ホーム > 業種・職種 > 自治・行政 > 自治体担当者のための第三者行為求償の実務Q&A 代位取得から示談・交渉まで

「ストレスリリーサー」プレゼントキャンペーン

※要エントリー:ご注文フォーム内のメッセージ欄に必ず「ぷにぷに希望」とご入力ください。

自治体担当者のための第三者行為求償の実務Q&A 代位取得から示談・交渉まで

定価

定価

3,520 (本体:3,200円)  

編著者名

牧山秀登 著

  • 単行本
  • 自治・行政
ISBN 978-4-474-06231-3
発刊年月日 2018-03-13
判型 A5判/C2033
ページ数 228
巻数/略称 /自治体第三者求償
商品コード 062315

資料請求をする

  • カタログを見る

商品概要

民法や国民健康保険法等にまたがり応用的な問題を含んでいる「第三者行為の求償」について、Q(仮想事例)&A形式で解説する。時効、過失相殺、監督者責任、運行供用者責任、債権回収の手続等、第三者行為求償に携わるうえで必要となる法律知識を網羅。

目次

第1章 第三者行為求償の基本
 Question1 第三者行為求償の仕組み
 Question2 代位取得の要件
 Question3 代位の対象
 Question4 独自の求償権

第2章 代位取得する損害賠償請求権による類型
 Question5 不法行為責任1 不法行為概説
 Question6 不法行為責任2 因果関係
 Question7 債務不履行責任
 Question8 監督者責任1 監督者責任概説
 Question9 監督者責任2 監督義務者の免責
 Question10 監督者責任3 監督義務者の範囲
 Question11 監督者責任4 親権者等の民法709条責任
 Question12 使用者責任1 使用者責任概説
 Question13 使用者責任2 事業執行性
 Question14 土地工作物責任
 Question15 運行供用者責任1 運行供用者責任概説
 Question16 運行供用者責任2 運行供用者性
 Question17 運行供用者責任3 運行起因性
 Question18 運行供用者責任4 他人性

第3章 重要な法律問題
 Question19 時効1 時効概説
 Question20 時効2 時効期間
 Question21 時効3 時効の起算点(基本)
 Question22 時効4 時効の起算点(第三者行為求償との関係)・時効の中断
 Question23 時効5 時効中断と代位の前後
 Question24 過失相殺1 過失相殺概説と代位取得の関係
 Question25 過失相殺2 被害者側の過失
 Question26 好意同乗減額
 Question27 過失相殺3 素因減額
 Question28 共同不法行為
 Question29 被害者の示談等と第三者行為求償
 Question30 自賠責保険による支払いと第三者行為求償の関係
 Question31 民法改正の影響

第4章 債権回収の実務
 Question32 損害賠償請求権回収の手順
 Question33 回収方法の検討
 Question34 自賠責保険1 自賠責保険概説
 Question35 自賠責保険2 各請求の優劣関係
 Question36 自賠責保険3 自賠責保険の支払基準
 Question37 自賠責保険4 自賠責保険への直接請求権の時効
 Question38 裁判外紛争解決手続き(ADR)について
 Question39 民事調停
 Question40 支払督促
 Question41 少額訴訟
 Question42 通常訴訟
 Question43 強制執行

▼もっと見る

商品の特色

○現場に不足していた第三者行為求償のノウハウを法的根拠や判例を明示しながらQ&A形式で解説

○求償事務の現場が、複数の法律にまたがる事案に法的にどう対処すればよいのか悩んだとき手に取る本として、第三者行為求償の訴訟を扱ってきた弁護士が解説した実務書

○国民健康保険法、健康保険法の解説だけでなく、交通事故等の民法上の知識についても解説

  • 資料請求をする
  • DXで変える・変わる自治体の「新しい仕事の仕方」 推進のポイントを的確につかみ効果を上げる!
  • 新訂第二版 公用文の書き表し方の基準(資料集)
  • 新訂版 議事録作成の実務と実践
  • 既存鉄筋コンクリート造・鉄骨造・木造・補強コンクリートブロック造 学校建物の耐力度測定方法
  • 論点体系
  • 第一法規の電子書籍

このページのTopへ

TOPへ