ホーム > 業種・職種 > 企業法務 > 弁護士の顔が見える 中小企業法律相談ガイド

司法試験用六法 平成31年版

弁護士の顔が見える 中小企業法律相談ガイド

弁護士顧問契約していない中小企業経営者が、気軽に相談できる弁護士を選べて、困ったときの対処の仕方がつかめる法律相談ガイドブック

定価

2,484 (本体:2,300円)  

編著者名

大阪弁護士協同組合 編

  • 新刊
  • 予約受付中
  • 単行本
  • 法曹
ISBN 978-4-474-06260-3
発刊年月日 2019-04-09
判型 A5判/C2034
ページ数 194
巻数 /中小企業法律相談
商品コード 062604
こちらの商品は予約販売中です。
(発刊年月日は前後する場合がございます)

商品完成後、数日でのお届けとなります。
予約商品を含む複数商品購入の際は、まとめて発送いたします。

商品概要

中小企業が直面する困ったこと、トラブルの多いテーマからQ&Aを構成し、見開き2頁で「質問」、「回答」、「それは何故?(回答根拠)」、「ここに注意して(リスクや留意点)」、「(早期解決のための)弁護士への相談ポイント」等をわかりやすく解説。

目次

1.「困りごと」への対応と再発予防

(1)売掛金が回収できない
(2)社員の採用から解雇までのトラブル
(3)納入先からの無理難題と契約トラブル
(4)仕入先からの無理難題と契約トラブル
(5)自社製品やサービスに消費者からクレームが来た
(6)現場で事故・事件が起きた
①現場での事故
②個人情報が漏洩した
➂反社会的勢力からの圧力
④SNS等からのトラブル

2.日常やっておきたいこと

(1)賃貸借・リースの契約、取引契約のトラブル予防と対処
(2)社員の処遇や評価でのトラブル予防と対処
(3)デザインや特許等の保護とロイヤリティのトラブル予防と対処
(4)取引先の信用確認・融資・債務関連のトラブル予防と対処

3.会社の運営・事業承継・事業再生

(1)会社の支配
(2)事業承継・離婚・相続
(3)事業再生
(4)取締役の責任とリスク
(5)関連会社の設立など 

4.事業を拡げたい・縮小したい

(1)海外取引・海外進出
(2)事業撤退・廃止など

商品の特色

〇中小企業が直面する困り度合の高い法律問題をQ&Aに取り上げて、見開きで見やすく、簡潔に回答。相談すべき案件か、今直ぐやることは何かがつかめる。

〇解決をしたい分野に特に精通した弁護士が、ズバっと回答。回答弁護士の顔、人となり、連絡先が分かり、気軽に相談しやすくなるための情報を提供。

〇社員が起こしやすい不祥事とその予防策のポイントもつかめる。

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ