
第870条(後見の計算)…………………………………………(同)
第871条……………………………………………………………(同)
第872条(未成年被後見人と未成年後見人等との間の契約等の取消し)……(同)
第873条(返還金に対する利息の支払等)……………………(同)
第873条の 2(成年被後見人の死亡後の成年後見人の権限)……………… (同)
第874条(委任の規定の準用)…………………………………(同)
第875条(後見に関して生じた債権の消滅時効)……………(同)
第 6 章 保佐及び補助
第 1 節 保 佐
第876条(保佐の開始)…………………………………(足立文美恵)
第876条の 2(保佐人及び臨時保佐人の選任等)……………(同)
第876条の 3(保佐監督人)……………………………………(同)
第876条の 4(保佐人に代理権を付与する旨の審判)………(同)
第876条の 5(保佐の事務及び保佐人の任務の終了等)……(同)
第 2 節 補 助
第876条の 6(補助の開始)……………………………………(同)
第876条の 7(補助人及び臨時補助人の選任等)……………(同)
第876条の 8(補助監督人)……………………………………(同)
第876条の 9(補助人に代理権を付与する旨の審判)………(同)
第876条の10(補助の事務及び補助人の任務の終了等)…… (同)
第 7 章 扶 養
第877条(扶養義務者)…………………………………………(同)
第878条(扶養の順位)…………………………………………(同)
第879条(扶養の程度又は方法)………………………………(同)
第880条(扶養に関する協議又は審判の変更又は取消し)…(同)
第881条(扶養請求権の処分の禁止)…………………………(同)

事項索引
判例索引

商品の特色

~改正民法(債権法・相続法)完全対応~

①条文の概要を簡潔に解説

②逐条形式で体系的に論点を整理

③判例の状況を客観的に明示

・債権法改正は、従来の判例法理が条文化されたもの、変更されたものが混在していますが、この第3版では、従来の判例法理が維持されたのか、全面的に変更されたのか、一部変更されたのかという事柄に焦点を当てて、これまでの判例の位置付けや解説の見直しを行いました。

・また、相続法改正は、債権法改正と異なりまだ公布から日が浅いことを考慮し、新旧条文を併記して条文上でも改正箇所が明確になるよう配慮しています。

 

※第二回配本は、2019年5月予定です(4巻・5巻 債権法Ⅰ・Ⅱ、8巻・9巻 不法行為Ⅰ・Ⅱ、11巻 相続、の計5巻)。

※債権総論(従前の4巻)が、第3版より4巻債権総論Ⅰ・5巻債権総論Ⅱに増巻となります。 第5巻以降は、初版・第2版と今回の第3版とでは巻表示が1巻ずつずれますので、ご留意ください。

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ