ホーム > 業種・職種 > 会計 > 業種別会計シリーズ 海運業 改訂版

業種別会計シリーズ 海運業 改訂版

海運業の動向・特徴、会計実務・監査上のポイント、税務処理等について解説した待望の改訂版!

在庫あり

定価

定価

3,740 (本体:3,400円) 在庫あり

編著者名

EY新日本有限責任監査法人 編

  • 新刊
  • 単行本
  • 会計
ISBN 978-4-474-07608-2
発刊年月日 2021-12-13
判型 A5判/C2034
ページ数 320
巻数 /業種別海運改
商品コード 076083

商品概要

海運業の市場動向や取引慣行、業界特有の会計実務・税務・監査上のポイントや経営分析について詳解。改訂版では、各会計基準の改正に合わせて解説をアップデ-トするとともに、新収益認識基準に関する解説や監査上の主要な検討事項(KAM)についても登載。

目次

●第1章 海運業の概要
第1節 海運業とは
1 海運業の定義
2 海運業の概観
3 海運業の特徴
第2節 海運業の紹介
1 海運業に属する各業態
2 海運に附帯する事業に属する各業態
3 海運以外の物流サービス業に属する各業態
第3節 沿革
1 創業期(~明治期)
2 戦前の成長期(明治期後半~昭和期前半)
3 戦時期
4 戦後の復興期(昭和20年代~昭和30年代前半)
5 海運集約(昭和30年代後半~昭和40年代前半)
6 円高への対応と再々編(昭和40年代後半~平成)
7 コンテナ船事業の統合
8 現在
第4節  ビジネスモデル、サプライチェーンと組織構造
1 ビジネスモデルとサプライチェーン
2 組織構造
第5節 業界地図
第6節 規制・関連法令、管轄官庁
1 規制・関連法令
2 所管官庁
3 海運企業財務諸表準則
第7節 業界動向
第8節 ビジネスリスク
第9節 経営課題とその対処
第10節 内航海運
1 内航海運業
2 内航海運業法と内航海運組合法
3 船腹調整事業と内航海運暫定措置事業
4 業界団体
5 関連する法規制
6 登録事業者の企業規模
7 共有建造制度
8 業界の課題
9 内航海運業特有の商慣行
第11節 M&Aにおける留意事項
第12節 IPO における留意点

●第2章 海運業会計と内部統制
第1節 海運業会計と内部統制の概観
1 海運業会計
2 海運業における内部統制
第2節 海運業の営業損益項目
1 運賃
2 貸船料および借船料
3 海運業費用および一般管理費
第3節 棚卸資産と燃料費
1 貯蔵品・燃料費
2 費用認識基準
3 BAF(Bunker Adjustment Factor)
4 燃料に関するデリバティブ取引
5 棚卸資産の評価について
6 価格の概算計上
7 燃料関連取引
8 燃料関連取引における内部統制上の留意点
第4節 船舶と資金調達
1 船舶の調達方法
2 船舶の保有形態からみた船舶の調達
3 船舶建造スケジュール
4 船舶の取得原価の決定
5 減価償却費
6 船舶売却時の処理
7 特別修繕引当金
8 船舶の修繕と資本的支出
9 固定資産の減損
10 資金調達
11 デリバティブ取引の利用
12 担保と債務保証
13 建造引当権
第5節 資金管理
1 資金管理の重要性
2 資金管理方法としてのデリバティブ取引
3 グループ金融
第6節 人件費
1 海運企業における人件費の特徴
2 運航船舶における船員の構成
3 船員の配乗
4 労働組合と船員の教育
第7節 税務および税効果会計
1 海運業における税務計算
2 タックス・ヘイブン税制(特定外国子会社の留保金課税)
3 外国子会社からの配当金の益金不算入制度
4 トン数標準税制
5 圧縮記帳制度
6 特別償却制度
第8節 IFRS
1 海運業における IFRS 適用の主要論点
2 傭船契約とリース取引
3 収益認識
4 不利な契約
5 借入費用の資産化
6 有形固定資産の減価償却(減価償却単位・残存価額・耐用年数)
7 定期検査費用の取扱い
8 機能通貨
9 デリバティブ取引
10 決算日の統一

●第3章 監査
第1節 会計監査の種類
1 会計監査の目的
2 監査の種類
3 制度による分類
第2節 会社法監査
1 会社の機関
2 会社が作成すべき書類と会計監査
第3節 金融商品取引法監査
1 財務諸表監査
2 内部統制監査
第4節 内部監査

●第4章 経営指標
第1節 経営指標の整理
1 安定性
2 収益性
3 成長性
4 生産性
5 その他の指標
第2節 海運業における主要財務指標
第3節 経営指標と経営戦略の関係
1 多角化経営に関する分析
2 船舶支配形態による分析

資料 海運企業財務諸表準則

▼もっと見る

商品の特色

〇海運業界特有の会計実務・税務・監査上の重要ポイント、内部統制制度の留意点等を詳解!
〇新収益認識基準(収益認識に関する会計基準)に対応!  
〇監査上の主要な検討事項(KAM)についての解説および事例を収録!

  • 法務知財契約改
  • 弁医療法務
  • ようこそ自治3
  • 税理士ITツール
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ

TOPへ