ホーム > 業種・職種 > 自治・行政 > 立法学-理論と実務-

立法学-理論と実務-

立法の一連の手続きについて体系化した唯一の書
電子書籍版購入はこちら

定価

定価

3,300 (本体:3,000円)  

編著者名

大島稔彦 著

  • 単行本
  • 自治・行政
ISBN 978-4-474-02892-0
発刊年月日 2013-04-22
判型 A5判
ページ数 328
巻数 / 立法学
商品コード 028928

資料請求をする

商品概要

法律の立法前の検討過程から国会における立法過程・制定過程、成立した法の公布・施行まで、立法の過程で必要となる知識や技術・手続事項を解説。立法学の基本書!

商品の特色

国会における立法の過程について、基本知識となる法形式の解説から、法案検討時の視点、立法の技術、法の制定・公布までに要する手続を立法の過程に応じて解説していますので、

立法に必要となる知識、技術、手続を1冊で修得することができます。

元参議院法制局長である著者ならではの実務に即した信頼性の高い解説であり、立法の一連の手続について体系化された唯一の解説書です。

 

同一ジャンルのオススメ書籍

  • 法務知財契約改
  • 弁医療法務
  • ようこそ自治3
  • 税理士ITツール
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ

TOPへ