ホーム > 業種・職種 > 法曹 > パッとわかる 家族信託コンパクトブック―弁護士のための法務と税務―<改訂版>

第一法規入門書フェア実施中

パッとわかる 家族信託コンパクトブック―弁護士のための法務と税務―<改訂版>

改訂版!実務動向にあわせて、新たな信託活用スキームも掲載!

在庫あり

定価

定価

3,630 (本体:3,300円) 在庫あり

編著者名

伊東大祐・伊庭潔・菅野真美・戸田智彦 編著

  • 新刊
  • 単行本
  • 法曹
ISBN 978-4-474-09293-8
発刊年月日 2024-03-08
判型 B5判/C2032
ページ数 256
巻数/略称 /弁家族信託改
商品コード 092932

商品概要

家族信託の基本から、具体的な活用スキームやそのメリット、関係する法務・税務までを、弁護士・税理士が解説。弁護士が相談者に説明する際に一緒に確認できる図解・説明も掲載。2018年発刊の初版を、その後の様々な研究・検討や実務動向にあわせて改訂。

目次

Ⅰ 家族信託について

Ⅱ 弁護士業務と家族信託

Ⅲ 信託活用スキーム
1 高齢者のための財産管理等
2 親なき後問題(障がいのある子の将来の生活費)
3 配偶者の自宅を確保するための信託
4 民事信託と任意後見の併用
5 不動産(収益物件の管理)で借入債務が発生するケース
6 事業承継信託
7 一般社団法人を活用した不動産賃貸事業の承継
8 遺留分に配慮するため、信託を活用し株式の自益権と共益権を柔軟に分ける方法
9 自己信託
10 ペットのための信託

▼もっと見る

商品の特色

〇信託制度・税務に関して平易かつコンパクトに解説。家族信託に関する理解を深められる。
〇具体的な信託活用スキームを10事例掲載。各ケースに関連する法務・税務解説で、基本的な実務に対応できる。
〇改訂版では、新たに「高齢者のための財産管理等」「民事信託と任意後見の併用」「不動産(収益物件の管理)で借入債務が発生するケース」の信託活用スキームを掲載。
〇委託者・受託者・受益者の関係や信託活用スキームが一目でわかる図解を掲載しており、相談者への説明資料としても活用できる。
〇弁護士・税理士による執筆。

  • DXで変える・変わる自治体の「新しい仕事の仕方」 推進のポイントを的確につかみ効果を上げる!
  • 新訂第二版 公用文の書き表し方の基準(資料集)
  • 新訂版 議事録作成の実務と実践
  • 既存鉄筋コンクリート造・鉄骨造・木造・補強コンクリートブロック造 学校建物の耐力度測定方法
  • 論点体系
  • 第一法規の電子書籍

このページのTopへ

TOPへ