ホーム > 業種・職種 > 環境 > 製造・輸出国別でわかる!化学物質規制ガイド 2021年改訂版

製造・輸出国別でわかる!化学物質規制ガイド 2021年改訂版

これ1冊で主要各国の化学物質規制、製品含有規制の基礎知識が俯瞰的にわかる!

定価

3,520 (本体:3,200円) 在庫あり

編著者名

一般社団法人東京環境経営研究所 監修 松浦徹也・杉浦 順 編著

  • 新刊
  • 単行本
  • 環境
ISBN 978-4-474-07273-2
発刊年月日 2020-11-30
判型 A5判/C2058
ページ数 304
巻数 /化学物質ガイド改
商品コード 072736

商品概要

各国化学物質規制、電気電子製品の含有化学物質規制、廃棄・リサイクル法などについて国別・規制種別に整理し、理解しておくべきポイントを解説する。現場が抱えている疑問をQ&A形式で事例掲載するほか、化学物質管理の仕組み作りのポイントも解説。韓国版RoHS法・中国版REACH・EU CLP規則改正、各国のPFOA規制など、変化の激しい規制動向を反映した2021年改訂版。

目次

法令チェックフローチャート
各章に収録されている規制一覧

序 章

第1章 化学物質規制について
・EU:REACH規則
・中国:新規化学物質環境管理登記弁法(中国版REACH規則)
・中国:危険化学品安全管理条例
・米国:有害物質規制法(TSCA)
・米国カリフォルニア州:プロポジション65
・日本:化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)
・日本:化学物質排出把握管理促進法(化管法)
・日本:労働安全衛生法(労安法)
・日本:毒物及び劇物取締法(毒劇法)
・韓国: 化学物質の登録及び評価等に関する法律(化評法)(K-REACH)
・韓国:化学物質管理法(化管法)
・台湾:毒性及び懸念化学物質管理法
・台湾:職業安全衛生法
・インドネシア:危険・有害物質に関する政令
・ベトナム:化学品法
・シンガポール:環境保護管理法
・マレーシア:CLASS規則及びEHS届出・登録制度
・タイ:有害物質法
・フィリピン:有害物質及び有害・核廃棄物管理法

第2章 分類と表示について
・国連:GHS
・EU:CLP規則
・日本:JIS Z 7252/JIS Z 7253
・米国:危険有害性周知基準(HCS)
・アジアの分類基準

第3章  電気電子製品の含有化学物質・規制について
・EU:RoHS指令 
・(column)フタル酸エステル類の移行問題について
・中国:RoHS管理規則
・米国カリフォルニア州:RoHS法
・韓国:RoHS法
・タイ:RoHS法
・インド:RoHS法 
・ベトナム:RoHS法 
・台湾:RoHS法
・シンガポール:RoHS法 
・EEU(ユーラシア経済連合):RoHS法
・UAE RoHS法 
・(column)その他の国のRoHS法対応の動き

第4章  電気電子製品以外の含有化学物質規制について
・EU:GPSD
・EU:玩具指令 
・米国:消費者製品安全性改善法(CPSIA)
・韓国:電気用品と生活用品安全法

第5章 廃棄・リサイクル法について
・EU:ELV指令
・EU:電池指令
・EU:WEEE指令
・EU・米国:包装材規制
・シップリサイクル条約

第6章 新たな規制動向について
・EU:殺生物性製品規則(バイオサイド規則)
・米国:紛争鉱物開示規制
・EU:エコデザイン指令(ErP指令)
・水銀条約
・POPs(ストックホルム)条約

第7章 自律的マネジメントシステム

商品の特色

・国別・規制種別に整理した唯一の書。特定の規制法のみにフォーカスせず、多くの国の規制に対応。
・生きた事例をQ&A形式で解説。
・変化の激しい法改正や規制動向を反映した改訂版!韓国RoHS法や中国版REACH規制の改正、PFOAの規制動向も掲載。
・情報収集が難しい国の情報も掲載。

  • 法務知財契約改
  • 弁医療法務
  • ようこそ自治3
  • 税理士ITツール
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ