ホーム > 業種・職種 > 法曹 > 第2版 要件事実労働法(2) 雇用関係法Ⅱ・労使関係法

「ストレスリリーサー」プレゼントキャンペーン

※要エントリー:ご注文フォーム内のメッセージ欄に必ず「ぷにぷに希望」とご入力ください。

第2版 要件事実労働法(2) 雇用関係法Ⅱ・労使関係法

労働紛争のあり方や社会の変化に応じて相次いだ立法・改正を踏まえた全面改訂!設例から法律効果が発生するために必要な要件事実が分かる実務解説書!

在庫あり

定価

定価

8,250 (本体:7,500円) 在庫あり

編著者名

大江 忠 著

  • 単行本
  • 法曹
ISBN 978-4-474-07927-4
発刊年月日 2023-01-20
判型 A5判/C3332
ページ数 576
巻数/略称 /要件労2(2)価
商品コード 079277

商品概要

2003年の発刊以降、労働分野における紛争のあり方や社会の変化に応じて、「労働契約法」「短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律」や「労働審判法」等の立法・改正が相次いだ。さらに重要な判例も数多く出ているため、これらを踏まえて解説の追加・拡充など全面改訂を行った。

目次

はしがき
凡  例

第1編 雇用関係法Ⅱ

 第1章 雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律
  第1節 本法の成立と改正
  第2節 性別を理由とする差別の禁止等[5条~10条]
  第3節 事業主の講ずべき措置等[11条、11条の3]
 第2章 育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律[10条]
 第3章 労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律[6条、30条の2、30条の3]
 第4章 会社分割に伴う労働契約の承継等に関する法律[1条~7条]
 第5章 労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律
  第1節 業務の範囲・事業の許可[4条、5条、14条、24条の2、25条]
  第2節 労働者派遣契約[26条~29条]
  第3節 派遣元事業主の講ずべき措置等[30条、30条の3、30条の4、33条]
  第4節 派遣先の講ずべき措置等[39条、40条、40条の2~40条の6、44条]
 第6章 短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律[1条、2条、8条~10条、12条]
 第7章 高年齢者等の雇用の安定等に関する法律[8条、9条]
 第8章 障害者の雇用の促進等に関する法律[5条、34条、35条、36条の2、36条の3、43条、53条]
 第9章 最低賃金法[2条、4条]
 第10章 賃金の支払の確保等に関する法律[6条]
 第11章 職業安定法[1条、4条、32条の3]
 第12章 雇用保険法[4条、8条、9条、33条、7条、15条、37条の2、61条の6]
 第13章 労働審判法[1条、4条、5条~7条、14条、15条、17条、20条~22条、24条、24条の2]

第2編 労使関係法

 第1章 労働組合法[1条]
  第1節 労働組合[2条、3条、5条、6条]
  第2節 不当労働行為
   第1 不利益取扱い[7条1号前段]
   第2 黄犬契約[7条1号後段]
   第3 団交拒否[7条2号]
   第4 支配介入[7条3号前段]
   第5 経費援助[7条3号後段]
   第6 報復的不利益取扱い[7条4号]
   第7 不当労働行為の私法的効力
  第3節 複数組合下の不当労働行為
  第4節 民事免責
   第1 争議行為の民事免責[8条]
   第2 組合活動の民事免責
  第5節 不当労働行為事件の審査手続
   第1 不当労働行為の申立て[27条]
   第2 救済命令等[27条の12、27条の13、27条の15]
  第6節 救済命令及び棄却命令の取消訴訟
   第1 総論[27条の16、27条の19]
   第2 労働組合の提起する取消訴訟
   第3 使用者の提起する取消訴訟
  第7節 緊急命令[27条の20]
  第8節 労働協約[14条~17条]

訴訟物索引
事項索引
法令索引
判例索引
命令索引

▼もっと見る

商品の特色

○2003年9月発刊、大好評『要件事実労働法』の第2版!全面改訂により『第2版 要件事実労働法 雇用関係法Ⅰ』と『第2版 要件事実労働法 雇用関係法Ⅱ・労使関係法』の2巻構成に!
○具体的な事例を追加・更新し、解説もさらに充実!
○訴訟物索引・事項索引・法令索引・判例索引を掲載!

  • DXで変える・変わる自治体の「新しい仕事の仕方」 推進のポイントを的確につかみ効果を上げる!
  • 新訂第二版 公用文の書き表し方の基準(資料集)
  • 新訂版 議事録作成の実務と実践
  • 既存鉄筋コンクリート造・鉄骨造・木造・補強コンクリートブロック造 学校建物の耐力度測定方法
  • 論点体系
  • 第一法規の電子書籍

このページのTopへ

TOPへ