ホーム > 業種・職種 > 介護・福祉 > 書ける!伝える!連携する!円滑なチームケアのためのケアマネ文章術

書ける!伝える!連携する!円滑なチームケアのためのケアマネ文章術

ケアマネジメントに関する多種多様な書類を読み手にわかりやすく書いて伝える。ケアマネジャーの苦手意識を克服するための文章作成の基礎知識と工夫のコツがつかめる1冊

定価

1,980 (本体:1,800円) 在庫あり

編著者名

原田 保 著

  • 新刊
  • 単行本
  • 介護・福祉
ISBN 978-4-474-06691-5
発刊年月日 2019-09-05
判型 B5判/C2036
ページ数 136
巻数 / ケアマネ文章
商品コード 066910

商品概要

ケアマネジャーが、医療従事者等の他職種とつながるために知っておきたい書式・文書の基礎知識と書き方・伝え方のコツ・ポイントを紹介する。NG例・OK例に実践のヒントが満載

目次

第1章 伝わる!文章の基本

書類の目的とは
①法的根拠と役割
コラム 誰のために、何のために、どんな思いで書く? 
「伝える」書類を効果的・効率的に「書く」には
②文章を書く前に
③「誰が」「何を」を明らかにする
④5W1Hを意識する
コラム 最大の敵は苦手意識かも  
⑤文章を読みやすい長さにする
コラム コミュニケーションを円滑にするクッション言葉
⑥読む人に合わせて書き方や表現を工夫する
⑦主観と客観を区別する
⑧利用者と家族の想いを表現する
コラム バーンアウトしないために 
⑨正確に記録する
⑩具体的に書く
⑪個人情報とプライバシー
⑫時短できる記録のコツ
⑬書いたら読み返す
コラム 相手に行動変容を起こしてもらうには
医療・他職種と上手に「つながる」文章とは
⑭つながるための文章で意識したいこと
⑮手紙のマナー
⑯FAXのマナー
⑰メールのマナー

第2章 書ける!実践ケアプラン

各種様式の目的と書き方のポイント
①アセスメントシート
②居宅サービス計画書(第1表)
③居宅サービス計画書(第2表)
④居宅サービス計画書(第3表)
⑤サービス担当者会議の要点(第4表)
⑥居宅介護支援経過(第5表)
⑦モニタリング記録
⑧課題整理総括表及び評価表
⑨介護予防計画書

第3章 上手に連携!するために

連携とは何か
①ケアマネジャーは連携の要
職種別文章作成のポイント
②主治医宛の文例
コラム ケアマネジャーと医療連携
③歯科医宛の文例
コラム 歯科との連携について
④訪問看護師(ステーション)宛の文例
⑤リハビリ職宛の文例
⑥薬剤師宛の文例
⑦MSW(医療ソーシャルワーカー)宛の文例
コラム MSWはケアマネジャーの強い味方

商品の特色

○ケアマネ業務に必要な文章作成の基本が身につく!

○各種書式のOK例とNG例が応用に効く!

○多職種への依頼等の文例が円滑な連携に役立つ!

  • 平成29年度版 消防防災関係財政・補助事務必携
  • 事実認定体系 契約各論編
  • 電子書籍はこちら
  • 第一法規の教育必携
  • 税理士のための 介護事業所の会計・税務・経営サポート
  • 実務精選100 交通事故判例解説

このページのTopへ