ホーム > 業種・職種 > 法曹 > 一○六○の懲戒事例が教える 弁護士心得帖

会社法務A2Z VOL2019-01<新春企画> 企業法務 テーマ別 2019年の展望

一○六○の懲戒事例が教える 弁護士心得帖

1060件に及ぶ懲戒事例から、弁護士の職務遂行において「やってはいけないこと」が分かる、弁護士のための心得帖。

定価

2,700 (本体:2,500円) 在庫あり

編著者名

飯島澄雄 飯島純子 著

  • 新刊
  • 単行本
  • 法曹
ISBN 978-4-474-06704-2
発刊年月日 2019-02-05
判型 A5判/C2032
ページ数 456
巻数 /懲戒事例弁護士
商品コード 067041

商品概要

1060件に及ぶ懲戒事例を紹介することで、弁護士が職務遂行において「やってはいけないこと」が分かる法曹倫理の指南書。

目次

序章
第1章 依頼者の良き隣人であれ
第2章 “初めが大事”のモットーを実践せよ(受任・報酬)
第3章 利害関係に注意せよ
第4章 事件は遅滞なく処理せよ
第5章 常に法律のプロフェッショナルであれ
第6章 相手のことも考えよ
第7章 弁護士としての矩(ノリ)を越えるな
第8章 インフォームド・コンセントを得よ
第9章 依頼者を神様と心得よ
第10章 公正な立場を忘れるべからず

商品の特色

・弁護士の仕事のながれに沿って懲戒事例1060件を紹介。

・弁護士が職務遂行において「やってはいけないこと」が分かる、最良の指南書。

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ