ホーム > 業種・職種 > 企業法務 > ベンチャー経営を支える法務ハンドブック(改訂版)―スタートアップを成長させる法と契約―

ベンチャー経営を支える法務ハンドブック(改訂版)―スタートアップを成長させる法と契約―

スタートアップ企業が知っておくべき法務知識が満載。「実務指向のスタートアップ向け法務書」の決定版!

定価

2,916 (本体:2,700円) 在庫あり

編著者名

橘 大地 中野 友貴 著

  • 単行本
  • 企業法務
ISBN 978-4-474-06575-8
発刊年月日 2019-03-01
判型 A5判/C2032
ページ数 296
巻数 /ベンチャー法務
商品コード 065755

商品概要

スタートアップの立ち上げから経営の各ステージにおいて必要となる法務戦略について、第一線で活躍する2名の弁護士が様々な実例を交えながら分かりやすく解説。スタートアップ実務に必要となる法務リテラシーのエッセンスを集約した一冊。

目次

はじめに

第1章 スタートアップと法務総論

第1節 本書のターゲットとスタートアップの定義
第2節 スタートアップへの社会的注目と法務
1 スタートアップへの注目の高まり
2 スタートアップのエコシステム
3 スタートアップの成長ステージに応じた法務戦略

第2章 設立初期段階で講じる法務戦略

第1節 スタートアップ誕生の瞬間
1 株式会社とそれ以外の設立モデルの比較
コラム 会社名は、どのように決めるのか
2 株式会社の設立方法
第2節 スタートアップ企業の機関設計と運営
1 スタートアップの機関設計
2 取締役会の設置の適否
3 その他の機関
コラム 委員会制度とは
第3節 日常的に生じる法務手続きの基本
1 日常的な法務の重要性
2 株主総会・取締役会(取締役による決定)手続き
3 新株の発行手続き
4 紛争処理
コラム スタートアップ法務を支える専門家
第4節 共同創業者と創業者株主間契約
1 共同創業者との株式配分をどうすべきか
2 株主間契約の重要性
第5節 資本政策の重要性
1 資本政策とは
2 資本政策の重要性とその考え方
コラム 創業者が経営者を続けるメリット
3 株式の希薄化予測

第3章 ベンチャーファイナンス

第1節 ベンチャーファイナンスとは
1 スタートアップ企業の資金調達方法
コラム スタートアップ企業を支える創業融資制度
2 エクイティファイナンスの重要性
3 エクイティファイナンスの仕組み
第2節 エンジェル投資家
1 エンジェル投資家
コラム 伝説的な投資家 ピーター・ティールとは
第3節 ベンチャーキャピタルとその役割
1 ベンチャーキャピタルとその種類
2 ベンチャーキャピタルの仕組み
3 ベンチャーキャピタルによる投資までの道のり
コラム 段階的投資・マイルストーン投資
4 ベンチャーキャピタルの利益構造
5 シードアクセレーター
コラム Y Combinatorとは
第4節 優先株式を用いた資金調達
1 優先株式とは
2 なぜ優先株式を用いたファイナンスが増えているのか
3 投資契約書の設計方法
第5節  コンバーティブルデット・コンバーティブルエクイティによるファイナンス
1 シードステージのスタートアップ企業のファイナンス  
2 コンバーティブルデット
3 コンバーティブルエクイティ

第4章 最新のベンチャービジネスと法規制の概要

第1節 スタートアップ企業のビジネス領域の拡大
第2節 Fin-Tech
1 Fin-Techとは
2 Fin-Techサービスと法規制
3 送金サービス
4 決済サービス
5 投資サービス
第3節 IoT
1 IoTとは
2 パーソナルデータに関する法的問題
3 情報セキュリティ
第4節 AI
1 AIとは
2 AIビジネスに関する法規制
第5節 法規制への対応
1 法規制の検討
2 グレーゾーン解消制度
3 新事業特例制度
4 規制のサンドボックス(Regulatory Sandbox)

第5章 スタートアップ企業を支える労務戦略

第1節 スタートアップ企業がとるべき労務戦略とは
1 スタートアップ企業における労務戦略の重要性
第2節 スタートアップ企業の採用方法と法律上の注意点
1 スタートアップ企業の採用方法
2 インターンシップを通した採用活動の高まりとその法的設計
3 他社人材の引抜き時・他社への人材流出防止の設計
第3節 正社員以外のリソースと法的設計
1 正社員以外のリソース
2 契約社員の法的設計
3 業務委託の法的設計
4 派遣社員の法的設計
5 アルバイトの法的設計
第4節 就業規則と社内規程の有効活用
1 就業規則とその役割
2 就業規則の記載内容
3 就業規則作成・変更に関する手続き
第5節 ストックオプションの導入とその設計
1 ストックオプションとは
2 ストックオプションと税制適格
3 ストックオプションの設計
コラム 有償発行スキームのストックオプション
第6節 スタートアップ企業による労働時間管理
1 労働時間と残業代の発生根拠
2 労働時間管理に関する諸制度
第7節 従業員とのミスマッチが生じた場合
1 従業員とのミスマッチ
2 日本における解雇規制のルール
コラム スタートアップ企業における試用期間の設計
3 退職事由

第6章 スタートアップ企業の知的財産戦略の最大化

第1節 イノベーションを生み出すスタートアップ企業の知的財産戦略
1 スタートアップ企業と知的財産権との関わり
2 知的財産権の概要
第2節 スタートアップ企業と著作権
1 著作権
2 他人のコンテンツの利用
3 著作権の契約実務上の留意点
第3節 スタートアップ企業と商標権
1 商標権とは
2 スタートアップ企業による商標権の活用判断
3 音や色の商標出願
第4節 スタートアップ企業と特許権
1 特許権
2 スタートアップ企業による特許戦略
3 従業員の発明と職務発明制度
第5節 ビッグデータと知的財産権
1 ビッグデータの重要性
2 知的財産権による保護の可能性
3 ビッグデータの保護の可能性

第7章 契約実務

第1節 ビジネスと契約
第2節 契約書の形式
1 契約書の基本形式
2 電子契約
3 定型約款
第3節 契約書の内容
1 契約書の一般条件
2 国際取引に関する契約

第8章 スタートアップ企業のイグジット戦略

第1節 IPOとバイアウトと日本のエコシステムの連動
1 イグジットの種類
2 IPOとバイアウトのメリット・デメリットの分析
第2節 IPOを取り巻くプレイヤーとその機能
1 会社の機関
2 監査法人
3 証券会社
4 株式事務代行機関
5 証券取引所
コラム スタートアップ企業を育成するマザーズ市場
第3節 IPO準備のスケジュールの概要
1 IPOスケジュールの全体像
2 IPO準備に係る業務内容
第4節 バイアウト時の法務問題
1 バイアウト時の法務総論
2 デューデリジェンス
3 バイアウト時の契約交渉のポイント

おわりに
事項索引

商品の特色

○平成28年4月にレクシスネクシス・ジャパン株式会社より発行された『ベンチャー経営を支える法務ハンドブック』を全面改訂。ベンチャー企業の中でも、経営基盤を形成する途上にある設立間もない「スタートアップ」に焦点を当て、経営に必要となる法規制事項や資金調達、労務戦略から将来的なイグジット戦略に至るまで、企業のステージに沿った項目別に分かりやすく解説。

○スタートアップ企業を取り巻く新たな法規制事項(グレーゾーン解消制度、新事業特例制度、規制のサンドボックス、AI、IoTなど)についても新たに解説を加え、大幅にバージョンアップ。ベンチャー企業・スタートアップ企業の法務に携わる担当者必読の一冊。

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ