ホーム > 業種・職種 > 会計 > ケーススタディでおさえる収益認識会計基準―すぐわかる契約・税務のポイント―

ケーススタディでおさえる収益認識会計基準―すぐわかる契約・税務のポイント―

企業取引に大影響を与える「収益認識会計基準」をケーススタディを中心にわかりやすくまとめました!

定価

4,320 (本体:4,000円)  

編著者名

片山 智裕 著

  • 新刊
  • 予約受付中
  • 単行本
  • 会計
ISBN 978-4-474-06821-6
発刊年月日 2019-10-03
判型 A5判/C2032
ページ数 364
巻数 / 収益認識会計基準
商品コード 068213
こちらの商品は予約販売中です。
(発刊年月日は前後する場合がございます)

商品完成後、数日でのお届けとなります。
予約商品を含む複数商品購入の際は、まとめて発送いたします。

商品概要

「収益認識会計基準」により企業の契約実務や税務がどのような影響を受けるのか、同会計基準の仕組みとともにその概要を解説していく。

目次

序 編 収益認識に関する会計基準と税制改正
第1編 基本原則
第2編 収益の単位
第3編 収益の金額
第4編 収益の時期

商品の特色

本書は、収益認識基準を熟知し、企業間取引における契約の実態や企業実務をよく知る著者が、最新の国税庁の通達解説である通達趣旨説明をベースに、 企業の経理担当者等がおさえておきたい収益認識基準の知識と契約実務や税務への影響、同基準の考え方や仕組みを、ケーススタディを用いてコンパクト にまとめ、同基準を読み込まずに把握できるようにし、応用のきいた対応ができるようサポートされている。

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ